FC2ブログ
大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
07 | 2007/08 | 09
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



テクニカル指標は相場の変動が近いことを暗示!
 一週間、お疲れ様でした。前半はものすごいリバウンド相場。後半はフリーズ状態…。買わしてもらえないし、動かないし…で、欲求不満ばかりがたまったような週でした。来週は、もう少しマシな…とはいっても、「病巣」が残ったままでは、そうも行きませんか…。せいぜい、休みの間にカンフル剤が切れないように期待したいものです。

 さて、本日の日経平均は67円35銭安の1万6248円97銭、TOPIXは5.96ポイント安の1585.85と、ともに反落して終わっています。日経平均サイコロは6勝6敗、騰落レシオは68、RSIは40でした。
 
 日本株は完全に自立性を失っていますね。ニューヨークが安ければ同じように安い。外人が買わなければ、何を買って良いかも分からない。日本の投資家は自分で考えて行動する、ということを忘れてしまっています。
 これまでは、外人投資家が内需株を買った、といえば内需株を買い、外需株を買えば輸出株を買う。売り始めたら、悲観的になってどうしたら良いか分からない…。みんなと同じ方向に動いたら失敗するということは、一昨年末の相場でわかっていたはずなのに、ついつい繰り返してしまいます。無限の円安が続くように思えて、個人投資家はみーんな円売りに動き、今回痛い目に遭いました。ただ、痛い目なら良いですが、短期間に10円以上動きましたから、中には致命傷を負った人もいるかもしれません。

 このブログでは、124台で円の底を予想し、115円台後半までの円高があるだろうと予測。実際、レポートやブログの記事としても書いてきました。それでも、為替は、予想を上回る111円台に入ったのです。一斉に皆が行動すれば、こういう状態になるんですね。
 為替は、株式市場の引け後に、115円台後半の取引が始まっています。チャートから判断すると、115円台の後半が、円安の上限かと思いましたが、今週、上値抵抗ラインを突破。その後は、このライン上でのもみ合いに入っています。もし、週足で116円台を固められたら、次は、120円手前を上限とする動きに入ってきます。円高方向に押し戻されたら、先ごろの111円台に対する、上値確認の動きがでることも予想されます。

 今日の株の動きをみると、出来高、売買代金ともに急減しています。週末で休みの間に何が起きるか分からないので手控えておこうという動きもありますが、相場環境的に節目に来ていることも見送り姿勢を強めさせています。

 日経平均チャートについても、需要な分岐点にあることは説明してきましたが、今日の引け値の1万6200円台も抵抗ラインぎりぎりのところ。為替も日経平均も先行きの判断が難しくなっています。いずれも、抵抗ラインの上に出れば、2番底の恐怖から開放されます。しかし、押さえられたら、2番底取りの動きも…。

 脅すような表現になって申し訳ありません。ただ、別のテクニカル指標からみると面白い動きも出ています。日経平均の一目均衡表をみると、雲の中に入りかかっており、来週は面白くなりそうな感じになっています。
 それより関心があるのは、ボリンジャーバンドの動きです。まず、週足ではバンドの幅が大きく拡大。近々、収縮に向かう(株価は上昇?)動きが予想されます。一方、同じく月足のボリンジャーバンドを見ると、週足とは逆に、収縮する動きになっており、近々、拡散に向かう可能性が強まっています。いずれにしても、近々、大きな動きがでることを暗示しています。

 米国では焦点のカントリーファンドファイナンシャルの短期債務の負債額の規模がわかるなど、破綻する企業やファンドとは別に、サブプライム関連証券の保有状況や関連企業の財務状況も少しずつ明らかになってきました。昨日は、以前、1000億ドルを越える額を保有しているだろうとお知らせした中国が、中国銀行や中国工商銀行にあることを認めています。今日、香港が下がったのもこれを嫌気したものです。しかし、株の世界では「知ったら終い」という格言があります。
 悪材料が明らかになればなるほど、対策は打ちやすくなるものです。具体的な数字が出始めたということは、相場的には好転していると見れなくもありません。

 皆さんも、休みの間にテクニカル指標をみて相場展開について考えてみてはいかがですか?「悪材料を見たり聞いたりして、弱気になるべからず」と相場格言も言っています。先日も書いたように、現実悪を売る相場は、悪材料が同時に出てくるだけにしんどいものですが、すでに、昨年5月からの下げ(理想売り)の段階で、かなり織り込んでいることを忘れてはいけません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK

スポンサーサイト





プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ