FC2ブログ
大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
11 | 2006/12 | 01
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -



ぼろ株だってM&Aの対象だよ!
本日の日経平均は36円79銭高の1万7047円83銭、TOPIXは4.29ポイント高の1671.30とともに続伸して終わった。日経平均、TOPIXともサイコロジカルラインは10勝2敗で危険信号が点滅中。RSIは77.5、騰落レシオは115.81とこちらは注意信号が点滅中。
★チャートの因縁場を抜けられるか? 
 日経平均は1万7000円の大台固めに入ってきた。今日当たりはデイトレーダーが活発に動き、仕手っぽい株も動き始めた。ようやく面白くなってきた。手放しで強気になりたいところだが、日経平均は最大の急所に差し掛かっている。チャートを見ると、バブル崩壊後の出直り相場で日経平均は高値と安値を結ぶ平行トレンド内を動いてきたが、現在はトレンドの上限にきている。昨年一時的に抜け、4度にわたり下値を支えたが、世界株安でこのラインを下回り、現在はこのラインが上値抵抗ラインになっている。抜ければ1万9000円台が見えてくる。ここは今年最大の正念場だ。
★どうにも止まらなくなったM&Aの流れ
 今日、新日鉄が612円まで高値をつけてきた。引けはさすがに利食いに押され小幅高に終わったが、罫線的には塔婆型に近いパターンをつけてしまった。海外投資家がクリスマス休暇に入ることもあり、とりあえず益出しをしておこうということか。その代わり矛先は、住金など他の鉄鋼株に波及、黒埼播磨など関連株にも波及し、鉄鋼株が「野中の一本杉」のような相場つきになってきた。新日鉄がブラジルの鉄鋼会社を買収するとの話がでたほか、ミタルスチールが買収の矛先をメキシコにのばしたことも、世界的な鉄鋼再編の思惑を強めた。これまで、防戦一方だった新日鉄も韓国、中国、ブラジルと囲い込みをはじめており、株式の争奪戦が始まりそうな勢いだ。もう「M&A」の流れは止められない。このところ、国内でも連日「m&A」の話題は尽きないが、今日は、旭光学とHOYAとの合併が報じられてきた。これで、光学メーカーで単独で生き残ったのはキャノンだけになってしまった。もう、「M&A」の流れは誰にも止められない。来年になると、再編型だけでなく、資産の有効活用に不熱心な企業や浮動株が多く株主対策に不熱心な企業も狙われてくる。最近のM&Aは再編型が中心だが、来年は1980年代初頭に米国で流行った資産切り売り型のM&Aも始まる。低位株だが含み資産をもっている株が今の市場にはごろごろしている。銀行だって見方によれば含み株とみれないことはない。土地持ち企業よ!お宅は大丈夫?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK

スポンサーサイト





プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ