FC2ブログ
大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
11 | 2010/12 | 01
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



海外要因に振り回され続落…餅代稼ぎ相場は小型株市場で継続中
 お疲れ様でした。

 20日月曜日の日本株動向
 日経平均株価: 1万216円41銭 -87円42銭   日経平均先物:1万230円

 TOPIX :898.55ポイント -4.59ポイント  騰落状況:値上がり446 値下がり1102 

 出来高概算:17億906万株    売買代金: 1兆1713億円

 日経平均サイコロ:6勝6敗  騰落レシオ:146   RSI:69

 25日線かい離:+1.0%   日経平均25日線:1万117円(前日比20円上昇)


 今日の日本株は、週末の米国株式市場が高安まちまちに終わっていたほか、一時、円相場が82円台をつけるなどしたことから警戒感を強めて始まりました。また、この日予定されていた韓国延坪島での韓国軍の演習とそれに対する北朝鮮軍の対応など地政学要因の高まり、政治倫理審議会への出席をめぐっての「小沢・菅」会談の行方を見たいというムードから見送り気分の強い展開で始まりました。手がかり材料難から前場中は小動きに推移していたものの、前場終了後、中国上海市場が3%近く急落したことを受け、先物売りが増加。解消売りなどから後場にかけて日経平均は下落幅を拡大。一時、1万200円の大台を割り込むところまで売り込まれました。ただ、朝鮮半島情勢に変化が無かったことや、中国上海市場が引けに書け下落幅を圧縮したことなどを好感し、やや反発したものの、押し目買い意欲は弱く、下落幅を埋めるにはいたらず、週末に続き、続落して終わりました。日経平均の3本新値はこの日陰転。目先的な弱気相場入りしています。

 この日は、新興市場株が続伸、一部の値上がり上位にも省エネ型の小型株の値上がりが目立ち、個人主導の相場が続いています。また、朝鮮半島の緊張を受けて機雷の石川製作所や銃器の豊和工業が買われるなど、個人の旺盛な物色意欲を示しています。ただ、個別に食い散らかすという感じで、出来高と値幅が伴っていないものが多くなっています。実質的なクリスマス休暇に入り海外投資家の動きが鈍ったことから、方向感のつかめない展開で、全33業種のうち、値上がりしたのは食料、その他サービス、ゴム製品の3業種のみ…と言う状態でした。昨日銘柄チェックしてみましたが、週足で長い上影を残して終わってるものが多く、さっさと仕掛けて、ちょうちんが付いたらさっさと売り物をぶつけて逃げる…というような物が多くなっていますので、安易な飛び乗りは注意したほうがよさそうです。まあ、毎年の年末恒例のことではありますが…。

 さて、上海市場が再び波乱含みになりました。先月末近くにも、突然、短期金利が上昇しこれが原因となり裁定解消売りが大量に出て値を崩したということがありました。今回も、不動産価格や物価の抑制を目的に窓口規制が強化されており、資金需要期に入ってくると、簡単に金利が上昇する…という動きが出来上がっているようです。「人件費上げろ…」運動で、給与水準はずいぶん引きあがっていますが、余裕ができた分はさっさと銀行に預ける…、しかし、預金準備率の引き上げで増えた預金分は、どんどん中国人民銀行に持っていかねばならない。月末の資金需要期になっただけで、短期金利が跳ね上がるとは、中国の引き締めも結構なものになっているようです。また、このところ、欧州からの売り物も増加しているといいますが、それ以上に、裁定解消売りがこれだけの影響を持つようになったことの方が驚きです。いつか、日本のように先物で、中国経済も支配されてしまうんでしょうか。まあ、来年なれば、不動産や住宅の状況は政府の応急措置で落ち着きを取り戻してくるでしょうから、当面は
、食品会社や食品原会社に鳴いてもらって物価の抑え込みにかかるんでしょう。製造原価は上がるは、販売価格は抑えられるはでは、企業はたまったものではありませんが、独裁国家中国なら起こりうること…。大変ですね。

 さて、最近のブログでも警戒を強めた表現をしてきましたが、昨日発想したレポートでも日経平均の日足と週足を併記し、何故危ないかについて説明して置きました。投資資金についても、目先に乗るなら、3分の1までとさらに絞るように書いておきましたが、やはり、一服商状になってきましたね。下落の目処についても、レポートで解説していますので、会員の方はそちらを参考にしてください。新規入会されたのに、いきなり弱気を書かれて、「あれ」と思っている人もいるかも知れませんが、以前から、12月、1月相場は流して2月に勝負をかける…と書いてきたはずです。これから、内容を吟味すると書いた所まで上がっていましたが、まだテクニカル的には少し早いので、もうちょっと辛抱していただけるとありがたいのですが…。まあ、他の、WEB関連やスマートグリッドか関連もしっかりしているので、相場の地合の割には頑張ったといえそうです。ただ、12月、1月は流す…といっても何もしないわけではありませんよ。相場が出来上がりそうなものはせめていきますし、2月に向けてうす商いの中で注目することもしていきます。最近では、イーグル工業が大きく上げましたが、注目し始めたころの出来高を思い出してみてください。

 まあ、米国株もクリスマス休暇に入り大した動きはできないでしょうが、金利と為替の方向性だけは確認して追いたいですね。まあ、今週は、最近の注目株の押し目を待つことにした方がよさそうです。やっぱり、三本新値が陰転したか…。
 ※ 現在新規会員を募集中です。以前から儲けるのは11月、12月、1月は流して2月に備えましょう…と書いてきましたが、大事なのは低迷期にどう対処するか…。11月に上昇するなら低迷期の9月、10月の対処がもっとも大事。9月後半、10月に業績重視で取り上げた注目株は過半が仕上がりましたが、いまだに上昇中のものも多くあります。このブログでも12月相場は投資資金を半分に絞るように書いてきたと思います。来週からは株価を買う相場に入りますし、年初は、為替、金利が一番変化しやすい月でもあります。関心がおありの方は右のメールフォームからお問い合わせください。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK

スポンサーサイト





プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ