FC2ブログ
大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
04 | 2010/05 | 06
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



市場環境の好転を織り込むも、高値圏では中国の引き締め強化を懸念…長大陰線の呪縛が続く
 おはようございます。世界の経済は大きく動いているのに、こんなにゆったりした気分ですごしていても良いのでしょうか。株式レポートも昨日発信しましたので、今日は久しぶりに暇になります。法隆寺界隈でもサイクリングして見ましょうか…。

 さて、ギリシャ問題は、とりあえず山場は越えたようです。日曜日に行われたEU緊急財務相会合で、ギリシャ政府の財政再建策を承認。週内にも各国議会の承認を得て、融資を実施する計画。19日にも期限が来るギリシャ国債85億ユーロの償還に備える体制が出来上がりました。これを受け、ギリシャ国債の金利はやや低下したものの、依然、9%台が持続。為替市場でも、ユーロの対ドル相場が下落するなど、市場は警戒感をゆるめていないようです。

 週明けの米国株は、ゴールドマンザックス(GS)にたいする刑事事件での捜査が伝えられ週末急落した流れを受け、模様眺め気分の強い始まりになりました。ただ、ギリシャ債務問題が小康状態を取り戻したことや、GSの大株主でもある著名投資家ウォーレンバフェット氏が、全面支援を表明したことから市場の気迷い感を払拭。好調な経済指標や企業決算を改めて織り込もうという動きが強まり、上げ幅を拡大しています。ただ、高値圏では、中国の今年3回目の預金準備率引き上げや窓口規制の強化による景気への影響を懸念。午後からは伸び悩み、横ばいの展開になりました。結局、主力3指数とも急落した週末に比べ1%を超える反発で終わりました。ニューヨーク市場の出来高は、前週末比4億株減の11億7771万株。騰落状況は値上がり2360、値下がり696と、ほぼ全面高商状でした。

 この日発表された3月個人所得・支出統計で、個人消費は、プラス0.6%となり、6ヶ月連続して増加しました。ほぼ市場予想通りの結果でしたが、自動車などを含む耐久消費財が大幅な伸びを示したことが貢献しました。一方、個人所得は前月比プラス0.3%。8ヶ月連続の増加になっています。また、個人貯蓄率は2.7%に低下しています。個人が所得の伸びを上回る消費を始めたことを示しており、成長の主役が企業から個人消費に移るなど、景気循環サイクルが好回転を始めたようです。また、同日発表のISM製造業景況指数(4月)は、60.4。前月の59.6から上昇するとともに市場予想の60.0も上回りました。新規受注、生産、雇用、価格など多くの調査項目が前月より上昇しています。ただ、在庫が55.4から49.6に減少しており、再び在庫の積み増しにつながるかどうかが注目されます。

 この日は、バフェット氏の支援発言を受け、GSが続伸したほか、ISM指数の好調を受け建機大手キャタピラーや重電のGEが買われています。また、個人消費の増加を受け、レストラン株やマテルなどの玩具メーカー、スターバックスあど消費関連も買われました。さらに、航空機大手UALとコンチネンタル航空の合併も、M&A関連株の人気を刺激しました。一方、ドルが強含んだことから、素材や資源株は冴えない動きでした。

 ニューヨークダウは、市場環境の落ち着きを受け反発して終わりましたが、週末のGSショックの下落分(158ドル安)を埋めることは出来ませんでした。預金準備率の引き上げや窓口規制の強化を受けた中国本土市場の反応が、万博休日のため計れないことが、頭を重くしているようです。ニューヨークダウは、海外材料と国内の好調な経済指標との綱引きから乱高下を繰り返しています。しかし、すべて、S&Pがギリシャとポルトガルの大幅格下げを実施して急落した先月27日の長大陰線の範囲内の動き…。依然として下方圧力がかかったままに状態です。これに、先週末のGS刑事訴追懸念を嫌気して下げた先週末の長い陰線が加わっています。いまのところ、25日線が下値支持線として機能していますが、早急に長大陰線の呪縛から逃れるような動きがでないと、下方圧力に負け下値調べに移ることも予想されます(下値は限定的ですが…)。もう少し、様子を見てみたいところです。

3日の米国株
ニューヨークダウ  1万1151ドル83セント +142ドル22セント(1.30%)

NASDAQ総合指数   2498.74ポイント +37.55ポイント (1.53%)

S&P500   1202.26ポイント  +15.58ポイント (1.31%)

CME日経平均先物 (ドル建て) 1万1115円  +65円 (4月30日大証終値比)

         (円建て) 1万1100円  +50円  (同)

米国10年もの国債金利  3.7050%  +0.0420%

WTI原油  86.19ドル  +0.04ドル

GOLD  1182.70ドル


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK

スポンサーサイト





プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ