FC2ブログ
大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
11 | 2008/12 | 01
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



もしかしたらオバマ新政権の「理想買い」相場がはじまった…?
 今日の朝の書き込みは、FC2へのアクセスが出来ずに、見送りました。ご容赦!

 11日の日経平均は60円31銭高の8720円55銭、TOPIXは14.70ポイント高の849.25と、ともに4日続伸して終わりました。出来高概算は22億4000万株、売買代金は1兆7660億円と、低位株に買いの手が向かったこともあり、出来高の増加が目立ちます。また、日経平均サイコロは7勝5敗、騰落レシオは89、RSIは68、25日線かい離はプラス4%でした。指数的には中立ですが、25日線とのかい離拡大が気になります。

 今日は、米国株やCME日経平均先物が堅調だったことから、しっかりにはじまりましたが、GLOBEX市場の米国株先物が方向感が定まらなかったことや、明日がメジャーSQに当たっていることから見送り気分の強い展開になっていました。ただ、明日のSQを意識した先物業者のゆさぶりがあったものの、8500円の下値が固かったことや、米国下院でビッグスリー救済の法案が通過したことを好感。低位株を中心に買い物が入りました。引けにかけては、明日のSQに絡んだ先物買いから上げ幅を拡大して終わっています。

★25日線固めの相場は先高を暗示
 完全に25日線を固める動きになってきましたね。明日になると対応点が大体今の株価水準と同じになってきますから、25日線は横ばいに入ってきます。テクニカル的にはだいぶ状況が改善されてきました。また、世界的な景気刺激策を好感して、原油価格や非鉄などに、下げ止まり感がでていることや、荷動きの活発化を見越してバルチック海運指数も反発し始めています。加えて、米国株の底堅さを受け、リスクをとろうという動きが強まり、ユーロ買いも強まってきました。これを受け、これまで、売られてきた、景気敏感株が買われたことも、日経平均の底堅さにつながっています。

★オバマ新政権の「理想買い」相場
 だいぶ相場の景色が変わってきたんじゃないですか。米国では、現金が一番安全だが、銀行に預けると銀行の倒産が心配…ということで、期間の短い国債に人気が集まり、金利が無しでもいいから国にお金を預かってもらいたいという「大弱気」の人がいる一方、長期国債を売って、株式に振り返る投資家もでてくるなど、強弱感の対立が目立ってきました。大体、極端な動きが出てくるときは、流れが変わる時ですね。昨晩も書いたように、これまで、一日もキープできなかった25日線を、今では下値の支持線としてみるような動きが出てきています。明らかにこれまでとは違う動きが出てきていますね。もしかしたら、オバマ新政権を期待した「理想買い」の段階にはいりつつあるのかも知れません。

 医療改革で薬価の引き下げを狙いジェネリック薬品メーカーが、大容量高速通信網の設置にからみ古川電工が、橋梁・道路のリニューアルを先取りし、コマツや日立建機が、今日当たりは米国に地盤をもつ酒井重工業が買われてくるなど、米国の新経済対策を意識した動きが日本でも始まっています。基本は、売られすぎ、実体価値を下回ったものを修正しようという動きだと思われますが、これも下値不安が薄らいだから起きているものです。まだ、成長性を買うところまで回復していませんから、あまり高値を追いすぎるのは注意したほうがいいのではないでしょうか。

★未解決の悪材料は未解決…とりあえずは「中間反騰」か
 想定どおり、相場のほうは強含んできましたが、うまくいけば、オバマ新政権が誕生する来月後半くらいまでは、中間反騰的な動きが出てくるのではないかと思います。ただ、ビッグスリーの問題は、とりあえず目先の蓋をしたものの、あくまでも一時的な手当て…。まだ、根本的な救済に関しては手付かずになっています。また、CDSで血まみれになっているAIG問題も、隠していた損失が表面化したり、資産の処分がうまくいっていない、損失が日ごとに拡大し、底なし沼的に資金を吸い続けている…など、次期政権に丸投げされる「時限爆弾処理」は多くあり、新政権になったら、予想外の損失や不祥事が表面化してくる可能性もあります。さらに、強引に解約を抑えているヘッジファンドの問題も、今後、資金供給元である旧投資銀行の財務処理に絡み、再び市場の売り要因として出てくるはずです。それも、来年にはいると、新年度に入りますから、その処理がはじまることは念頭においておかねばなりません。

 これまで、強気を書いてきて、それは無いだろうといわれそうですが、前にも書いたように、これから出てくるかもしれない株価上昇が、ダウントレンド内の「中間反騰」なのか、世界的な潮流の変化を受けた新しい上昇相場なのか…の判断が現在まだ出来ない以上、慎重に構えておくに越したことはありません。まあ、当面は、強気で張っていきますが…。

★三菱重工業の相場に関する「勝手」な解釈
 レポート銘柄はどれも順調に値を伸ばしていますが、以前、ここでもちょっと書いた三菱重工が、やはり違った動きをしてきました。「フリーライダー」はダメよ…というのが、今後の日本の課題は、防衛力を強化して自分のことは自分で守りなさい…ただし、原爆は持っちゃダメ、とうのが今後の米国の方針になるかもしれません。できるだけ海外に散らばった軍隊を縮小して、財政赤字の穴埋めをしなければなりませんからね。クリントンさんを国務長官に据えたのも、結局、産軍複合体の圧力を押さえ込みたいから…というのがオバマさんの本音…かも。本気で軍事費の削減を考えているのかも知れませんね。鉄が弱いのに三菱重工が強いのは案外このあたりの動きを反映したりしていて…?

 それと、もう一つは、中国の原発建設。最近も書いたように、米国と中国という環境問題児が、両方とも温暖化ガスの削減に取り組む…といっています。片方で、強烈な景気刺激策をとるのですから、両方をやろうと思ったら、火力発電ではなく原子力発電所の数を増やさなければなりません。それも二つ三つではすみません。恐らく数十という単位になると思いますが、そのときに一番メリットを受けるのは、どこの国でしょうか。このところ、日本の原発関連株がぴくぴくしていますが、案外このあたりと関係しているのでは…。元ゴールドマンザックスの会長だった、ポールソン財務長官は、びっくりするくらいの数中国を訪問していますが、一説にはこれから始まる原発建設のファイナンス利権に絡んだ動きとも言われています。本命は、東芝なのでしょうが、今はフラッシュメモリーで足を引っ張られ、ちょっと手がけづらい…。そこで三菱重工業ということでしょうか。勝手なストーリーを自分で組み立てていますが、案外当たっていたりして…。

 こんなストーリーを勝手に作って、相場の方がうまくいき始めたというのも、ファンダメンタルが変わってきた証拠ではないでしょうか。久しぶりに、年末恒例の持ちつき相場があるかもしれませんね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK

スポンサーサイト





プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ