FC2ブログ
大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
11 | 2007/12 | 01
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



やはり「満月」が変化日だった…
 三連休明け、クリスマスの25日。日経平均は295円59銭高の1万5552円59銭、TOPIXは26.83ポイント高の1496.03と、ともに続伸して終わりました。日経平均サイコロは5勝7敗、騰落レシオは90、RSIは51、25日かい離は約0.9%でした。先週末の日経平均週足サイコロは5勝7敗、RSIは42でした。短期、中期とも目先は安全サインですね。

 海外投資家はジングルベルに浮かれてお休み中。今日の出来高は14億株台、売買代金は1兆6000億円台で今年最低の水準でした。
 まあ、海外は高いし、円相場は114円台、欧米の金融波乱は中東産油国や外貨準備溜め込み国からの資金還流で乗り切るスキームがほぼ確立された、ということで、今日は先物筋の買戻しから、高くなりました。一時期、円が113円台に入るときにはやや上げ幅が縮小する場面もありましたが、引けにかけ再び円が114円台に乗せるとともに、上げの勢いを取り戻し300円近く上昇して終わっています。

 ボリュームを伴っていないだけに、「眉唾(まゆつば)」もんだと、懸念する向きもあるようですが、今日の上げで、日経平均の3本新値が陽転しました。テクニカル的には好材料ですね。今晩のニューヨークはクリスマス休日になりますから、明日は、目先筋が餅代というかお年玉稼ぎで動き出してくる可能性もありますね。とりあえず、月末にかけてのドレッシング商いなどもあり、堅調な終わり方が出来そうです。

 それにしても、月の満ち欠けがこんなに相場の変化日を暗示するとは…。先週まで、10日の「新月」を境に相場は下落に向かいましたので、次の上方への転換日は24日の満月…。この日が休日なので、21日か25日が変化日になる、としてきました。先週号のレポートでも、月の満ち欠けと犯罪率の変化、狼男などの話を書き、週末から週初がポイントになるとしてきました。まさに、予想通りの展開になりました。これで、次の新月までは強調相場が続くことになりそうです(?)。

 今日は、大きくつっ込んだ鉄鋼、造船、海運、不動産などの主力株が買われていましたが、果たして、いくら取れるんでしょうね。13週、26週線とも下降に転じていますので、このへんまで行くとどうしても頭を抑えられてしまいます。新日鉄で700円抜けがポイントになるんでしょうか。結局、あまり値幅は取れないんでしょう。

 以前から、業績進捗率をベースに置いた中小型株を狙うように、として、レポートでも取り上げてきました。最近ではマンダム(4917)や日本光電(6849)、TBK(7277 )を注目してきましたが、全体が下げる中で、逆行高を演じています。相場全体がリスクに敏感になっていますから、しこり玉を多く抱えた株よりも、バリー面で割安で玉の整理が効いている方に物色の矛先が向かうのは当然でしょう。

 目先は、まず13週、26週線が上向きになっていて、かつ株価がその上に出ているものを狙うようにした方がいいでしょう。もちろん、高進捗率であることは必須条件ですが…。

 さて、今回のレポートで、簡単に新年の物色テーマを考えてみました。少子高齢化で国内マーケットの頭打ちが目立ってみました。しかし、一方の企業側は、高度成長期の企業数がまだそのままになっています。そのため、過当競争が続き、利益率の低い儲からない経営がつづいています。そこにきたのが、原材料高です。運送費、包装費、原材料費などが、どんどん上昇しています。これまでは、何とか人件費を抑制し、しのいできましたが、これももう限界。

 となったら、体力のあるうちに同業他社を買収するか、他社と合併して市場シェアを広げ、価格決定力を持つしかありません。これまで、M&Aが始まると言われてきましたが、もう一つ勢いがありませんでした。しかし、今回のコスト上昇は否応なしに、企業の統合を促していくはずです。そのため、新年は国内企業同士の合併がテーマになる、と書いたのですが、今日、早くも、そんな動きが出ていました。ツカモトが同業の市田に対しTOBを仕掛けるとの話が出ていました。

 まさに、生き残りをかけた食い合いが始まったのです。おそらく新年は日経平均の上昇はたいしたことは無いものと思われます。しかし、各論では、M&Aを背景に壮大な「各論相場」が繰り広げられるんではないでしょうか。そうなると、会社の解散価値も問われることになりますから、含みもテーマとして浮上してきそうです。経済では、どうしてもインフレを意識しますが、インフレにより企業価値も増加していきますので、含み相場が表面化する時期が来るはずです。

 今回書いたレポートの内容ですので、購読者からしかられそうですが、来年を考えるヒントにしてもらえたら…と、思います。

 当面、次の「新月」までは、息抜きさせてもらいましょうか…。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK

スポンサーサイト





プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ