FC2ブログ
大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
06 | 2008/07 | 08
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



み~んなが下がると思ってる相場って…どうなの?
 3日木曜日の日経平均は20円97銭安の1万3265円40銭、TOPIXは3.13ポイント安の1298.02と、ともに続落して終わりました。日経平均サイコロは1勝11敗、騰落レシオは77、RSIは28、25日線かい離はマイナス5.2%でした。出来高概算は22億4000万株、売買代金は2兆5334億円と、今晩のビッグファイトを控えて、だいぶ調整的な動きがあったようです。
 
★マスコミが食いついてきた…もっと大騒ぎしろ~
 マスコミさん、食いついてきましたね~。一般紙でも「43年ぶりの続落」が一面トップにでてきました。昔から、一般紙の一面トップに「取引所」の写真が載ったら相場の流れが変わる…と言われますが、写真無しでもとにかく証券の記事が載ってきましたね。明日の朝刊も、11連敗は「54年ぶり」…スターリンショック以来の出来事…と、見出しが踊ってくるでしょう。また、ECBの利上げ(0.25%程度…?)と、米国雇用統計の悪い数字を受けて、寄り付き付近は急落するでしょうから、「欧米市場も急落して始まる…」、「世界的な株安の連鎖が続く…」くらいの見出しの記事が、54年ぶりの記事の近くに載ることになるんでしょう。

★今晩は良い話が出ないことは確か…
 問題は引け値です。3月中旬の底入れのときは25日線と10%近くかい離して反発しましたが、今回は、まだかい離の度合いが少ないですね。ただ、サイコロ、RSI、騰落レシオ、25日線かい離と、日本株のテクニカル指標は買いゾーンを暗示するところまで来ました。今日は、2大イベントの結果と株価の反応をみないとなんともいえません。ただ、ECBは利上げをしてもその後の会見で、物価上昇が続くなら「まだやるぞ」と当然言うでしょうし、雇用統計も、事前にでていた統計数字、たとえばISM製造業景況指数で、雇用指数が悪化、昨晩発表された給与の支払いをベースに算出したADP指数も、事前予想を倍以上上回る7万9000人の減少になるなど、良い数字が出るはずはありませんから、相場にプラスの話はまったくありません。

 また、ポールソン財務長官も金融機関の破綻に備えた制度整備をしなければいけない…など、好材料はまったくない状態です。金融機関はまったく下げ止まる気配は消えませんし、昨晩は、メリルリンチのアナリストがGMに関して破綻を視野に入れたレポートを発信。150億ドルの手持ち資金を作らないと危ない…と、おっしゃってくれました。なんか、言った者勝ちみたいなムードになってきましたね。個別企業のリスクを売買するCDS市場では、GMは37%と別途5%のプラスプレミアムが必要といいます。ややこしいのですが。もしGMが100億円の資金調達をしようと思ったら、プレミアムとあわせて42%の金利を払わないと債券が発行できないということです。資金調達なんかできるわけはありませんね。売名意欲の高いアナリストがおかしなレポートを出すたびに金利が上がっていくわけですから、そのうち、彼らから止めを刺されることになるかもしれません。株価は、とうとう10ドルを割り込んでいます。フォードは5ドル台ですが、1ドルを割り込んだら上場廃止ということで、果たしてどういうことになるものやら…。

★悪材料がでても前日の安値を切らなかったNYダウ
 正直、実際の反応を見るまで分かりませんが、「陰の極に近づいたと思ったら、好材料を探せ。悪材料ばかりで好材料が見つからなかったら買い出動しろ…」という教えがありますが、今、何か好材料が出る要素というのはあるのでしょうか。今考え付くものとしては、米国の為替介入、公的資金の投入、追加的景気てこ入れ策の発動…くらいでしょうか。え!自分ですらすらと好材料を並べられましたね。こんなだったらまだ早いと言うことでしょうか…?とにかく、日米とも短期の指標は買いゾーンに入っています。一旦は反発しても良いところに来ているのです。昨日は、ADP調査、GMに関するレポート、財務長官発言など、結構、きつい悪材料がでていますが、ニューヨークダウは前日の安値は切っていません。また、S&P500もまだ、なんとか3月安値を前に踏ん張っています。

★み~んなが下がると思っている…
 おそらく、今の投資家のポジションは、3月中旬の時と似ているのでしょう。ベアスターンズの破綻に賭けて大損したような電気会社のように、GMやリーマンやシティーの破綻にかけたポジションを取っているところも多いはず。また、なによりも、過去最高の売り残がつみあがっています。皆が下向きのポジションを作っている状態です。こんな時に底割れの下げになるものでしょうか。何らかの政策発動を怖がってきますから、どこかで、我先に買い戻す動きがでてくるはずです。

 なんだか、3月中旬と同じことになりそうな気がするんですが…。甘いかな~?それと、私の勘違いで、新月の変化日は今日3日でした。11日間連続安の後の変化日…さらに下に行くものでしょうか…?

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK

スポンサーサイト





プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ