FC2ブログ
大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
11 | 2006/12 | 01
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -



ハイテク株相場の裏に合従連衡あり?
 本日の日経平均は110円17銭高の1万6527円99銭、TOPIXは11.63ポイント高の1627.97とともに反発して終わった。事前予想を下回る機械受注統計の数字を受けて、日銀の利上げが遠のいた(本当?)との観測がでたほか、米国雇用統計の数字が良かったこともあり、為替市場で円安が進行。日本株も高くなった。今日も先物主導の展開だが、現物と先物とのサヤが大きいままに推移していたので、「先物売り―現物買い」の裁定取引がだいぶ入ったようだ。今日の上げ分はちょっと割り引いて考えておいたほうがよさそうだ。
★予想通り「新日鉄」が飛び出してきた
 来年のテーマであるM&A関連のリード役、新日本製鉄が飛び出してきた。本日は高値573円まであり、570円と続伸して終わっている。株式持合いなど安定株主作りが一段落したので、次は株価を上げて時価総額を増やし、M&Aされにくいようにする作業が始まる、としてきた。先日は宝鋼製鉄集団(中国)、ポスコ(韓国)との資本提携に続き、「今度はポスコと鉄鉱石の共同購入を行う」ときた。「壮大なM&A相場が始まる」で、高株価へ向けて人気を煽る好材料が小出しにされてくる、と書いたが、その通りの動きになってきた。決算期末へ向けては、業績の増額修正がでてくるのだろうが、それまで一体いくらの好材料が準備されているのだろうか。チャート的には、700円台まで節値がないだけに空恐ろしい感じさえする。短期的には一気に過熱感がでたが、中期指標はまだまだ。相場の勢いに押されて一般投資家が買いにくい間はこの相場は上がり続ける…。
★ハイテク株の背景には何がある?
 日本経済が「輸出と設備投資」に支えられた構造に変化は無い―として、国際展開力のある企業を狙えと書いた。今日は円安も手伝いハイテクオンパレードになった。一方で水産株がM&Aで買われていたが、ハイテク株の背景にもM&Aの流れがある。重化学や鉄鋼など「重厚長大産業」は、経営統合や事業統合を実施し、川上部門での価格支配力を強め、個別でも経営体質を強化してきた。新日鉄の借入金の減少など損益分岐点比率の低下はすさまじい。一方、ハイテク株は円高を乗り切り、経営に自信をつけ、90年代末はITバブルの好調で儲けた時期もあった。なまじ、いい時期があっただけに、今回の長期不況では、経営体質の強化に乗り遅れた面は否めない。このことは、三洋電機の借入金推移を見れば一目瞭然。一度、新日鉄と比較して見るといい。
 ハイテク株のグローバル競争は激しく、せっかく多くの研究開発費をつぎ込んでも回収する前に、価格が暴落してしまうのが実情。今後、市場の確保や商品や技術開発での共同化などが増加し、さらに経営統合につながっていく。次は、ハイテク株に合従連衡の動きが始まる。
 いよいよ、来年相場を先取りする動きが始まってきた。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK

スポンサーサイト





プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ