FC2ブログ
大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
11 | 2010/12 | 01
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



多くの市場が膠着し、米国株も小動きに推移…景気敏感株が強く、債券市場の行方がポイント
 おはようございます。

 17日の米国市場動向
 ニューヨークダウ  1万1491ドル91セント -7ドル14セント(0.06%)

 NASDAQ総合指数  2642.97ポイント  +5.66ポイント(0.21%)

 S&P500  1243.91ポイント +1.04ポイント (0.08%)

 CME日経平均先物(ドル建て) 1万350円  +60円

          (円建て)  1万300円  +10円

 米国10年もの国債金利   3.332%  -0.102%

 WTI原油  88.02ドル  +0.32ドル

 GOLD  1379.2ドル  +8.20ドル

 ドルインデックス  80.35 +0.17


 昨日の米国株は、昨日高値を更新したことから、本格的なクリスマス休暇入りを前に利食い売りが増加。アイルランドの5段階格下げの影響も残り、軟調にスタートしました。この日は、先物、オプションなどの決済に絡むメジャーSQだったため、全般的に見送り気分が強く、ニューヨークダウは終日マイナス圏で推移しました。一時、コンファレンスボード景気先行指数が過去最高水準に上昇するなど好調な景気指標や、上下両院で合意したブッシュ減税や失業給付延長などの法案に大統領が署名したことから景気の下支え要因になるとして、前日引け値付近まで上昇する場面もありましたが、結局、下落分を埋めきれず、ニューヨークダウは小反落して終わりました。ただ、採用銘柄に好業績予想や格上げが多かったNASDAQ総合指数とS&P500は続伸して終わっています。ニューヨーク市場の出来高は、クアドルプルウィッチングの影響で前日比10億1838万株増の20億2498万株。騰落状況は、値上がり1678、値下がり1335でした。

 この日業種別値上がり上位は、ビジネス支援、鉄鋼、非鉄、産業素材など景気敏感型が多く、これにレジャー用品やハイテク株、証券、住宅関連なども堅調に推移しました。一方、値下がりでは、タイヤ、運輸、消費者金融、生活必需品などがげらく上位。ヘルスケア、エネルギー、医薬などもさえませんでした。個別では、前日に続きFRBがデッドカード手数料への規制強化案を検討しているとして、ビザカード、マスターカード、アメリカンエクスプレスなどカード大手の動きが冴えませんでした。一方、半導体製造装置のアプライドマテリアル、の投資判断格上げやオラクルやリサーチインモーションの業績が市場予想を上回りそうとの観測から上昇するなど、この日はハイテク関連に好材料が多く、中小型株中心に上昇するものが増えました。債券市場で金利が急落したことも大型株の動きを鈍らしたようです。

 ニューヨークダウは、欧州情勢の落ち着きやドルの安定を好感してじり高歩調にあります。バーナンキFRB議長のQE2に加え、ブッシュ減税の延長が決まったことから、財政、金融両面からの景気刺激が期待できることが協調相場の背景になっています。ただ、この日の、ニューヨークダウの終日値幅が52ドルにとどまるなど小動きに終始。すでに運用者にはクリスマス休暇に入っているものも多く参加者が減少しているようです。昨日、メジャーSQが終わったことで、本格的な休暇に入るマネージャーも多く、来週からはさらに膠着色を強めてきそうです。まあ、しばらくは日本の国内要因でどたばたする動きになりそうです。米国株については、次回レポートで解説します。

 米国株は高安まちまち。CME 日経平均先物は、大証終値を10円上回る1万300円で帰ってきました。円相場は、ニューヨーク外為市場で、金利情勢に反応して83円80銭台から84円50銭台まで振り回されたものの、最終的な金利低下を受けて上昇。83円94銭の終値となっています。年末にかけては輸出企業のドル取りれ需要が高まりそうですが、海外勢の影響力低下から、前週の地合を引き継ぎ、ファンダメンタルよりも株価の動きを飼う相場になりそうです。ただ、米国の金利上昇が一時的なものかどうか、国民の人気取りと政治体制維持に汲々としている中国の情勢など、現実はもっと厳しい変化が始まっているのですが…。

 ※ 現在新規会員を募集中です。以前から儲けるのは11月、12月、1月は流して2月に備えましょう…と書いてきましたが、大事なのは低迷期にどう対処するか…。11月に上昇するなら低迷期の9月、10月の対処がもっとも大事。9月後半、10月に業績重視で取り上げた注目株は過半が仕上がりましたが、いまだに上昇中のものも多くあります。このブログでも12月相場は投資資金を半分に絞るように書いてきたと思います。来週からは株価を買う相場に入りますし、年初は、為替、金利が一番変化しやすい月でもあります。関心がおありの方は右のメールフォームからお問い合わせください。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK

スポンサーサイト





プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ