FC2ブログ
大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
06 | 2009/07 | 08
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



昨日の大幅安は「楽観」への戒めか?…製造業の堅調な数字への週明けの反応に注目したい
 おはようございます。
 昨日の米国株は、予想を上回る雇用者数の減少を嫌気し、大幅安でスタートしました。その後、製造業新規受注(5月)など、予想を上回る経済指標が出たものの、今晩から独立記念日の振り替え休日を含む連休に入ることから、売り急ぐ動きが強まり、ほとんど反発らしい動きを見せないまま安値水準で取引を終えています。全般的に見送り気分の強い展開で商いも急減。株価のもたつきから景気の先行きに対する懸念が増幅し始めており、週明けの押し目買いなどの反応が注目されます。

 この日発表された6月の雇用統計で、非農業部門雇用者数は46万7000人の減少。前月の32万2000人減から、減少幅が拡大するとともに、市場予想の36万3000人減も大幅に上回り、5ヶ月ぶりに減少幅が拡大しています。失業率は9.5%へと前月(9.4%)から上昇したものの、市場予想の9.6%は下回っています。サービス部門が前月の10万7000人減から、24万4000人減に拡大したことが響きました。ただ、製造業は前月の15万6000人減から13万6000人減へと縮小しています。

 製造業に関しては、この日、5月の製造業新規受注が発表されていますが、4月の0.5%増から1.2%増へと増加。アナリスト予想の0.8%増も上回りました。コンピューター・関連製品が前月の7.3%減から、14.9%増に拡大するとともに、設備投資の先行指標である非国防資本財が前月の3.5%減から10.0%増となったことが注目されます。

 この日の米国株は、雇用統計の発表を機に景気の先行き懸念が強まり大幅に反落して終わりました。製造業に関する明るい材料も完全に無視された格好です。前日発表のADP全米雇用報告が市場予想を上回る悪化を示したことで、雇用統計の数字が悪いものになることはあらかじめ予想されたことですが、株価が上昇する過程で雇用の改善まで織り込んだことが下げ幅を拡大することになったようです。サービス部門の大幅減少はGM破たんにともなう自動車ディーラーの整理に伴うものなど特殊要因が作用しているものと思われますが、注目すべきは製造業の雇用者減が縮小していること、新規受注が順調に拡大していることです。週明けの相場で、この点が見直されるか、無視して下落を強めるかがポイントになります。

 以前から指摘してきた25日線の下落圧力がついに形になって出てきました。昨日の下落でニューヨーウダウは、13週株価移動平均線(昨日で8380ドル)を下回るとともに、引け値ベースでも6月26日終値8299ドルを下回り(ザラ場ベースでは同25日の8236ドルが安値で、まだ下回っていない…)、ヘッドアンドショルダー(三尊天井)の構成パターンに入りました。まだ、下値に26週線が控えており、大崩れする懸念は薄いのですが、チャートのパターンが天井型をつけたことで、週明け相場の反応が気になります。長期債が、再び、低下傾向を強めており株式市場からの資金流出も懸念されます。週明けの動きから目が離せなくなりそうです。

 2日の米国株
 ニューヨークダウ 8280ドル74セント  -223ドル32セント(2.63%)

 NASDAQ総合指数  1796.52ポイント  -49.20ポイント(2.67%)

 S&P500      896.42ポイント   -26.91ポイント (2.91%)

 CME日経平均先物(ドル建て)  9745円 -145円

             (円建て)  9685円 -205円


 米国株は大幅反落、CME日経平均先物も9600円台の終値で帰ってきました。主要通貨に対しドルが上昇したものの、円のみはドルに対して上昇し95円台後半になっており、今日の日本株は弱含みの展開か?また、円高や米国債券高を受け、今日も債券先物の上昇が予想され、一方で先物が弱含み、裁定解消売りが日経平均を圧迫しそうです。週明け後の米国株の動きが読みにくいことや週末控えから、テーマ株の物色も勢いは弱まりそうで、全般的に手控えの動きになりそうです。GLOBEX米国株先物、為替、米国株安への新興国市場の反応などをみながら、今日も先物に振り回されそうですが、解消売りの規模によっては下落幅が拡大することも…。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK

スポンサーサイト





プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ