FC2ブログ
大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
04 | 2007/05 | 06
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



三越にみる含みのものすごさ
 子供の入院が長引き、書き込みが滞り気味になっている。熱が引かなくてなかなか退院できない。どうも院内感染の疑いがある。そろそろ、我慢の限界だ。
 
 本日の日経平均は84円30銭安の1万7588円26銭、TOPIXは4.15ポイント安の1733.95とともに反落して終了。日経平均サイコロは6勝6敗、騰落レシオは92.RSIは44.過熱感はナシ。
★中国株式の「どたばた」は織り込み済み?それとも… 
さて、はやくも30日。あと一日で6月相場を迎える。株式評論家など関係者の間で6月相場強気の予想が多かった。私も強気だ。先日「意見がそろいすぎているのが気になる」と書いたが、早速、中国の取引印紙税強化で中国株が波乱した。0.1%から0.3%への引き上げという。よく比較される97年高値時は0.5%まで上げられていたから、まだ余裕はある。ちなみに、今のPERは40倍台だが、当時は60倍台まで買われている。金利を引き上げるたびに株価が上昇し、金融当局は投資家から完全になめられた格好だった。そろそろ、当局もお灸をすえる次期が来たと判断したのだろう。ただ、当局も、バブル崩壊の引き金は引きたくないとみえ、対策としてはまだ及び腰の感は否めない。まあ、2~3日はおとなしくしておいて、また買い始めるのだろう。今の投資家の投資熱はドライアイス〔高率のキャピタルゲイン課税や総量規制)でもぶっかけないと冷えないのではないか?韓国やインドも最高値を更新してきた。市場は今晩の欧米市場の反応を気にしているようだが、以前から「危ない。危ない」といわれてきており、ある程度相場には織り込んでいるものと思われる。欧米市場は高値圏にいるだけに予断は許さないが…。

★含みは忘れられているが…
 今日、日経で三越社長のインタビュー記事がでていた。苦戦している様子が手に取るようにわかった。3週前のレポートでも含み関連として取り上げておいたが、首都圏や地方都市の一等地に店舗を構える大地主でもある。でも、浮動株比率は40%ちかくある。土地の欲しい人は誰でも買い占めてください、といっているようなものだ。ちなみに、東京日本橋、三越本店の敷地は1万2485へーべ、簿価は約725億円だが、売るとなったらこんな値段では無いだろう。また、銀座店は敷地が3357へーべだが、簿価は589億円。池袋店は5560へーべだが、簿価は僅かに25億3400万円。新宿アルコットは3502へーべで簿価は13億8300万円…、ほんの一例だ。社長が含みは1500億円といっていたが、本体だけでも実際それ以上あるだろうことは今の数字をみれば予想がつく。
 でも同社はこれだけではない。子会社の「二幸」には、約50000へーべの土地があり、簿価は僅かに14億6500万円。また「三越不動産」には11万1143へーべの土地がある。簿価は185億5800万円だ。三越の株を買い占めたら、この土地持ち子会社も手に入る。すべてを加えたら、優に三越の時価総額を上回ってくるはずだ。その企業の不動株比率が40%近く。本当に株券が欲しかったら、乗っ取りの見通しがつくまで正体は現さない。レポート推奨後値幅を重ねているが、動きをみるかぎり、どこかが介入している可能性が高い。ある日突然、とんでもない株主登場なんてことにはなら無いでしょうね。
 とにかく、首都圏でまとまった土地を手に入れようと思ったら、国に吐き出させるか、企業のものを買うしかない。「有利な土地が無い」といっているのに、海外では日本の不動産で運用するファンドの設立が相次いでいる。そしたら、企業の持っている土地を獲るしかないのでは…。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK

スポンサーサイト





プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ