FC2ブログ
大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
11 | 2007/12 | 01
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



来年は「経済不況の年」…九星が暗示?
一年間お疲れ様でした。サブプライムローン危機と先物に振り回された一年でしたが、投資成果はいかがでしたでしょうか。

★来年の九暗示は「経済不況の年」
来年の相場については、悲観論、楽観論が相半ばするような状態ですが、気学では来年は「一白水星」年。星回りとしてはあまりいいものではなく、「万物が枯れる」、「努力が報われない」といいます。端的には「経済不況の年」とされます。

 このように書くと身も蓋もありませんが、「水」にはあらゆるものを分解し浄化する作用があるといい、古いテーマが崩れ、新しいテーマが産まれる大転換のスタートになる星意もあるのです。日本経済はバブル崩壊という大転換のチャンスを政治や官僚を中心にする行政のサボタージュで逃がしてしまいました。しかし、防衛省の武器調達での汚職の露見、社保庁の年金不正問題、厚生労働省の薬害肝炎疑惑など、最近の動きにあるように、いたるところで旧悪が露見し、変革を促すような動きがでてきました。これらの旧体制の悪弊が水によって浄化されるなら、むしろ歓迎すべきことかも知れません。

 一白に始まり、九紫で終わる九星の移動は、人間が生まれて、大成するまでの変遷になぞらえられるもので、来年の一白はまさに無垢の状態で、人生のスタートを切ることにも例えられます。不安も多いですが、希望に満ちた星回りといえなくもありません。とくに、日本の場合は悪い点ばかりが目立ち、世界から取り残されようとしているだけに、新たなスタートにかける期待もその分大きくなってきます。新年は、目に余るような現象が出てくるかもしれませんが、額面どおり受け取らず、新しいものが産まれるための痛みだと思ってみていくことにしましょう。

★日経平均は5年ぶりの年足陰線。でも単純平均は2年連続…
 さて、大納会の日経平均ですが、256円91安の1万5307円78銭、TOPIXは24.26ポイント安の1475.68と、ともに続落して終わりました。日経平均サイコロは4勝8敗、騰落レシオは87、RSIは34、25日線かい離はマイナス1.1%でした。

 今日の引け値で、日経平均は5年ぶりの年足陰線が確定しました。常識どおりなら、あと一年くらいは陰線が続くかもしれませんが、注意したいのは、本当の日本経済の実態をあらわしているのは単純平均であるということ。単純平均は今年で2年連続で陰線をつけているのです。来年は、海外から内需を中心にした景気振興圧力が高まってきますから、日銀の利下げの可能性すら出てきます。内需沈滞の原因になった建築確認の遅れ問題も、何らかの緊急避難措置が採られるかも知れません。サブプライムローン問題出苦しむ欧米や景気過熱でバブル崩壊懸念が強まる中国なんかより、ずーと前向きな材料が出てくる可能性があるのです。 これまでにも何度か書いてきましたが、今一番注目すべきは、輸出関連や新興国関連ではなく、2年間売られに売られてきた単純平均型、内需型の銘柄なのかもしれません。

★来年は水と食料が切迫したテーマに… 
それと、来年問題になるのは、食料と水の問題です。一白水星の表意だから言うのではありませんが、過剰流動性を背景に穀物市況が上昇し、世界的に穀物の増産が課題になってきます。しかし、その時ネックになるのが、「水」の問題です。中国は、伝統的に水不足の国ですが、最近の工業化で工業用水の需要が増加。これに応じるために、農業用水を振り向けると言う事態になっています。そのため、水を多く使う稲作を減らし、とうもろこしなど水をあまり使わない農作物への転換を働きかけるなどしており、逆に農民の不満を買うという事態もおきています。地下水のくみ上げすぎも、中国の地下水位を低下させ、農業用水の不足に拍車をかけるという事態も起きています。

 オリンピックイヤーで、水の需要はピークに達して来るはずですから、来年は環境・水関連が必ずテーマとして浮上してくるはずです。経営者向けのレポートで2年前に「オイルタンカーがウォータータンカーに変わる日…」をテーマに記事を書いたことがrかもしれませんが、来年は、案外水を輸出する事業が本格化するかもしれません。2週間前の株式レポートで酉島製作所(6363)を、水関連で取り上げておきましたが、今日、80円以上上昇し1700円台に乗せてきました。大台を二つ変えてきましたね。海水淡水化プラントのポンプを手がけますが、一つのプラントではポンプを40-60個も使いますから、同社の受けるメリットは大きなものになります。関連株を丹念に調べてみてはいかがですか。

 こういう風に書いてくると、日本株は案外捨てたものじゃないと思えてくるはずです。また、うまいことに、単純平均方の銘柄は、外人さんが投げまくって崩れたものばかりですから、あんまり動向を気にしなくていいところもメリットです。

 あまり長く書くと、また嫌われてのぞきに来る人が減ってしまいそうなので、この辺でやめておきます。それでは皆さん良いお年をお迎えください。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK

スポンサーサイト





プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ