FC2ブログ
大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
05 | 2010/06 | 07
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -



他力本願で動く日本株。指数は膠着しても、各論は結構にぎやかになってきた
 16日水曜日の日経平均株価は、179円26銭高の1万0067円15銭、TOPIXは13.55ポイント高の892.38と、ともに5日続伸して終わりました。外部環境にらみの展開で見送り気分が強く、出来高は17億2807万株、売買代金は1兆2482億円と、わずかながらボリュームアップしているものの、薄商い状態が続いています。また、日経平均サイコロは7勝5敗、騰落レシオは89、RSIは62、25日線かい離はプラス2.2%になりました。まあ、順風が吹いているという感じでしょうか。今日の終値での25日線は9847円。依然下落基調が続いています。

 日本株は相変わらず、主体性を欠いた展開。今日も、昨日の米国株が急伸したことやCME日経平均先物が1万円大台に乗せて帰ってきたこと。円相場が一時1ユーロ113円台に乗せるなど円安気味に推移したことなどから、先物の買戻しやユーロ安を嫌気して売られてきた輸出株が買い戻されたことから、寄付きから大幅に続伸して始まりました。ただ、立会時間中、GLOBEXなど外部環境が小動きに推移。立会いが再開された上海市場も大きな動きが無かったことから、指数は上値に張り付いた状態fが続き、終日値幅はわずか76円幅にとどまっていました。下落傾向にある52週線が1万240円台にあること、ともに下落している13週線と26週線の差が20円を切り、デッドクロスをつける時期が近いこと、今日で3空になるなど、テクニカル面からの警戒感も強まっているようです。

 ただ、昨日も指摘しましたように、新しい四季報や会社情報が販売され、個人投資家を中心に2012年決算見通しからみて割安なものを物色しようという意欲が強く、今期予想EPS36円、来期45円が予想されるオリジン電気(6513)(5月30日号、6月6日号レポート注目株)やメガチップス(6875)などが値を飛ばしていました。指数銘柄の場合は、どうしても先物売買の影響を受けてしまいますので、当面、指数が堅調に推移する中、小型好業績株が個別に循環物色する展開になりそうです。

 5月のヘッジファンド、6月のミューチャルファンドなどの中間決算にからみ、5月相場と6月前半相場は大荒れとなりました。ただ、彼らの刈り取りも一巡し、ここからしばらくは平穏な状態が続きそうです。投機筋が徹底して、EUの組織的な弱点や加盟国のバブル崩壊による財政事情の悪化を、突いたおかげで、問題国は必死になって赤字解消に取り組み、EUも、ECBの加盟国の国債買い入れや、金融安定化ファンドの創設で組織的なウィークポイントをカバー。当面は、大きな揺れは収まった状態になっています。ただ、不良債権の処理で英米銀行に大きく立ち遅れてしまっていることや、問題国の債務弁済はこれから本格化してくることなどを考えると、また、どこかの時点で投機筋が矛盾をついてくることになるんでしょう。のど元過ぎれば何とやら…で、ラテン系民族のいい加減さが復活して来るのは夏場くらいから…。ヘッジファンドなどの投機筋も11月の本決算をめざし、次の餌食を探すころですから、そのときまでに、英米がヘッジファンド規制やCDSなどデリバティブに関する規制を設けていなかったら、またどこかがひどい目にあうことになります。
 
 まあ、今回のユーロ危機が始まった当時、CDSや債券叩き、格付けの引き下げをセットにして売り叩き、破たんに追い込むやり方は、米国の金融危機で次々と金融機関が経営破たんや、経営統合に追い込まれていったときの危機の増幅の手法と同じだから、甘く見ているととんでもないことになるかもしれない…としましたが、まさに、米国の金融危機と同じで、次から次へと危機が連鎖していきました。単に、企業が国に変わっただけと言う状態でした。CDSなどのデリバティブを使えば、国単位でも危機を増幅できるということが分かりましたから、人為的に危機を演出出来るシステムの連鎖を断ち切るようにしておかないt、再び、投機筋の理不尽な攻撃にあう国や企業が出てくる可能性があります。ドイツは、空売りやCDS売買の禁止に踏みきりましたが、現実にはこの手法はロンドンやウォールストリートでも実行できますので、英国と米国が改善に乗り出さない限り、続くことになります。(こんなおいしい手法を簡単に英米が手放すことは無いと思うんですが…)。

 この意味でも、ヘッジファンドへの銀行からの資金の流入を遮断できるかどうか…米国の金融規制法の中味が注目されます。まあ、今月から来月にかけては、投機筋に痛めつけられた被害者の治癒期間みたいなものでしょうか。ここで頑張っておかないと。気学的にも8月からしばらくは悪い時期が続きます。

 さて、中国のことが、ボロクソに言われ始めました。ついこの間までの賛辞に満ちた表現がウソのようです。人件費が上がるし、元も上昇するので、もはや中国を生産基地としては使えない…というものです。恐らく、金利上昇による景気の減速を気にしているものでしょうが、本当に、金利の引き上げを続けるんでしょうか。先ごろ発表された不動産統計では、相変わらず住宅価格の上昇は続いています。しかし、ちょっと変わったのは、住宅販売戸数が減少していたことです。米国も、2006年1月の段階で住宅販売戸数が頭打ちになっていましたが、住宅価格が上昇していたため、FRBは引き締め策を続けました。結果、引き締め効果が効き過ぎてバブル崩壊につながったわけですが、中国もこのあたりは研究し尽くしているはず。販売戸数が頭打ちになったことは現在の政策を続けていればいずれ価格は下落して来るはず。ここで無理して利上げすると、価格の下落を拡大し、ハードランディングしてしまう危険性がでてきます。こういう事態にならないように、直接的な利上げを行わないで、価格をコントロールする策に出て来るんではないでしょうか。
 
 また、中国から輸出企業が出て行く…という論法もあるようですが、果たして、現在の中国のように原材料の調達や物流、製造インフラが整っている国は他にあるんでしょうか。結局、他の労働コストの安い国に行っても、安い原材料を調達しようとすれば中国から輸入せざるを得ず、コストが高くつくため、中国に戻った企業も多いといいます。結局、賃金の安い内陸部に移るか(現在は沿海部も内陸部も大差がなくなっている)、機械化を進めるしかなくなるわけで、我田引水的になりますが、日本の設備投資関連がメリットを受けることになります。最近の工作機械株の言いの長い相場は、どうもこのあたりを読み始めたのかも知れません。先進国の企業の中で、最後の最後まで儲かるのは、日本の設備投資関連だということを、覚えておく必要があります。とにかく、中国が持っている生産へ向けてのインフラは、他の新興国とは比べ物にならないレベルにあることは確かでしょう。エコノミストの評判が悪くなってきただけに、天邪鬼的に考えてみました。とにかく、インフラ関連…。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK

スポンサーサイト



6月に入り風景が一変してきた米国株…今週末のSQも関係?
 おはようございます。

 昨日の米国株は、ムーディーズのギリシャ国債格下げを受けた欧州株式市場が材料を順調に消化。懸念されたスペインやアイルランドなどの国債入札が順調に推移したことを好感。小幅に上昇して終わったことにくわえ、6月のNY連銀製造業景気指数が前月比でやや上昇したことを受け、景気の上昇基調が確認できたとして、買い物が増加。ユーロが買い戻されたことからドル相場が軟化。これを好感してキャタピラーはボーイングなど対欧輸出比率の高い主力株が買われたことも指数の押し上げに寄与しました。ほぼ終日株価は上昇し、結局、ニューヨークダウとS&P500は大幅反発。NASDAQ総合指数は、大幅続伸して終わりました。ニューヨーク市場の出来高は前日比2409万株増の11億6453万株。騰落状況は値上がり2622、値下がり442と、ほぼ全面高となりました。

 ボーイングは、この日、新型機737の製造を35台に拡大することを発表。モルガンスタンレーが自動車部品大手TRWオートモーティブなどの株ヵ見通しを引き上げるなど、個別の材料面でも支援材料が増加。パソコン生産の拡大を手がかりにマイクロソフトが買いなおされたほか、前日の世界的な半導体需要の拡大見通しを手がかりに、サンディスクなど半導体・同製造装置関連が買われ、SOXX(フィラデルフィア半導体株指数)は5.5%急伸し、NASDAQ総合指数の上昇に寄与しました。

 米国株は、今回のユーロ危機の震源地である欧州市場がギリシャ国債格下げを冷静に受け止めたことを評価。ユーロ相場が最安値からみて。30%以上反発したことから、米国の対欧州向け輸出の交易条件が改善されたことも好感しています。ただ、出来高の増加が少なく、今週末に控えた、オプションなどのSQを意識した買戻しなどが振れ幅を拡大していることもあるのかもしれません。ただ、昨日指摘した、抵抗帯を全て一気に払ってきた動きは強いといえそうです。
次のポイントは先月20日につけた長大陰線のより付き付近。このゾーンには下降している13週線と26週線があり、抵抗力は日足ベースよりも強いかもしれません。ユーロ相場が一応理論価格の1.23ドル台に乗せてきましたが、先物市場の買戻しを誘い、さらに上昇できるかがかぎになりそうです。

15日の米国市場
ニューヨークダウ 1万404ドル77セント +213ドル88セント(2.10%)

NASDAQ総合指数  2305.88ポイント  +61.92ポイント(2.76%)

S&P500  1115.23ポイント +25.60ポイント (2.35%)

CME日経平均先物 (ドル建て)  1万80円 +240円

         (円建て)   1万35円 +195円

米国10年もの国債金利  3.3100%  +0.03500%

WTI原油  76.50ドル  +1.38ドル

GOLD  1234.40ドル  +9.90ドル


 米国株は急伸、CME日経平均先物も1万円の大台に乗せて帰ってきました。円相場は対ドルで91円台半ば、対ユーロは112円60銭台と対ユーロでの円安が進んでおり、相場的には強いフォローの風が吹いています。ドルが軟化したことから、これまで低迷していた銅などの資源価格が一斉に反発しており、今日は資源株を含めて幅広い銘柄が物色されることになりそうです。aディフェンシブ系銘柄を除き全面高が予想されるものの、このコーナーで一貫して主張してきた通信基地のインフラ整備問題が今日の日経一面で取り上げられてきました。関連株の動きが注目されます。また、ドル安により海運市況の好転も予想され、今日は海運株も物色されそうです。やはり、6月に入って相場の状況は様変わりになって来ましたね。直近の上値抵抗線の52週線は1万250円付近。再び上昇に転じていますので、案外もうひとつ上の抵抗線までいくのかも…?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ