FC2ブログ
大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
04 | 2011/05 | 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



欧州金融情勢の悪化、アジア株安、GLOBEX市場の波乱…耐え切れず日経平均は9500円割れ
 23日の日本株動向

 日経平均終値:9460円63銭  -146円45銭   日経平均先物終値:9460円

 TOPIX終値:817.68ポイント  -10.09ポイント  騰落状況:値上がり363、値下がり1202

 出来高概算:18億2729万株      売買代金:1兆2415億円

 日経平均サイコロ:4勝8敗   騰落レシオ:83.8  RSI:40

 25日線かい離:-2.2%     日経平均25日移動平均線:9673円(前週末比3円下落)


 本日の日本株は、週末の米国株が欧州金融情勢の悪化から反落して終わり、CME日経平均先物も大証先物終値を90円下回る9530円で終わっていたことから、売り先行でスタート。日経平均先物は、CME終値にサヤ寄せする格好で9540円と安寄りしてきました。それにともない裁定解消売りもでてソフトバンクなど日経平均寄与率の大きい銘柄が下落。現物も9547円と前週末を60円下回って寄り付いました。
 欧州では、ギリシャ国債の格下げ、ノルウェーのギリシャ向け支援負担金の支払い中止、イタリアの格付け見通しの「安定的」から「ネガティブ」への引き下げ、スペイン地方選で与党が大敗。隠れ債務が表面化する可能性が高まったほか、ドイツ連銀が先行きの景気見通しに慎重姿勢を示す…など、休日中に悪材料が続出。これを受け、週明けの為替市場でユーロが急落。ドルが上昇したことから、GLOBEX夜間取引市場で原油と米国株が急落していtことも、売り物を誘い、寄り後すぐに、心理的な節値とみられていた9500円を割り込んでいます。その後、アジア市場がいずれも下落幅を拡大したことから、先物市場でも断続的な売りが入り、日経平均は、一時、170円近く下落。外部環境の悪化から、下値を積極的に買う動きもなく、終日安値圏で推移し、結局、最近の安値を更新。4月19日以来の9400円台で終わってきました。

 この日は、先週のゴールドマンザックスの日本株の投資判断下げに続き、中国の建機需要に頭打ち感がみられるとして、コマツや日立建機などの目標株価が引き下げられたことを嫌気。機械株が大幅安したほか、二次補正の行方が不透明になり建設株も下落。世界鉄鋼生産の減少を受け鉄鋼株も売られるなど、ディフェンシブ系の医薬品を除く、32業種全てが売られました。個別では、菅首相がG8用パフォーマンスとして用意した新築ビルへの太陽光発電設備設置の義務化案を受け、サニックスや高島、三晃金属など関連株が上昇。村田製作所が持ち株を増やすとされた東京電波工業があげるなど、軽量級の材料株の上げが目立ちました。一方、1兆2500億円を超える赤字決算を発表した東京電力が9%近く下落。中国経済の減速懸念を受け、建機や工作機械株が売られるなど、下落上位に主力株が目立ち、値上がり銘柄と好対照になっていました。

 まあ、今日の動きは予想されていたものの、いともあっさり9500円を割り込んでしまいました。先物の手口を見ると、例の欧州系証券が引き続き売っていたものの、約1650枚と積極的に売り崩すという感じではありませんでした。先週、日本株を弱気したレポートを出したゴールドマンザックスは約2400枚の売りと、こちらの方が売り枚数では多くなっています。どうしても、日銀のETF買いや、先行きの復興需要の支援材料があり、外部環境だけで売り仕掛けをするのはリスクが高いとでもかんがえているんでしょうか…。まあ、あなた任せですから、実際のところは動いてくるまで分からないということ…。

 それにしても、ゴールドマンザックスは、片方で日本株の売りレポートを出し、片方では、6月の初旬、内外から数百名規模の機関投資家を集め、日本株をプレゼンするセミナーをやるということですから、一体、何が本当のことやら…。以前から、自らが、大量の売りポジションを持ちながら、他の証券会社が買い推奨している指数寄与度の高いインデックス採用銘柄を同時に複数銘柄格下げするなど、自己のポジションを有利にするような動きをすることがあります。それに対し、当局は何の疑問ももちません。明らかに仕掛けられた3月15日の急落についても、検証委員会を設けようという動きもありません。

 まあ、政府が政府なら、監督当局も同じ。手数料さえ落としてくれれば、何をしても良いよ…ということですかね。その見返りが、個人投資家の株取引の撤退ですから、差し引きしたら何が残るのでしょうか。世界の鼻つまみの質の悪い投資家が集まり、騙しあいや詐欺的な行為で儲ける、世界で鼻つまみの証券市場が残るだけでしょう。震災で旧態依然とした日本は変わる…という期待論が多いようですが、利権を持つ既得権者たちが、果たして利権を手放してまで、日本を変えようとするものでしょうか…?すでに、被災地の復興で、依然と違う形にしたら補助金を支給しないとか、漁港を集約して効率的な港にしようと、地元が考えると、もとのままに復興させ、干渉する場所を確保しようとする所轄官庁の反対があるなど、なんとか、体制を維持しようという守旧派の動きが始まっています。明治維新のときに、薩長は徳川幕府との戦いにこだわった…といわれましたが、血を流し旧体制を打ち壊さないと新しい時代は来ないと考えた気持ちが分かります。

 もっとも、今の日本で、そんなことが起きようものなら、公安警察は出てくるは…、自衛隊は来るは…、最後には、このときのために駐留していた…として、宗主国が登場し、徹底的に鎮圧されることになるんでしょう。この国は、本当に変われるのでしょうか。寄生虫だらけのまま、衰退していきそうな気がしないでもありません。

 まあ、以前から5月相場は「ダメ」としてきましたから、意外性はありません。当面の相場状況は、昨日送信したレポートに書いていますので、しばらくが我慢の相場が続きます。ただ、個別の動きは、全体が大きく崩れない限り、好材料を持つものはエスカレーター型の上げ相場になるとしました。直近号の注目株も高値引けしたり、続伸、変わらずで終わったものの方が多かったようです。
 ただ、GLOBEX夜間取引市場で、下ニュは2.6ドル近く下げ、株の方も一時120ドル近く下げるなど、ちょっとヤバイ状態になっています。まさに、内憂外患の状態…。まあ、菅さんの辞任が今の株式市場最大のポジティブサプライズというのも情けない話…。以前から書いているように、今は日柄整理の段階。レポートで書いた日柄が満ちた時が勝負…。週のRSIは30に低下、日足べーすも、やっと足並みをそろえて下落してきました。ここから、一番信用できないのは「自分」。数字、数字、数字…。
※新規会員募集中。関心のある方はレポート案内を見るか、メールフォームにて直接お問い合わせください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK

スポンサーサイト





プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ