大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
01 | 2017/02 | 03
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -



本日の日本株は、為替の方向性が定まらないことや、米国のイベント接近から、主力投資家の見送りが続き、小幅安で終了。
 相変わらず、指数は膠着、一方で、投資判断や株価目標の引き上げなど材料が出た株を短期筋が寄ってたかって買い上げるものの、翌日には値下がり上位に顔を出す…という、その日暮らしみたいな相場が続いています。まあ、決算期末の接近や米国で大きなイベントが控え、主力投資家が動けませんから、どうしてもこんな展開になってしまうんでしょう。買いも売りも早い者勝ちですね。ただ、決算発表が終わり、決算発表近くの取材が禁止されていたアナリストが動き始めましたから、好業績物や来期見通しの明るいものを買っておけば、コンセンサスの引き上げで押し上げてくれる可能性も出てきます。最近のレポート銘柄では、ニチレイやベクトル、アルプス技研、三菱ケミカルなどがそれです。進捗率などを見て業績増額修正の可能性が強いとして注目株で取り上げましたが、ある程度待ち伏せ的な感じで行っても、今の相場なら成功する確率は高そうです。進捗率が90%台を超えながら、通期見通しを据え置いた企業も多くありますが、こんなのは後からアナリストが見通しを引き上げてくる可能性が強いんじゃないでしょうか。まあ、ファンダメンタルは無視して、値動きだけに賭けるやり方もあるのはありますが…。

 本日の日本株も小動きで、小幅安で終了。朝方は、CME日経平均先物が下落して帰ってきたことから、売りが先行。FOMC議事録でドル高の弊害が指摘されたことを嫌気。売り仕掛け(株先物売り・円買い)が入り、外需株や裁定解消売りが入り、日経平均は下落幅を拡大。10時過ぎにこの日の安値1万9262円(前日比117円安)をつける場面もありました。ただ、押し目を作ると、日銀のETF買い期待から、押し目買いや先物買い戻しなどが入り次第に下落幅を縮小。引け近くには前日引け値付近まで戻す場面があったものの、買いが続かず、結局、日経平均、TOPIXとも小幅安で終わりました。

 日経平均終値は、前日比8円41銭安(0.04%)の1万9731円46銭と続落。TOPIXは、同0.84ポイント安(0.05%)の1556.25ポイントと、反落。出来高は、前日比2.13億株減の19億6106万株、売買代金は同1025億円減の2兆0043億円と2兆円大台割れ寸前まで減少。ボリュームは東芝の動き次第の状態。騰落状況は、値上がり1013、値下がり848と買いが優勢。指数ではなく物色の動きを見ると、全く違う景色が見てきます。
 
 今日の引け値での日経平均サイコロは6勝6敗、TOPIXは7勝5敗と、ともに変わらず。日経平均RSIは64%→63%に小幅に低下。25日線かい離率は、+1.12%→+1.01%と+かい離が縮小。指数の動きは方向性なし。物色の広がりを見る騰落レシオは、118%→113%に低下。トレンドとしては物色意欲の強さを示しています。

 今日発表された投資主体別売買動向(2月13日~17日売買分)で、海外投資家は約915億円の売り越し。市場全体では、763億円の売り越しですから、海外投資家は東証一部以外の市場で150億円買い越していたことになります。このところの、新興市場や小型株売買では、主導権を握っているのは海外短期筋かもしれませんね。また、当局の個人資産把握の動きから個人投資家の現物売を気にしてきましたが、今週発表分でも個人投資家全体では255億円の買い越しでしたが、現物だけを見ると472億円売り越し…。まだ売りが続いているようです。このあたりが動いてこないと、全体が底上げする動きにはなりませんね。

 まあ、「閑散に売り無し…」で相場は底堅い動きが続きそうですが、前段でも書きましたように3月期末の接近から、アナリストの動きが活発になり、コンセンサスの修正が増えてくるはず…。ここは、引き続き、待ち伏せ感覚で増額修正期待の高いものを待ち伏せ感覚で仕込むことを続けましょう。このところ、海運株や商社株が堅調ですが、業績が良いのが分かっている建設株などはさえません。やはり、長らく不人気で投資家の持ち株が減っていたものは強く、人気があって多くの投資家が買ったものは動きが鈍い…。需給面の差が今の相場には色濃く出ているようです。
※レポート購読会員を募集しています。関心のある方は、レポート案内を見るか、メールフォームにて、直接、お問い合わせください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK

スポンサーサイト
昨日の米国株は、FOMC議事録への評価が分かれ、高安まちまちで終わったものの、大型合併が前進したデュポンの上げを受け、NYダウは9日連続で最高値を更新して終了。
 おはようございます。
 市場の関心は、2月28日のトランプ大統領の議会での施政方針演説に集まっているようです。大統領は、オバマケアに代わる医療保険計画を3月初旬~中旬にかけ発表する…としています。現在、インフラ投資や減税など膨大な政策を盛り込む予算教書の作成に当たっており、3月13日までに2018年度の予算教書を議会に提出する予定といいますが、新医療保険の発表は予算教書を意識したものでしょうか。まあ、新政権が順調にスタートしているとのアピールもあるのでしょうが、人事も確定していないのに、どこまで作業を詰めていけるのか…。28日の施政方針演説に失望したら、次は、予算教書に期待してくれ…ではないと思うのですが…。

 22日の米国市場動向
 ニューヨークダウ         2万0775ドル60セント     +32ドル60セント(0.16%)
 NASDAQ総合指数        5859.76ポイント        -6.19ポイント(0.09%)
 S&P500               2362.82ポイント        -2.56ポイント(0.11%)
 CME日経平均先物       1万9330円           -60円
 10年物国債金利         2.414%             -0.017%
 ニューヨーク原油         53.59ドル            -0.74ドル
 GOLD               1233.3ドル            -5.6ドル
 ドルインデックス         101.32              -0.12 


 昨日の米国株は、前日までニューヨークダウが8日続伸していたことや、この日にFOMC議事録の公開を控え、朝方からポジション調整の売りが先行。反落してスタートしました。欧州政局への懸念からドルが買われ、原油価格が下落したことを受けエネルギー株が売られたこともあり、ニューヨークダウは寄り後まもなく、この日の安値2万0692ドル(前日比51ドル安)をつける場面もありました。ただ、売り一巡後は、この日発表された中古住宅販売件数が7年ぶり水準に増加したことや、住宅建設大手トールブラザーズの決算が好調だったこともあり、関連株が買われたほか、合併を予定しているデュポンとダウケミカルに、欧州委が承認を与える見通しと伝わったことで、両社の株価が急伸。FOMC議事録発表後に、利上げに賛成派が多いことを受け軟化する場面があったものの、インフレに対し寛容な姿勢を見せたことが好感され、再び買い直されて上げ幅を拡大。引け近くにこの日の高値2万0781ドル(前日比38ドル高)をつけていました。全体に高値警戒的な動きも出始め、主力3指数は高安まちまちで終了。ニューヨーク市場は、値上がり1315、値下がり1652(NASDAQ市場は、1130-1704)と、ともに売りが優勢。VIX指数は、0.17ポイント上げ11.74ポイントに上昇。

 NYダウは9日連騰。採用30種は、値上がり14、値下がり15、変わらず1(ユナイテッドヘルス)。合併へ向け前進したデュポンが3.4%上昇し、指数の上げをリード。住宅の好調を受け3Mが1.46%、業績好調を受けたナイキが1.53%、それぞれ上昇し、指数の押し上げに寄与。一方、原油価格の下げを受け、シェブロンが1.2%、エクソンが1.17%、それぞれ下落し、指数の足を引っ張ったものの、デュポンの上げが打ち勝った格好。一部に警戒的な動きがあるものの、タカ派的なFOMC議事録にインフレに対し寛容な姿勢を読み取って買うなど、引き続き投資家の強気姿勢は維持されているようです。内外の懸念要因が増えていることから、債券を買う動きも強まっており、当面、金利の動きを巡って、NYダウとNASDAQ総合指数が綱引きする動きが続きそう。

 米国株は高安まちまち。円の対ドル相場は、FOMC議事録でドル高への懸念が示されたことから、一時、112円台jに上昇する場面も…。ただ新財務長官が「ドル高は国益にかなう」と発言したことを受け113円台に戻し、小幅に上昇。対ユーロは119円60銭台と強含んでいました。CME日経平均先物は、大証先物終値を60円下回る1万9330円で帰ってきました。レンジは1万9275円~1万9460円。出来高は前日比8000枚増の3万3275枚。本日の日本株も指数は膠着状態を強め、この日材料が出た銘柄を個別に物色する動きに…。物色が目先筋主導で、早い者勝ち状態になっており、ここは、再度、ファンダメンタルに立ち返ってみるところ…。リバウンド狙いのヤマハ、攻めの経営に入ってきたソニー。半導体関連で新値更新後の一服場面にあるもの…。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK

本日の日本株は、米株高、円安の支援はあったものの、主力投資家の手控えから頭の重い動きが続き、高安まちまちの膠着相場で終了。
 用事があり外出していました。帰りが遅くなりましたので、急いで書きます。明日から、家内が法事で九州の実家に帰りますので、家事もこなさなければなりません。急いで書きます。
 
相場の膠着感はますます強まってきました。3連休明けの米国株は、主力3指数がそろって最高値を更新。為替も113円台後半で相場を支援するものだったのですが、買われたのは寄り付きだけ…。先物筋も商いができる寄り付きにポジション調整も売買をした後は、鳴かず飛ばずの商いに…。今日の日経平均先物の出来高は2万8782枚。今週に入って3万枚割れの薄商いが続いています。米国市場の動きにも反応しない、ボラティリティインデックスも昨年12月来の17ポイント割れで、相場の変動率も極端に低下。これだけ相場が膠着しては投機筋も動けないというところでしょうか。一方の米国株は、月末の議会での施政方針演説次第では、市場が荒れる可能性もあり、米国で勝負したほうが良いということかもしれませんね。昨日も書きましたように、国内投資家の売りが頭を押さえているようですが、3月相場は米国次第ではどうなるかわかりませんから、2月中に前倒しで決算対策をしておこうということなんでしょうね。

 ただ、相場が下に振ってくると、日銀のETH買いが入ることから、下値の懸念も乏しい…だったら、指数や主力株の売買と関係のないところでやればいいということで、今日も新興市場株や出遅れ、今日新たに材料が出たところに短期筋の買いが集中し、急伸するものが増えています。まあ、例年通りのパターンといえなくもありません。機関投資家は、新年度入りで作られた投資方針に縛られ、新しい流れが出ても即応することができません。結局、4月に入り新しい運用方針が決まってからしか動けませんが、海外投資家の中には、3月~4月初めに買い、国内勢が買いにくる4月後半には、買いにぶつけて益出しするような動きも出てきます。また、うまい具合に「SELL IN MAY」も待っていますし…。もっと、ファンドマネ―ジャーが自身の裁量で動けるようにしないと、いつまでたっても運用成績は上がらないような気がしますが…。

 今日の日本株は、陽線3本の「赤三兵」をつけ、持ち合い離れの動きが出るかどうかが注目されましたが、結局、寄り付き高の小幅陰線で終わりました。日経平均の終日値幅は、わずか90円。今日も持合い相場が続くことになりましたね。結局、日経平均は、1円57銭安(0.01%)の1万9379円87銭と3日ぶりに小反落。TOPIXは、1.49ポイント高(0.10%)の1557.09ポイントと小幅に3日続伸。出来高は、東芝が再建に関する報道で5億8000万株近い大商いになったこともあり、前日比6.46億株増の21億7480万株、売買代金は、同4530億円増の2兆1068億円に増加。騰落状況は、値上がり906、値下がり920と、ほぼ半々。

 今日の終値での日経平均サイコロは、6勝6敗と前日から低下。TOPIXは7勝5敗で変わらず。日経平均RSIは、56%→64%に上昇。25日線かい離率は、+1.23%→1.12%にやや低下。指数の方向感は出ていません。物色の広がりを見る騰落レシオは、118%→118%で横ばい。指数が方向感が出ないなか、物色が広がる傾向が続いています。警戒ゾーンの120%超えに近づいているものの、主力株への決算対策売りが続いている間は、今のような短期筋主導の波乗り相場が続くんでしょうね。ただ、やはり、ファンダメンタルは重視したいところ…。決算発表で短期筋の勝手予測に届かなかった、として売られているものがありますが、決算短信に目を通すと、売られすぎになっているものも多くあります。どうせ、どこかから株券を借りてきて売っているんでしょうが、来月は、決算期末。それまでには株券を返済しなければなりませんから、先回りして買っておけば、上げる確率が高くなってきそうです。

 今日は、レポート12日号で業績面から取り上げたベクトルがコンセンサスの引き上げを受け、急伸。9%超え上げ、値上がり4位に入ってきました。同じ号の技術者派遣のアルプス技研も年初来高値を更新し続けています。また、1月半ばから、米株上げに備え注目株として取り上げたアマゾンも昨日は52週来高値を更新してきました。一部に、新値更新後の調整場面にあるものもありますが、今の相場は、以前の高値を上回ればいったんは調整する「エスカレーター」相場。フランス政局、ギリシャ支援問題がこじれてユーロが下落。円の安全通貨としての買いが始まりそうな気配もあり、ここは、徹底的な逆張り方針が賢明。まずは、今期末業績に伸びしろがあり、来期も増益が期待されるものを、面白くなくてもしっかり拾っていくこと…。
※レポート購読会員を募集しています。関心のある方は、レポート案内を見るか、メールフォームにて、直接、お問い合わせください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK

3連休明けの米国株は、小売企業の予想を上回る決算や新政権の政策発表への期待感から買われ、主力3指数とも続伸。そろって高値を更新して終了。
 おはようございます。寒い朝でした。前の空き地に霜が降りて真っ白です。今日は、街に出る用事がありますが、こんなに寒くて、自転車で大丈夫でしょうか。風邪をひかないように防寒を完璧にしていきます。
 
 昨日の米国では、FRBの地区連銀総裁の発言が複数ありましたが、ハーカーフィラデルフィア連銀総裁は、「経済拡大を示す指標になれば、3月会合での利上げを支持する」と発言。インフレ懸念が強まっており、年内3回の利上げを支持するとも語っています。また、ミネアポリス連銀のカシュカリ総裁は「保有資産の縮小について、さほど遠くない将来に開始も…」とし、引き締め強化に言及しています。一気に、市場で売却することはないものの、償還分の再投資を停止するなどにより、徐々に減らすことになりそうですが、市場に与える影響は大きくなりそう。このところ、保有資産資産縮小の話題が出る頻度が上がっており、注意しておく必要がありそう。

 21日の米国市場動向
 ニューヨークダウ        2万743ドル00セント     +118ドル95セント(0.58%)
 NASDAQ総合指数       5865.95ポイント       +27.37ポイント(0.47%)
 S&P500              2365.38ポイント        +14.22ポイント(0.60%)
 CME日経平均先物       1万9445円          +65円
 10年物国債金利        2.429%             +0.014%
 ニューヨーク原油        54.06ドル           +0.66ドル
 GOLD               1236.90ドル          -2.2ドル
 ドルインデックス        101.41              +0.51


 3連休明けの米国株は、朝方発表されたこうり大手ウォルマートとホームデポの利益が予想を上ぶれたことを好感。買いが先行し、続伸スタートになりました。トランプ政策への期待感から、インフラ関連などが買われたほか、協調減産が効果を上げているとして原油価格が上昇。エネルギー株が買われたこともあり、ニューヨークダウは寄り後まもなく、この日の高値2万0757ドル(前週末比133ドル高)をつける場面も…。買い一巡後は、FRB関係者の3月FOMC利上げへの前のめり発言を嫌気し、上げ幅を縮小する場面がありましたが、この日行われた2年債入札結果が良かったことを受け、一時上昇していた金利が低下。引けにかけて買い直され、次第に上げ幅を回復する動きとなり、結局、主力3指数とも続伸して終了。そろって最高値を更新して終わりました。ニューヨーク市場の騰落状況は、値上がり2140、値下がり867(NASDAQ市場は、1668-1207)と、ともに買いが優勢。VIX指数は0.09ポイント上げ11.58ポイントに上昇。

 NYダウは、8連騰。採用30種は、値上がり23、値下がり6、変わらず1(ファイザー)。減益ながら、利益が予想を上回ったウォルマートが増配発表も好感され3%上昇。増収増益になったホームデポが1.4%上昇。このほか、ユナイテッドヘルス(+1.87%)、ナイキ(+1.07%)、株価目標の上げがあったアップル(+0.8%)など、値嵩株が上昇。GS(+0.55%)、JPモルガン(+0.86%)の上げも指数の押し上げに貢献。この日は、トランプ大統領の「2~3週間内に税制改革などに関する驚くべき発表を行う…」への期待感が高まった格好。ニューヨーク市場の52週来高値更新銘柄数は280、NASDAQ市場は331と、それぞれ前週末から倍増。NASDAQ市場の300超えは最近になかった水準。市場では、「6000ポイント大台超えは間違いない…」との観測も台頭。金利が上昇傾向にあるときに、ややリスキーな動きも出てきました。全てが、トランプ大統領の政策発表を織り込む格好で動いており、果たして市場の期待値を上回るものを提示できるか…。

 米国株は続伸。円は、FOMC議事録発表前のドル買い戻しなどから対ドルは113円60銭台に軟化。対ユーロも119円80銭台に弱含み。CME日経平均先物は、大証先物終値を65円上回る1万9445円で帰ってきました。レンジは、1万9105円~1万9470円。本日の日本株は強含みで推移しそう。3連休明けの米国株が続伸した流れや円安が好感され、外需系が注目されるか…。フィラデルフィア半導体株指数(SOX)が1.4%上げており、半導体関連株も買われそう。新年更新後一服中のものに注目。引き続き、国内機関投資家の決算対策売りが焦点になりますが、先高観が強まれば売りが手控えられ、上げやすくなることも…。為替、GLOBEX市場の米株先物の動きを受けた先物筋の動きが焦点。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK

本日の日本株は、米国でFOMC議事録の発表やFRB関係者の講演などを控えた、ドル買い戻しの動きを好感。先物リードで日経平均、TOPIXとも続伸して終了。
 記録的な薄商い状態が続いています。3月期末を来月に控え、前期末に比べ高値圏にあることから、益出しの動きが続き、株価の頭を押さえています。また、運用難に悩む地銀などの金融機関は債券運用を増やしていましたが、昨年期末の10年債金利は-0.1%付近。現在は+0.1%付近に金利が上昇(価格は下落)。早めに処分できなかったところは、債券で含み損を抱えており、株式の益出しで補てんしなければならないところもあるのではないでしょうか。1万9500円に接近してくると、売り物が出てきますが、こんな売りも入っているのかもしれません。しばらくは、需給面での圧迫は避けられそうもないようです。益出しの売りが待っているから、東証一部が薄商いになるのも当然だし、主力投資家の持ち株が少ない新興市場株や小型株に投資家の関心が集まるのも、当然ということなんでしょうね。決算対策が終わるか、海外投資家が日本株を本腰を入れて買ってくるまでは、今のような流れが続くことになるんでしょうね。

 朝の書きこみで、日本株は為替、GLOBEX市場の米株先物などの動き次第…と書きましたが、今日の相場は、朝方はCME日経平均先物の電子取引最終値(1万9260円)にさや寄せする動きから、日経平均は小幅(前日比16円高)で始まりました。この日は、今晩から米国市場が再開することを意識。明日夜んびFOMC議事録が発表されることや、今晩、複数のFRB関係者の講演や会見が控えていることから、投機筋のドル買い戻しが増加。円が113円台後半に軟化したことも好感され、自動車や機械など外需株に買い物が入ったほか、GLOBEX市場の米国株先物が上昇して推移したことも先物買いを誘い後場にかけ上げ幅を拡大。日経平均は引け近くにこの日の高値1万9395円(前日比144円高)をつける場面もありました。ただ、この水準になると戻り待ちの売りも多く、日経平均、TOPIXとも続伸したものの、伸び悩む動きになっていました。

 結局、日経平均は130円36銭高(0.68%)の1万9381円44銭、TOPIXは8.59ポイント高(0.56%)の1555.60ポイントで終了。出来高は前日比3100万株増の15億2843万株と小幅に増加したものの、売買代金は同587億円減の1兆6540億円と、昨日に続き今年最低水準になりました。騰落状況は、値上がり1227、値下がり629。NT倍率は、12.44倍から12.46倍に上昇。日経平均先物への買いの影響が大きかったようです。

 今日の終値での日経平均、TOPIXサイコロは、ともに7勝5敗で変わらず。日経平均RSIは、55%→56%、25日線かい離率は、0.67%→+1.23%に拡大。25日線は昨日から上げに転じており、モメンタムは少しづつですが上向きに転じてきたようです。指数の方向性が定まらない一方で、物色の広がりを見る騰落レシオは、107%→118%に上昇。指数がもたつく一方で、出遅れ株などを買うかさ上げの動きが広がっています。ただ、警戒ラインの120%に近づいてきたことから、物色の流れが変わる時期が近いのかも…。売買代金が漸減していることから、銘柄の乗り換えで資金を作る動きになっており、回転が止まった時のことを懸念。好材料を持ちながら換金売りの対象になって下落している銘柄の方を注目すべきか…。今晩の米国市場のSOXの動き次第では、半導体関連の切り返しもありそう。潮目の変化に注意…。
※レポート購読会員を募集しています。関心のある方は、レポート案内を見るか、メールフォームにて、直接、お問い合わせください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ