FC2ブログ
大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
06 | 2007/07 | 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



たまには個別企業の話でも…
4日の日経平均は18円82銭高の1万8168円72銭、TOPIXは0.58ポイント高の1782.44と、ともに続伸して終わった。日経平均サイコロは8勝4敗、騰落レシオは106、RSIは64だった。強いのか弱いのか良く分からない相場だ。物色されている銘柄もテーマも予想通りなんだが、何かもうひとつ迫力に欠けている。新日鉄や三菱重工、東芝など数量銘柄が動いていない所為もあるのだろう。今晩は米国市場が独立記念日でお休みだから、明日もこんな感じの相場が続くのだろうが、方向感が出るためには、数量銘柄が動く必要がある。為替、金利の方向感がつかめない間は今のようにゲリラ的な動きで乗り切るしかないか…。

★やはりハイテク…。
 先々週くらいから、手放しの強気を戒めるようなことを書いているので、弱気を書いているように感じている人が多いようだ。よく読めば、わかるように、決して弱気は書いていない。輸出関連株をしっかり買うようにと書いてきた。実際、最近のレポートでも、日阪製作所、ディスコ、東京精密とハイテク株を連続して取り上げ、それぞれ短期で利ざやを取ってもらった。現在は、13週線までもどって頭をはたかれたところだが、今の押し目がまた絶好の買い場になる。13週線が横ばいになったら積極的に買うべきだろう。それでは、何故、東京精密なのか、先日もフラッシュメモリーの世界トップの座争いのことは書いた。当然、300ミリシリコンウエーハの需要が増え、この上に描かれたフラッシュメモリー半導体の欠品検査装置が必要になる。その検査装置の世界トップメーカーが東京精密だ。東芝とサムソンの競争が激しくなるほど、最後は歩留まりの勝負。そうなると検査装置の需要はさらに伸びる。また、フラッシュメモリーのパソコン搭載も始まる。シリコンインゴットをスライスしてウエーハを作るにはディスコのスライス装置が必要になる。
 また日阪製作所はLNG船に必要な熱交換プレートの最大メーカーだ。大型プレートの世界最大のプレス機を持っている。原油価格の上昇で、LNG需要は増加。タンカーも大型化すれば、同社の大型熱交換パネルの需要も伸びるというものだ。
 
★レポート前週号の特選株は「日東電工」
 このブログで主張していることを実行して銘柄選択をしている。前週号では、日東電工を特選株で取り上げたが今日で500円幅近くになってきた。液晶の評価が下がり売られたが、パソコンを中心にこれから様変わりしてくる。同社の月間受注は4月に対前年同月比でプラスに転換。5月は同10%の伸び、6月は同15%の伸び、と着実に受注を伸ばしている。
 米国では、ビスタの売れ行きが冴えないと言われるが、9月から学校が新学期を向かえパソコン需要が高まる。日本でも、企業が新年度に入ったのは4月。これから新年度予算で新OS搭載のパソコン購入が増加する。実際、今日の日経にあったように、半年近く下落してきたDRAMに底入れの兆しが出ている。来年夏の北京オリンピックへ向け、液晶テレビの在庫積み増しも始まってくる。だから、輸出ハイテク株なのだ。
 おまけに、海外投資家は、日本の内需株を買うためハイテク株の持ち高を減らしたことがある。米国でもSOXXのようにハイテク株の受注回復が目覚しくなっており、日本のハイテク株を増やす必要がでてくる。だから、彼らより早く動いておく必要がある。
 直近のレポートでは、画期的なダイヤモンド電着カッティングソーを開発、世界で始めて販売した会社を取り上げた。詳しくは、公開できる時がきたら書くが、切削廃液を大幅削減、処理時間も半分から3分の1に短縮したもの。ワイヤーの使用量にいたっては数十分の1ですむという優れものだ。フラッシュメモリーにも対応できる。会社側では立ち上がりなので5億~10億と、控え目な予想だが、果たしてどうか…。また、ここがおもしろいのは、この分野への進出は初めてで、既存市場を食っていくのではなく、新規事業として売上がオンされるというところだ。ここから、500円幅を見込んでいるが果たしてどうか…。
 余りアナリストなどのいうことに踊らされず、自分で調べたことに自信をもって投資。彼らが買ってくるときにはぶつけていく、くらいの気概を持って相場に望んでもらいたいものだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK

スポンサーサイト





プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ