FC2ブログ
大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
04 | 2010/05 | 06
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



結局、週末のSQを意識したデリバティブ業者のご都合相場に戻った…?
 11日火曜日の日経平均株価は、119円60銭安の1万411円10銭、TOPXは12.54ポイント安の932.10と、共に反落して終わりました。出来高概算は27億1300万株、売買代金は1兆9260億円と、ともに前日比で増加しています。また、日経平均サイコロは5勝7敗、騰落レシオは95、RSIは32、25日線かい離はマイナス5.7%でした。今日の終値での25日線は1万1037円で、前日からの下落幅は27円に拡大。下落ピッチをやや早めてきました。

 結局、上昇率を見ていると今回の欧州危機は日本にとっては「対岸の火事」だった、ということでしょうか。もともと、欧米株に比べて下落率も小さかった(米国13%、日経平均10%)ですから、反発もその分小さかった、ということなんでしょう。日本経済にとっては、今日発表される中国の経済指標の方が大事…ということで、数字が発表される前引けにかけだんだん伸び悩んで終わっています。また、この間、片がついたと思っていた欧州のソブリンリスクに関し、危機時にお金を入れてくれるスポンサーは決まったが、肝心の債務国がどうやって借金を返してくれるのかが示されていないじゃないか…。明日はギリシャで大々的なゼネストがあるらしいが、本当に政府が作った赤字の削減計画は実施できるのか…と、市場は再び不信感をあらわにしてきました。このため、ユーロが再び下落したことも、手控え気分を強めさせたようです。

 また、このまま食いついたえさを放り出してなるものかと格付け会社のムーディースがポルトガルの格下げを狙い、ギリシャの国債を投資不適格のジャンク債(クズ債券)にしようとタイミングを狙っています。どうも、この間から、ユーロ安が一服してくると、格下げの話が流れてくるんですが、あれだけ大きく動いたのに、まだ投機筋は食いついたままなんでしょうか。もう、目端の利いたファンドマネージャーだったら、さっさと手仕舞いして、次の投資対象を狙うか、キャッシュに変えていると思うんですが…。何事も、爪をのばすとろくなことはありませんからね。ユーロが下落傾向を強めたことや、昨日の欧米株が上げすぎたことに対する警戒感から、GLOBEX米国株先物が60ドルを越える下落になっていたも、株価の足を引っ張りました。

 今日の朝も、GLOBEX次第では先物の影響が強まり波乱するかも…と書きましたが、やはり、ユーロの下落、GLOBEXの軟化、中国消費者物価の上昇を嫌気して、後場から先物の売り仕掛けが増加。午前中は4万5000枚強しかなかった出来高は、後場、7万枚近くに増加しています。日経平均が急速に軟化したのも、先物売が裁定解消売りを誘発したことの影響が大きいものと思われます。今週末には、オプション取引のSQを控えていますが、4月の清算値1万1146円から遠く離れていることから、損失カバーの動きから、先物を売る動きが強まっているのかも知れません。今日は、オプションの取引価格1万500円を中心に揉み、一時は、上の1万750円を窺う動きもありましたが、結局、弱き筋の攻勢にあい500円を下回って終わりました。今晩の、米国株の相場次第では、さらに下の取引価格1万250円を目処に仕掛ける動きも出てきそうです。

 業績発表の真っ最中ながら、増額修正をしてもサプライズをともなうくらいの変化率がないと市場は反応しないという、力強さに欠ける展開になっています。この意味では、日本株はファンダメンタルよりも、デリバティブ業者の力関係だけで動く無機質な市場になっています。今回の危機をきっかけに、デリバティブの存在そのものや、高速売買に規制をしようという動きが強まっているのに、東証は超高速売買システムを導入したと、誇らしげに言い、新たにデリバティブの品数を増やそうとしています。システム売買を強化すればするほど、相場がファンダメンタルを反映しない無機質なものになっていき、個人投資家が逃げて行っていることに取引所の頭の良い方々は気づかないのでしょうか。それとも、個人投資家が国富を増やす場として証券取引所を使うことより、投機的な行為を規制されて、欧米市場から追い出された金融マフィアみたいな連中のバクチ場として、取引所を整備しておられるんでしょうか…。何故こんな薄っぺらい市場になってしまったか、取引所の関係者は真剣に考える必要があると思うんですが…。

 まあ、文句を言ったって、所詮は負け犬の遠吠えで何も変わるはずはなし…。今日の朝も書きましたように、ニューヨークダウも一見景気良く立ち上がったように見えますが、しっかりと、6日に急落し長大陰線をつけたときの寄り付き付近で伸び悩んで終わっています。ザラ場安値は9787ドルまでありましたから、昨日までに下落幅の3分の2を取り戻した勘定になりますが、まだ不透明感の残ったところで全値返しがあるんでしょうか。所詮はリバウンド相場だと思いますので上げ下げを繰り返しながら、適正な居所を探す動きになるんではないでしょうか。今晩、先週の急落相場についての議会公聴会が開かれますが、その結果によっては超高速取引に制限が加えられる可能性もでてきます。当面は、下値支持の52週線と今後下落に転じることが予想される13週線との間の持ち合い相場に入るのでしょうか。

 また日本株についても、以前から指摘してきた52週線と昨年3月安値と同11月安値を結ぶラインを下値支持とし、下落に転じた75日線との間で持ち合う展開に入りそうです。ニューヨークダウはRSIが30%台という昨年3月安値来の水準から切り替えしたものの、日本株の場合、短期、中期ともに整理の未了感は残ったまま。中期的な出直りには、日経平均週足のサイコロジカルラインやRSIが底値信号を発するまでスタート出来ません。まあ、目先は待つのも相場…とみておくのも良いのではないでしょうか。ただ、5月の安値は、6、7月と続く堅調相場の買い時と見ていますから、期待感をもって待つことが出来ると思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK

スポンサーサイト



買戻しで株式は急伸したが、為替市場は欧州への不信感を引きずったまま
 おはようございます。

 欧州発の金融危機は、まさに地獄の釜の蓋が空きかけたところで、思い切った対策が打たれ、最悪の事態に陥らずに済みました。89兆円という「見せ金」の威力で、市場を黙らせた…という所ですが、折角、危機収束への強い意志を見せ付けたのに、ECBのトリシェ議長は国債の買い入れに踏み切ったことについて「理事全員が賛成だったわけではない」と発言。ドイツ連銀総裁も「国債買い入れは、インフレリスクにつながる。買い入れ額は限定的なものにすべき…」など、市場の期待感に水を差す発言をしています。また、格付け会社ムーディーズが、ポルトガルの信用格付けの引き下げを示唆するなど、危機につながる懸念は残ったまま。また、投機の対象が、アイスランドというアキレス腱を抱えたポンドに向かう動きもあり、危機の火種は残ったままの状態。株式が急反発したことに比べると、ユーロの反発力が鈍いのが気になるところです。

 昨日の米国株は、最大89兆円に達する緊急融資枠を設定するなど、大型の危機対策が実施されることを好感し欧州株が全面高になった流れを受け、5立会日ぶりに急反発してスタート。危機の拡大を懸念して売られていた金融株や景気の減速懸念から下落していたGEやキャタピラーなど景気敏感株が買い戻されたほか、連れ安していたハイテク株も買われるなどほぼ全面高商状になり、一時、高値1万835ドル台まで上昇。ほぼ先週6日の急落時の寄りつき付近まで株価が回復する局面もありました。引けにかけ、伸び悩んだものの、結局、主力3指数とも大幅反発して終わりました。ニューヨーク市場の出来高は前週末に比べ5億5877万株減の18億5574万株。騰落状況は、値上がり2988、値下がり157と、全面高商状になりました。

 この日は、主要な経済指標の発表もないなか、欧州の混乱収拾への取り組みや株価の急反発を好感し、買戻し主体に急伸して始まっています。また、ゴールドマンザックスが航空機製造大手ボーイングの投資判断を引き上げたことや、ファーストフード大手マクドナルドの4月月次売り上げが前年同月比で5%近い伸びになるなど、個別株に好材料が相次いだことも指数の伸びに寄与しています。この日は、政府系住宅金融大手ファニーメイが、第一誌範囲に131億ドルにも達する損失を計上。政府に84億ドルにのぼる支援を求めるという懸念材料があったものの、欧州情勢の沈静化を好感した上げに飲み込まれた格好になりました。

 この日の上げで、欧州危機を懸念して急落した先週6日の下げ分をほぼ埋めるとともに、当面の急所であった今年1月の戻り高値を回復。テクニカル面でもほぼ危機前のトレンドを回復してきた…といえそうです。ただ、3本新値が陽転するなど明確な買いサインが出たわけではないうえ、これまでの株価上昇を支えてきた25日線が下降に転じており、当面、戻りの限界を探る動きに変わりそうです。ザラ場で、1月高値を上回ったことで、ひとつの懸念材料だった「三尊天井」形成への懸念が和らいだことは、昨日の上げの成果…。次は、25日線の回復と共に、下げ渋ったことで抵抗帯を形成している1万1000ドルの壁を突破できるかが焦点…。英国が心配。

10日の米国市場
ニューヨークダウ  1万785ドル14セント +404ドル71セント(3.90%)

NASDAQ総合指数   2374.67ポイント +109.03ポイント (4.81%)

S&P500     1159.73ポイント  +48.35ポイント (4.40%)

CME日経平均先物 (ドル建て)  1万715円  +175円

         (円建て)   1万705円  +165円

米国10年もの国債金利  3.5390%  +0.1100%

WTI原油   76.69ドル +1.69ドル

GOLD     1200.80ドル  -9.60ドル


 欧米株は記録的な反発、CME日経平均先物も1万700円台を回復して帰ってきています。ただ、前段でも懸念したように為替市場では、今回の危機対策への反応が鈍く、現在、国内市場では対ドルが92円台後半、対ユーロも118円台半ばの取引になっており、やや円高傾向が目立っています。海外株高の影響で、続伸してスタートすることが予想されますが、為替相場の動き次第では、先物売から波乱する可能性も残っています。海外に比べ日本株の反発力の弱さが目立ちますが、欧州危機の直接的な影響は少ないものの、景気の支え役になっている中国経済の不透明感があることが、株価の頭を押さえているようです。当面、為替や中国市場の動きに左右される展開か?また、GLOBEX米国株先物もやや軟化しており、今日の日本株は寄り付きは海外株高を好感して堅調なスタートが予想されるものの買い一巡後は、外部環境を見ながら神経質な動きに変わりりそうです。決算発表が続いていますが、市場の反応は鈍く、かなりのサプライズが無いと大きく上昇しない状態が続いています。経営者が下期の業績予想に慎重になっていることが原因か…。まだまだ海外要因次第の相場が続く…。ICT関連の押し目買い。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ