FC2ブログ
大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
04 | 2007/05 | 06
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



日経平均週足サイコロが4勝8敗
 5月21日 14時57分記
 
こどもの入院で書き込みが不定期になっている。申し訳ない。今日もこれから病院まで行かなければならない。十分に見ないままで申し訳ないが、割り引いて呼んで欲しい。
★思わせぶりな日経一面の記事。「多極化」には関心を寄せよう
 さて、相場のほうだが、さすがに今日は反発している。日経の一面が思わせぶりな記事を書いていたので、ソニーやシャープなど輸出関連株が賑わっている。以前から、「海外の景気拡大につながらない企業はだめ」と書いてきたが、米国でも構図は同じ。この流れは今後も強まってくる。日経一面の記事で皆さんが注目しなければいけないのは「多極化」の言葉。以前から何度もこの記事で使ってきた。東アジア、中東〔GCC6カ国)、中南米、ロシア、インドなど新しい経済の極が生まれている。どの国も、先進国からの投資を望んでいる。そのためには、電力、道路、港湾、水、工業団地などのインフラ整備をしなければならない。今は、このインフラ整備が先進国経済を潤す段階。日本でも、この関連企業がメリットを受ける。米国でも、輸出関連企業が好調なのは、日本と同じ背景だ。
★韓国がウォン高是正に動き出した
 またここに来て、こう着状態だった為替にも動きがでてきた。韓国がウォン高是正に介入を本格化し始めたことだ。反動でドルが上昇すれば、円安が一段と進むかもしれない。このところ金価格が下落気味だが、ドル高を予見していなければ良いのだが…。
 このところ、欧州系の外人買いが低調だが、株価がこう着状態になっているところに、ユーロ高ばかりが進んだのでは、為替差損だけが積み上がってしまう。最近の、業績を無視した投げ商いの中には、この種の嫌気売りも入っているかもしれない。
★テクニカルは「そろそろ」を暗示?
 ただ、全体相場の底放れは案外近いのかもしれない。日経平均の週足サイコロは先週で4勝8敗。この三年間では一番低い水準だ。いずれも、しばらく持ち合った後、反発に転じている。最近の安値を結んだ下値支持線にも接近していた。決算発表も一巡したので、これから中身の精査が始まる。慎重に過ぎる決算発表の会社は買い増しされるし、どうしようも無いところは売却される。ファンドがこの操作をするときは、株価は関係ない。買うときは一定の比率になるまで買うし、投げるときは遠慮はない。だから今のような「二極化」相場になる。こういう相場では値ごろ感は通用しない。米国でも、ダウとナスダックの動きが鮮明になっているのも、海外展開力を持っているか否かの差だ。日本も全単純平均と日経平均の格差が激しい。新しい相場に望む前に、一度きっちり相場観を組み立てなおす必要がある。
 あれだけ良かった石川島の評価が分かれはじめた。先週の下げで信用取り組みは厚みを増したはず。「悪い、事業見通しが甘い」など、証券会社の評価も厳しい。其のうち格下げをするところも出てくるだろう。でも。売上高を上回る受注残を抱えているのにそんなに心配する必要があるのだろうか。私には分からない…。年足のフシネ500円を抜けたら、恥をかくことになるよ…。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK

スポンサーサイト





プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ