FC2ブログ
大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
11 | 2007/12 | 01
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



やはり重たい25日株価移動平均線
 4日の日経平均は148円78銭安の1万5480円19銭と続落、TOPIXは16.66ポイント安の1515.50と反落して終わりました。日経平均サイコロは6勝6敗、騰落レシオは82、RSIは56、25日銭とのかい離はマイナス1%でした。

★テクニカルで今の相場を占ってみると
 今日はいいお湿りというところですね。ニュヨークも安いですし、為替の方も110円台に押し戻されています。内外とも今週から来週にかけて、重要なイベントが目白押しですから、まともな投資家はちょっと動けないですね。出来高のほうも今日は20億株を割り込んでいます。
 
 25日株価移動平均線が下降基調にあり頭を押さえていますが、外部環境の悪さから、一気にこれを上抜くだけのエネルギーは今の相場にはありません。そうなると、先物業者の活躍の場になってきます。本当かどうかわかりませんが、「どこか海外の金融機関がサブプライムローン関連で追加損失を計上する」という話が流れ、円が上昇。これを機に先物に大口の売りがでて、先物が下落。現物とのサヤが詰まり最低解消売りが出て全体が下げに転じています。また、月末の評価上げを狙ったドレッシング買いの処分売りも今日はだいぶでていたようです。やはり、2番底を確認しないと、次の展開に移れませんね。

 今日はとりあえず、先週の上げで未整理になっていた1万5580円のポイントを押さえましたから、本来なら次の相場に移行するところですが、外部の材料待ちのところがありますので、しばらくは往来相場みたいな動きになるかもしれません。ここまでの上昇過程をみると、先月の19日に1万5302円、同26日に1万5295円、同27日に1万5312円でそれぞれ高値をつけ、壁を形成していますので、外部材料を抜きにすれば、このゾーンが下値抵抗ラインとなってくるはずです。理想的には、1万5000円を割り込んで、いったん弱気の人を古い落すのが理想ですが、いまの相場では、そのままズルズルと下のほうに行ってしまう可能性がありますので、とりあえずは1万5300円どころでとまってほしいものです。

★危機の裏で何が起きているかを冷静に観察しよう
 米国政府がサブプライムローン対策で発表した金利凍結策は、実効性が無いのでは…との批判もあり、株式市場も消化難になっているようです。ただ、政府が必死になって取り組む姿勢ははっきりしてきましたから、逆張り投資家などはダンピング状態になっている証券化商品の購入に踏み切るかもしれません。リスクが最大化したときに、逆張りで動く投資家も世界にはたくさんいるということを忘れてはいけません。

 証券界にいたころ聞いた話ですが、戦後、農地解放が行われ地主は土地を没収されましたが、代わりに債券が交付された、といいます。戦後のどさくさですから、地主の方たちは二束三文の紙だと思っていたそうです。しかし、この債券を国が買い戻す計画があるという情報をある証券会社が取得。全国の地主のところを訪れて、債券をわずかな金で買い取って回ったそうです。その後、債券は国が買い戻すと発表され、この証券会社は現在の基盤を築くほどの大きな利益を上げたそうです。

 真偽のほどは別にしても、今、取得価格の2割から3割がいいとこ、と、二束三文状態になりつつあるサブプライムローンですが、今リスクを冒して買い向かい、そのごに政府が買い取る…なんてことになったら、大きな利益が上がりますね。リスクが巨大化するなか、裏側で何が起こっているか…今は、それを考えることが大事です。国債、不動産、株式、企業など米国内で資産を持つ海外投資家は、ドルの下落は資産の目減りにつながります。資金を投入しても、自らの資産を守る必要があります。もし、皆が、資産を守ろうとしてドル離れを強めたら、自らの首を絞めかねません。ドルを守ることが自らの資産を守ることになるとして、米国に追加投資するというコストを払ってくるのではないでしょうか。

 今は、外部環境を見守り、何がおきているかを人より早く察知して行動することが第一です。とにかく今期末決算に対する「進捗率」の高い企業を、じっくりと仕込むこと…

 



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK

スポンサーサイト





プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ