FC2ブログ
大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
04 | 2010/05 | 06
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



日経平均は3連騰…上値は限定的だが、底打ち感の台頭でディーリング相場へ
 週末28日の日経平均株価は123円26銭高の9762円98銭、TOPIXは8.23ポイント高の878.52と、ともに続伸して終わりました。出来高は23億1867万株、売買代金は1兆7762億円と、前日なみの商いを維持しました。また、日経平均サイコロは5勝7敗、騰落レシオは76、RSIは29、25日線かい離はマイナス6%でした。今日の終値での25日線は、1万412円。全何時からの下落幅は46円と、やや緩和したものの、下落は依然続いています。相場は底打ち感を強め、当面、戻りに入りますが、上値目処は25日線になりますので日柄がかかればかかるほど、リバウンド幅は少なくなってきます。

 さて、今日は、中国金融当局や政府系ファンドの責任者が、運用対象としてのユーロ資産を減らすことは無い…と前日のファイナンシャルタイムズ(FT)の記事を全否定したことを好感。先物の買戻しなどから高寄りして始まったものの、GLOBEXの米港株先物が小安く推移していたことや、今日の引けに、TOPIXの銘柄入れ替えにともなう売り圧迫懸念があり、終日見送り気分の強い展開になりました。先物市場でも買い戻し一巡後は、高値を買い上がる動きもなく、終日高値持合の動き。日経平均の値幅は125円幅にとどまっていました。

 まあ、投機筋の徹底したユーロいじめとこれでもか…という円高にさいなまれてきましたから、強気になれ、といっても無理なことでしょう。でも、中味は別にして、今日で日経平均は3連騰。週足は、本体が小幅の陽線で下ヒゲは370近く残しています。昨日は日足が包み足をつけて底型を付け。今日は週足がタクリ足をつけ同様に底型をいれました。まだ、外部環境により、どう変化するか分かりませんが、目先的には底堅い動きが続きそうです。

 ただ、今日の朝も当面の目標値は、2月安値と書きましたが、今日の高値は9824円。2月9日の安値が9867円ですから、これを意識して伸び悩んだ…と言っても良いかもしれません。2月安値の上値抵抗が強くなると、株価はこのゾーンをはさんだもみ合いとなり25日線が接近してくるのを待つ…という展開になるのでしょうか。日本株が、単なるリバウンドから脱し、上げ相場に転じるには、一気に25日日線を上向かせるくらいの買いエネルギーが必要ですが、もし、25日線の下落圧力に負けると、2番底取りの動きに入ることもあるかもしれません。そうなると、指数売買の影響を受ける主力株は動きがつらくなりますから、再び、個人好みの中小型の材料株が買われるということになるが、果たしてどうか。

 騰落レシオが記録的な水準に上りつめたように、大体の銘柄を物色し尽くした状態になっており、はたして、一旦手垢のついたものが、上値を買いあがっていけるものかどうか。結局、納得して上値を買いあがれる好業績見通し株に向かっていくのでしょうか。以前から、書いてきたように、今日は「満月」で相場の変化日に当たっていましたが、どうやら良い方向に転んで終わってきました。6月は、7赤金星月に入りますが、次の変化日は6月12日の「新月」。それまでは、単位勝負でディーリング感覚の売買をするところか…

 それにしても、FT紙の記事は、一体なんだったのでしょうか。経済の分析ではかなり権威のある新聞だと思うのですが、ちょっと理解できないところが多すぎます。以前から、中国元はドルとリンクしており、今回のユーロ安で中国元は実質的にきりあがったのと同じ状態になっており、輸出の面で大きなダメージを受けているとしました。また、欧州銀行が金融収縮を意識。貿易関係の信用状を発行できなくなったことも、直接的なダメージにつながっています。そんなときに、ユーロ資産を売却しユーロをさらに下落させるようなことを、するはずはありません。中国がすかさず否定発言をしたのも、納得がいくはずです。どうも、今回は、格付け会社の発言や格下げのタイミングやマスコミの報道が、投機筋の思惑に沿っているような印象を受けますが、このところ、この神通力が効果を失いつつあるようなきがします。

 シカゴIMM通貨先物市場の直近の取り組みがどのように変化しているか、まずは、このあたりから見ていく飛鳥がありそうです。前回の株式レポートで、「何故5月なのか…」、「何故6月なのか…」と判じ物みたいなテーマを書きましたが、このところの市場の動きを見ると、やはり、何故5月だったのか…、ということが分かるようなきがします。当面、25日線が近づくまで、切った張ったでいくことにしましょうか…。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK

スポンサーサイト



米国株は買戻しで急伸。先行きの見方は分かれる…SOXXの急伸に注目
 おはようございます。

 昨日の米国株は、中国金融当局が英国ファイナンシャルタイムズの中国外貨準備のおける欧州資産比率の見直し報道を完全否定したことを好感し欧州株が全面高になったことや、堅調な経済指標を受けて売られすぎ感が急浮上。買戻しなどから大幅高でスタートしました。ドルが下落したことから、リスク選好が強まり、このところ下落していた資源が上昇したことを受け資源・エネルギー株が上昇、信用収縮を懸念し売られていた金融株も買いなおされ指数を押しあげました。さらに、この日発表された第一四半期のGDP改定値が速報値を下回ったものの、個人消費が堅調だったことを受け、コストコなど消費関連株も買われるなど、この日はほぼ全面高。引けにかけ上げ幅を拡大。結局、主力3指数とも大幅反発して終了。今週の下落分を一気に埋めてきました。ニューヨーク市場の出来高は、前日比5億2273万株減の14億1813万株。騰落状況は、値上がり2879、値下がり221と全面高。ニューヨークダウ採用銘柄30社のうち下落したのは、ジョンソンアンドジョンソン1社だけ、という状態でした。

 この日発表された、新規失業保険申請件数(~22日)は46万件。前週の47万4000件から減少したものの、市場予想の45万5000件は上回りました。トレンドをみる4週移動平均は、45万6600件で前週から2200件の増加。受給者総数(~15日)は460万9000件で前週から4万9000件の減少。市場予想の462万件を下回りました。

 この日は、このところ市場が弱気に傾いていたこともあり、相場の急変を嫌気したシュートポジションの巻き戻しが優勢となりました。この日、ニューヨークダウが急伸したことで、3本新値は陽転。目先強気相場入りしています。ただ、昨日の上昇は出来高をともなっていないため、買戻しが一巡した後の相場を懸念。「下落基調の中の反発局面に過ぎない…」とする見方や、「米国の経済状況からみて、15%もの下落は行き過ぎでは…」と見る関係者もあるなど、先行きの見方については対立しています。欧州情勢に変化が無ければ、25日線へ向けての反発が予想されますが、25日線の下落ピッチが早まっており、当面、20日376ドル安し長大陰線を引いたときの寄り付き、1万400ドル付近での動きが注目されます。このポイントは5月初旬の急落場面でも乱高下を繰り返した需要ポイントでもあり、強弱感が対立しやすくなります。

27日の米国市場
ニューヨーク市場 1万258ドル99セント  +284ドル54セント(2.85%)

NASDAQ総合指数  2277.68ポイント +81.80ポイント (3.73%)

S&P500     1103.06ポイント  +35.11ポイント (3.29%)

CME日経平均先物 (ドル建て) 9790円 +140円

         (円建て) 9785円  +135円

米国10年もの国債金利 3.3568%  +0.1646%

WTI原油 74.86ドル  +3.38ドル

GOLD  1211.50ドル -2.20ドル


 米国株は急反発。CME日経平均先物は大証先物終値を135円上回って帰ってきていますが、海外市場に比べ、上昇率は低くなっています。円相場は、国内に帰り、対ドルで90円台後半、対ユーロで112円台前半の取引と円安気味に推移しており、今日の相場にはプラスに作用しそうです。CME先物の上げ率が低いのは、昨日の上昇で、中国金融当局のユーロ比率見直し否定を織り込んだ…とみているのでしょうか。今日は、欧米株高を評価し、先物の買戻しや買い先行でスタート。米国債が急落した流れを受け、債券先物売り・株先物買いの裁定取引も入りそうで、先物買いが先行すれば、裁定買いが指数を押し上げる動きも予想されます。裁定買い残は1兆8000億円まで減少しており、裁定業者が残の積み増しに動けば、指数だけが突飛高することもありそうです。ただ、指数に振り回されるのは賢明ではなく、昨日の米国でフィラデルフィア半導体株指数(SOXX)が5%を超える上昇になったことにみられるように、米国で始まった移動体通信革命に関連する企業を丹念に拾う作業が大事になるものと思われます。また、今日から日本でもアップルの「i PAD」が発売されることも関連株人気を高めそうです。当面、指数的には、2月安値を上抜いて上に出れるかどうかが焦点…。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ