FC2ブログ
大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
07 | 2007/08 | 09
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



市場が金融当局の顔色を見すぎ…
 本日の日経平均は168円86銭高の1万5901円34銭、TOPIXは26.31ポイント高の154988と、ともに続伸して終わりました。日経平均サイコロは7勝5敗、騰落レシオは62、RSIは34でした。
 先物がらみの動きで指数的には高く終わりましたが、出来高、売買代金とも昨日を下回っており、やはり力強さに欠けています。確かに、昨日のニューヨーク株は高かったのですが、ザラ場中は100ドル近く下げる局面がありました。場中にバーナンキFRB議長とドッド上院銀行委員長が会談し、ポールソン財務長官も同席すると伝えられ、株価は急反発。なんとかプラスで終わっています。
 今日の日本も、相場全体が緩み始めたころに、尾身財務大臣が引け後に会見する、と伝えられたことから先物に買いが入り、日経平均も急伸。一時は370円近く上昇する局面もありました。しかし、リスクを犯して買いあがる力はまだなく、結局、値を消して終わっています。
 
 日米とも相場が自立性を失っています。金融当局が何とかしてくれるだろうから、何か動きがあれば買いにでようという、きわめて消極的な投資姿勢になっています。本来、買い気が強ければ、PERで12倍~13倍まで売り込まれ、割安になった株を仕込もうという投資家がでてくるのですが、今回ばかりは、サブプライムに端を発するローン証券への不信感が根強く、積極的に攻める、というわけには行かないようです。
 実際、先週末のドイツの州立銀行に続き、英国のヘッジファンド「ソレントキャピタルパートナーズ」傘下のファンドが資金調達難に追い困れていると伝えられています。
 尾身財務長官は、米国との連携を緊密にすることを電話で決めた、と会見でいったようですが、市場のほうは「へ~」という反応で、結局、「サプライズ」にはつながらなかったようです。

 それよりも、今日の日経平均の高値は1万6100円台。株式レポートや昨日のこのコーナーでも、1万6200円前後が当面の戻りの目処になる、としてきました。以前から、日経平均チャート(8月10日分参照)で下値支持線として期待してきたCラインを先週大きく下回りましたので、今度は、このラインが上値抵抗ラインに変化します。また先週つけた長大陰線の半値戻しがこの付近になることもあります。このまま下げて、2番底取りにむかうのか、頑張って上げて、再び上昇トレンドに復帰するかの、正念場にかかってきました。
 
 やはり、問題は自立性を失いつつあるニューヨーク市場の動き。市場が、金融当局の顔色を見るようになったら「終り」。まだしばらくは悪材料を織り込む(慣れる)相場。昨年5月の急落時も、1000円幅の長大陰線の翌週に一波乱起きています。相場全体は、まだ先週の長大陰線の中にいることを忘れてはいけません。まだ全体には下向きの力がかかっているのです。
 
 GLOBEXの24時間先物取引市場では、今のところS&P500 、NASDAQ100 とも小幅高で推移しています。とにかく、ニューヨークも3日続伸すれば流れは変化します。今晩に期待しましよう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK

スポンサーサイト





プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ