FC2ブログ
大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
06 | 2008/07 | 08
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



とうとうでてきた…お化けみたいな数字
 急な原稿依頼があり、奈良市内まで出ていましたので、書き込みが遅れました。経営者の私的な集まり向けの経済レポートと最近の経済情勢やこれからの見通しについて講演してほしいとのこと…。投資家だけでなく、経営者だってこんな経済状況では私みたいな馬鹿なやつの意見でも聞きたいんでしょう。ただ、2~3年前の講演でコンドラチェフ波動を引き合いに出して、金利や商品価格はとんでもなく上がる…と、説明しておいたはずなんですが…。もちろん、金利が上昇に向かえば株は下がります。そのことも、お話してあったはずですが、人間ていうのは不思議な動物で、そのときは「なるほど…」と感心して聞きますが、一週間もしないうちにすっかり忘れ、そのうち金利も商品も下がるなんていって、えらい目にあっています。つくづく、人間って面白いものだと思います。

 私たちにとって一番情けないのは、「そんなこと言ってたっけ…」と言われることです。
 また脱線しそうなので、話をもとに戻します。
 
 週末4日の日経平均は27円51銭安の1万3237円89銭、TOPIXは0.14ポイント安の1297.88と、ともに続落して終わりました。日経平均サイコロはとうとうゼロ勝12敗、騰落レシオは73、RSIは7%、25日線かい離はマイナス5.2%でした。出来高概算は18億2000万株、1兆9600億円と、ともにうす商いで様子見気分の強い一日でした。とうとう、化け物みたいな数字がでてきましたね。スターリン暴落以来という0勝12敗もそうですが、RSIの一ケタ台もここ数年記憶にありません。騰落レシオの77は気に入りませんが、これだけ陰の極がそろっているのに弱気するのは相場の神様に失礼にあたるのではないでしょうかね。

 さて、ビッグイベントの一つ、ECB理事会は予想通り0.25%の利上げを実施しました。ただ、頑固なトリシェ総裁もポールソン財務長官の顔たてたのか、次の利上げにちいてはあいまいな発言でお茶を濁していました。続いて米国に場替えしての雇用統計はほぼ5月と変わらずの6万人台…どうせ、次の発表で増額修正されるんでしょうが、独立記念日を控えて、株を下げるのもいかがなものかと、反発して終わりました。まあ、半日立会いに助けられたところもありますが、金融機関の間で、「あいつのとこは損失が拡大するぞ…」、「何を言っているんだ、お前のところこそ、損失は○○○になるんじゃないか…」とたたきあいをはじめており、週明けになると、また、もぐらたたきが始まるかもしれません。とにかく、第三週にはいると、17日のメリルリンチ、18日のシティ、25日のアンバックファイナンシャルと、問題児の決算発表が相次ぎます。

 そろそろ、ブッシュさんも思い切った手(公的資金の投入や住宅ローンの買取など)を打つ時期が近づいているんじゃないでしょうか…。なんか、外交の方に逃げている感じがしますが、今回の北朝鮮のテロ支援国解除は米国内でも批判が上がっており、結局、国内問題に手をつけざるを得なくなってくると思います。そのときが、本当の意味の米国株の立ち直りの時期でしょう。ただ、ニューヨーク株については、やはり2000年のITバブルピークに形成したテーブルが下値支持力を発揮しています。昨日も書いたように、結構きつい悪材料がでていますが、なかなかテーブルを突き破ることができません。6000ドルや7000ドルまで下がる、という説を言う人もいますが、そんなところまで下がったら、テーブルの上に出るにはまた数年かかることになります。このテーブル付近でもんでいる間に、なんとか好材料がでてきて、情報転換するきっかけにしてほしいものです。

 いよいよ、福田さんが最大の点数稼ぎをしようという晴れの舞台サミットが始まります。各国首脳の奥様方は来月になったら、またアジアにくるのに何で日本になんか行かなきゃならないの…と、野郎ばかりのぎすぎすしたサミットになるそうです。下手をすると白人が野獣の本能をむき出して、襲い掛かってくるかも知れませんよ、福田さん。もう少し、しっかりしましょうよ。拉致被害者の家族は、本当に、心配していますよ。財界や政界は「北朝鮮特需」を充てこんで、動き出していますが、これは俺の獲物だ…として、米国の財界のほうが利権を求めて動き始めています。中国も食い込んでおり、日本がおこぼれに預かる分は少ないんじゃないでしょうか…。ブッシュさんは、金は日本に出させて、利益は我々がいただこうというストーリー。山拓さん、調子に乗っていると、ロシアに近づきすぎたSさんの二の舞になりますよ。サミット後の世界の政治経済情勢が、より混迷を強めることは確か…。

 さて、ニューヨークの反発を受けた日本株ですが、やはり、海外投資家から押さえ込まれました。朝から株が高いの債券先物も高いからおかしいなと思っていたら、やはり、やってきました。どこかの不動産会社がおかしくなるそうだ…と噂を流すのと同時に、先物にまとまった売りを出し、さらに丁寧に不動産株まで売ってきれました。こうなると、債券先物買い・株先物売りを仕掛け、中には、原油買い・株先物売りなどという新手の裁定取引を組んでおかしなことをやり始めました。一時は、かなり売り込まれたようですが、昨日の安値付近から切り返して終わっています。チャート的には不十分ながら、毛抜きみたいな形がはいっており、来週は一反発あるかも知れません

 短期の指標は強烈な数字を出してきましたが、問題は、中期の指標。じっくり検討して、来週のレポートでは、注目企業を出してみようかな…。株先物売り、原油買いなんて馬鹿な取引を遣り出したら、もし株が本格的に立ち直ったら、株先物買い・原油先物売りになって、原油が暴落…。サブプライム以上の悲劇が起きることになる…。そろそろ、なんでもありの世界にタガをはめる時期が着ていると思うんですが…。今日は時間がなくて、しっかりした分析が書けませんでした。株のレポートが早めにできたら、休みの間に書き込みをしようと思います。それでは、良い週末をお迎えください。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK

スポンサーサイト





プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ