FC2ブログ
大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
03 | 2007/04 | 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -



先物の目くらましに惑わされるな!
 本日の日経平均は215円64銭高の1万7244円05銭、TOPIXは21.83ポイント高の1704.32と、ともに反発して終わった。日経平均サイコロは8勝4敗、騰落レシオは86、RSIは51。

★まだまだ、先物の動きに振り回されている…
 子供が緊急入院し、書き込みが遅れた。朝からばたばたしていたが、ニュヨークも高いし(中身は全く無いが…)、今日は大きな動きも無いだろうとみていた。しかし、帰ってみると、昨日の下げ分を全部埋めそうな勢いで上げていた。ニューヨークの上昇で小高く始まり、インドが切り返したことで安心感から先物が上昇、為替が118円台に入ったことで、先物の買戻しも含め一段高した、というところ。昨日の動きとは全く逆回転の動きだ。ただ、残念なことに下げ分を埋めきることはできなかった。この辺が今の相場の弱いところだ。ニュヨークの上げについても上げ分の3分の2近くがM&Aの材料が出た一社に負うところが大きい。果たして明日はどうなることやら…。先物業者の方々って、昨日も今日も、目先の材料で右往左往して疲れないのかねぇー。
 とにかく、今の相場は、2003年の大底以来、右肩上がりの上昇トレンドを形成してきた、バンドのなかに押し戻された状態。上値を取っていくにはかなりのエネルギーが必要だ。しばらくは、2進1退の動きを余儀なくされるのだろう。昨日の日銀短観ではないが、来期の見通しに対し、経営者の見方はかなり慎重になっている。調査が、ちょうど米国経済がサブプライムローン問題にゆれているときに実施されており、米国経済はお先真っ暗→わが社の製品も売れなくなる、とのマイナスの影響を受けている。そんな状態のなかででてくる、2008年3月期見通しがバラ色のものになるはずが無い。市場は、それを織り込み始めている。米国は、「大きな利下げ余地」という切り札をもっており、そんなに、心配することも無いし、米国以外の新興国経済の発展で恩恵を被る業種もたくさんある。昨日も言ったように、素材から加工へという流れがけいせいされつつあるかもしれない。今日も、新日鉄(素材の代表)と日立・東芝(加工の代表)が同時に上げたが、相場の新鮮さと力強さは巧者のほうが上だ。流れの変化をしっかり見極めることが肝心だ。

 これからじっくり研究してみるが、今後の、電力株、金利敏感株の動きは要注意。金利は長期の上昇過程に入ったが、まだ、金融緩和状態の相場から、業績反映相場へ移行する時に出る「中間反落」がまだおきていない。電力株が天井をつけるようなら、早い時期に「中間反落」がでてくる。株の教科書通りに行動することが大事だ…。
 今日は、疲れた…。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK

スポンサーサイト





プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ