FC2ブログ
大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
06 | 2010/07 | 08
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



続伸して終わったが、上値は先物筋の売りで抑えられ重い動き…気になるのは海外情勢
 週明け26日の日経平均株価は、72円66銭高の9503円66銭、TOPIXは4.59ポイント高の845.88と、ともに続伸して終わりました。海外市場の情勢を見極めたいとのムードが強く、出来高概算は13億213万株、売買代金は1兆円割れの9492億円と、超閑散商いになりました。また、日経平均サイコロは5勝7敗、騰落レシオは78、RSIは57、25日線かい離はマイナス0.5%でした。今日の終値での25日線は9547円。週末から20円の低下ですが、今日の日経平均の高値は9561円ですから、今日の相場は25日線の下落圧力にしっかり負けて終わっていることが分かります。

 今日は、米国株が続伸、CME日経平均先物が9505円と9500円の大台乗せで終わっていたことを好感。国内での円相場が、対ドル、対ユーロとも軟化して始まったことも支援材料となり、先物や欧州関連株の買戻しなどから高よりしてスタートしました。ただ、中国上海市場の動きがさえなかったことや、日経平均が25日線に届いたところで動きが鈍ったことから、先物売が優勢となり、上げ幅を圧縮。9500円を回復して終わったものの、引け味の悪い終わり方になりました。先物筋は、週末のCME先物終値9505円を意識して取引しており、これ以上は行き過ぎtろみて売り姿勢を強めたようです。為替相場で、時間の経過と共に円相場が下げ渋ったことも嫌気されたようです。

 日本でも決算発表が始まりましたが、投資家の関心は、EUの銀行ストレステストへの欧米市場の反応を見たい…、米国の住宅指標の中味を見たい…、今晩の米国市場は…などにあり、相変わらず見送るための材料探しをやっています。ただ、直近のレポートでも指摘しましたように(会員の皆様は、必ず今回のレポートはお読みください)、米国市場で大きな変化が起きています。詳しくは、後日に譲りますが、先週23日段階でのニューヨークダウのPERは14.5倍。一年先のEPSを基にしたPERは12.59倍と、一年先のEPSは現在より拡大することが、分かっており現在の株価に割安感が出ていることが分かります。また、ストレステストの結果を受け、ユーロが強含み、1ユーロ1.29台に上げてきています。以前にも買いましたように、現在の米国株はドル安=株高の構図になっていますから、ユーロの状況が変化したとしたら、4月初旬以降続いてきたドル高、株安の流れにも変化が出てくるのでは無いでしょうか。7月初旬からの米国株ので直りについて、年金基金のポートフォリオ構築にからむアノマリーを指摘する向きもありますが、今回米国で起きた変化は、それ以上のもの。もしかしたら、バーナンキFRB議長が一番待ち望んでいたことかもしれません。

 まあ、とにかく、状況は大きく変わろうとしています。何時までも弱気の材料ばかり探しまくったり、海外の投機筋が流す日本経済の衰退論(馬鹿なマスコミがすぐに追随して記事を大げさに扱う)などに踊らされないようにすることが大事になるでしょう。今回の日本企業の決算を見ていると、日本の優秀な経営者たちが、マスコミが流しているような無能ぶりとは別の、したたかな経営をしていることが分かるはずです。この4~6月期は、ユーロ危機で円が一番上昇した時期に当たります。その厳しい環境下で、日本の経営者がどんな成果を残してきたか…。表面上の数字ではなく、為替予約、海外生産基地の活用、原材料仕入れ手法のシフトなど、努力の跡を見ることが大事です。マスコミが書きたてるように、決して円高に押しつぶされるような経営はしていないことが分かるはずです。

 今日の相場も結局は先物筋に良いようにリードされた相場。そして、日本の投資家の弱気の姿勢が目立ったいつも通りの相場…。債券先物が高かったようですから、見返りに株の先物を売り、それが裁定解消売りをよび上げ幅を圧縮した面もあるようです。まったく、いつまで、こんな馬鹿な相場が続くんでしょうか。そのうち、世界の株価が上がっても日本株だけは上がらない…なんて馬鹿な話が流れて、マスコミが書きたてることになるんでしょう。きょうは、あまりくどくどと書くつもりはありません。 まあ、会員のかたは必ず今回のレポートは読むようにしてください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK

スポンサーサイト





プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ