FC2ブログ
大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
07 | 2007/08 | 09
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



小休止して単純平均株価の検証でもしてみたら…
 30日の日経平均終値は140円99銭高の1万6153円82銭、TOPIXは10.68ポイント高の1568.23と、ともに反発して終わりました。日経平均サイコロは5勝7敗、騰落レシオは75、RSIは40でした。

 「船酔いする人は陸に上がって見ておいたほうが良いですよ」と書いたのはつい先日のことですが、ちょっと激しすぎますね。市場が材料に敏感になりすぎている感じがあります。これでは、長期投資の投資家はおちおちと入ってこれませんから、結局、短期資金中心になります。おまけに、明日は何が起きるか分からないから「宵越しのポジションはもてない」状態です。昨晩のニューヨーク市場も前前日が急落していましたから、おそらく先物の売りポジションが残っていたはずです。結局、この買戻しが上昇相場をリードしたんでしょう。実際、出来高の方は全然盛り上がっていませんね…。

 相変わらずサブプライムローン絡みの経営危機情報は毎日でてきますし、今日は、ウォールストリートジャーナル紙が、バーナンキFRB議長と、グリーンスパン前議長のやり方はだいぶ異なる、との記事を掲載。9月にFFレートが下がり、その後にまた円売り・ドル買いが始まるとして、円売りに動いていた連中が買い戻しに入り円が反発。つれて、日本株も頭が重い展開になりました。他にも、大手の金融機関がサブプライムローン絡みで損失を計上する、含み損を抱えていると噂されている投資会社が資産の投売りを行い、4兆円を超える損失を計上する、という記事もどこかの新聞に掲載されたようで、よく、円が115円を割れなかったものだ、と変に感心したものです。この辺の悪材料を流しながらドル売りに動いている筋がいるようで、目先はどうなるか読みにくくなっています。

 こんだけがぶられると、ちょっと買いに入るのは難しいですね。下がったところは、買いに入っているようですから、売り物だけは確実に吸収されているようです。これが、将来、しこり玉になるか売り圧迫材料になるかは読みづらいのですが、あまり長くなると物色対象が変化することになってしまいそうです。

 ただ、日経平均は非常に律儀な動きを続けています。戻り局面では、下げの道中で空けた窓を閉めて調整にはいりましたし、今日は、昨日は上げの窓を閉め、今日は昨日の高値から空けた窓をもう少しでしめるところまで行きました。結局、ニューヨークが乱高下しているから、それを受けた日本株が寄付きから窓を開ける商いをすることになります。まだ、上のほうにたくさん窓が開いていますので、占めて回るのが大変ですね。そろそろ、朝晩は冷えるようになってきましたから、窓が開いていると風を引いてしまいます。日本株に自立性がありませんから、しばらくはこんなことでも書いていないと仕方が無いのでしょうか?

 このところ、「物色対象の変化が怖い」と書いてきましたが、一度皆さんに勉強してもらいたいのが単純平均の動きです。日経平均もTOPIXま最近高値を取った様な感じですが、単純平均は昨年2月に高値をとったあと、ほとんど戻りらしい戻りもつけずに、売られ続け、最近の下げではスタート時の株価も下回り、下落率は実に38%を越えているのです。
 
 個人投資家は、損をしているといわれてきましたが、日経平均やTOPIXを見ていたら実体は分かりません。私は、なにも個人投資家が損失をかぶっている実体を言っているのではありませんよ。問題は、昨年2月の高値から実に1年半も調整している点こそ、注目すべきところなのです。信用買い残が膨れ上がり、大手投資家が腹いっぱい買っている銘柄に、果たして上昇の機会はあるのでしょうか…。むしろ、一年半も調整して売られつくしたところの方が、これからの魅力は大きいのではないでしょうか。

 米国の長期金利の動きと株式市場の動きを戦後から追ってみると、金利が上昇期に入ると、NASDAQ市場の上昇率がダウに大きな差をつけています。このあたりを良く考えると、これから動きを注目しなければならないのは、大手投資家が嫌う、中小型株や新興市場の成長性が高い株とうことになるのではないでしょうか。

 どうせしばらくは、こんなアップダウンのきつい相場が続きます。一度、おちついて、単純平均のチャートでもみて、波乱後の相場展開でも考えてみてはどうですか…。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK

スポンサーサイト





プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ