FC2ブログ
大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
04 | 2007/05 | 06
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



急所に来たニューヨークダウ
5月25日PM2時50分記
 今日もこれから病院通い。まだ相場は終わっていないが、とりあえず書き込んでおこう。
 今日は、米国株が一時新値を更新したものの、このところ発表される景気指標に良いものが多く、長期金利が上昇。5%に接近してきたことを嫌気したほか、三連休の接近、ペルシャ湾での米海軍演習〔もちろんイランへのイケズ)などを考えると、ここはいったんポジションを減らしておくのが賢明ということで、ニュヨーク株は大きく下げることになった。日本では、円高、ニュヨーク株安と絶好の弱気材料が揃ったことで、再び裁定業者がちょろちょろと動き、先物を叩いた。現物と先物のサヤが詰まり解消売りが多発したが、昨日と違い国内投資家は見送り姿勢。結局、裁定売りを吸収できず久しぶりに大きく下げることになった。別に基調が壊れたわけでもなし、何の心配もすることはない。為替の方も、下値抵抗ラインで下げ止まっており、また円安トレンドに復帰するはずだ。円高になれば国内の個人が「円売り」に動き、円安に振れると輸出業者らが手持ちのドルを売るという状態で膠着感が強まっている。ただ、チャート的にはどうも、円売りが優勢なようだ。

★ニューヨークダウの動きは?
analytic.gif

 ニューヨークダウが久しぶりに大きく下げた。色んな事情がかさなったものだが、位置が位置だけに少々気になるところもある。図は2週前のレポートで使ったチャートをアレンジしたものだが、支持線の具合を見ると結構規則的に動いているのが分かる。レポートでは「1万3700ドルへの接近は変化のリスクが高い」としておいたが、昨日の高値は1万3620ドル台。これでは利食い急ぎになるのも無理はなかろう。
 さて、チャートをみると、ニュヨークダウの動きを見ると、底打ち以来、調整幅の倍返し付近〔余り厳密に考えないことが大事)で変化することを繰り返している。昨年5月の世界同時株安入り前の高値1万1642ドルは、04年2月高値から10月安値の倍返しに対応したもの。また、今年2月高値は昨年5月の世界同時株安調整の倍返しポイントに対応していた。今回は、2月の上海株下落ショックの倍返しポイント1万3717ドルを意識したものと思われる。いずれも大きな屈折点に来ているときに、市場外部要因から調整にはいったものではなかろうか。計算上は、1万3717ドル以上は狙えるのだろうが、チャートに図示したように、トレンドラインや支持線から動きを読み取る方法もある。
 大底以来の基本トレンドをみると、04年以降、A、Bの支持線で作られるバンド内を動いてきた。Cラインはこのバンドと同じ幅をAラインに乗せたものだが、今月中旬にこのラインを意識してやや調整したものの、予想外の好決算による売り方の買戻しなどから、Cラインを突破。新たなゾーンに入ってきている。来週の課題は、Cラインを下にきらずに維持できるかどうか。切ったとしてもDラインが下値抵抗ラインとして控えており、大崩れはない。もしCラインを維持できれば、Cライン上にA、Bバンドと同幅を乗せた新しいラインが形成され、このラインが次の目標値となってくる。来週の課題はCラインをキープできるかどうかだ。6月にはいれば運用年度の後半戦入りで、ヘッジファンドなどの動きも高まってくる。上に行くも下に行くも中途半端は無い。日本株も良い買い場を提供してれくれているものが多い。ラサ工業〔4022)の動きが変担ってきた。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK

スポンサーサイト





プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ