FC2ブログ
大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
04 | 2011/05 | 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



海外株高にもかかわらず、円高、債券高から先物売が増加し、反落して終了
 27日金曜日の日本株動向

 日経平均株価終値:9521円94銭  -40円11銭   日経平均先物終値:9530円

 TOPIX終値:824.90ポイント -2.19ポイント  騰落状況:値上がり544、値下がり956

 出来高概算:15億1219万株     売買代金:1兆558億円

 日経平均サイコロ:4勝8敗  騰落レシオ:82  RSI:35

 25日線かい離:-1.4%    日経平均25日移動平均線:9654円(前日比2円下落)


 本日の日本株は、米国株が続伸して帰ってきたものの、週末にともなう手仕舞い売りや先物売りが増加し、反落して終わりました。
 昨日は米国長期金利が締まったことから、「債券先物売り・株先物買い」の裁定取引が増加。先物買いが先行したことから、現物との裁定買いが入り、指数採用銘柄が上昇しました。ところが、本日は、冴えない景気指標を受け米国の長期金利が急低下したことから、昨日とは反対の相場環境になり、「債券先物買い・株先物売り」の裁定取引が寄付きから入り、昨日とは一変。裁定解消売りが入り、昨日上昇した指数採用銘柄は下落。日経平均は、寄り付き直後、この日の安値9493円をつけています。その後は、海外商品市況高を受けた資源株や素材株の上昇に支えられて株価も上昇に転換。英国経済誌が、世界銀行(BIS)が自己資本規制を見直す可能瀬があると報じたことから、銀行株が上昇。TOPIX型の裁定取引が入ったことから、内需系大型株が上昇。TOPIXにリードされる格好で、日経平均は前日比でプラスに転換。一時、高値9588円をつけ、9600円大台に接近する場面もありました。ただ、週末控えであることや、週明け30日がメモリアルデーのため米国市場が休場になることから、手仕舞い売りやヘッジの売りも増加。結局、反落して終わっています。

 業種別では、鉱業や石油・石炭など資源株が上げたほか、自己資本見直しやTOPIX型裁定が入ったことから、その他金融、保険、証券など内需系大型株中心に11業種が上昇。一方、世界的な景況感の悪化を映し、海運や陸運、小売りなど景気敏感株などが売られ、22業種が下落しています。個別では、情報漏洩問題を手がかりに情報管理をおこなう、アイティフォーが買われたほか、菅首相がG8用パフォーマンス材料として打ち上げた「サンライズ」関連として、太陽電池パネルの取り付け工事を行う三晃金属工業など関連株が買われていました。また、クラウドコンピューターサービスの契約数の増加期待から、このブログでも注目したネットワンが急伸したほか、ディーリング感覚で超低位株が物色されたものの、休日控えであることから、広がりはなく、商いは盛り上がりませんでした。

 今週は、4月19日安値9405円を切る寸前まで売り込まれましたが、何とか踏みとどまり、震災後の急落相場からの上げトレンド(下値、上値を切り上げる…)を維持して終わりました。週足では3週連続陰線となったものの、週足サイコロは6勝6敗と整理未了感は残ったまま…。週足RSIは30に低下。昨年7月安値時の26に接近しているものの、こちらもまだ、決め手を欠く状態が続いています。このところ、米国では景況感の悪化、欧州では、債務国問題が悪化。スイスフランとともに、安全通貨としての円の見直しが始まっており、今日の相場のように円高が足を引っ張る動きが出始めたことには警戒が必要です。

 来週は月、月末に、MSCI世界株価指数の銘柄入れ替え(日本株の新規採用はなし)にともない、950億円以上の売り要因が控えており、今晩の円相場や、CME市場の日本株先物の動き次第では、来月10日のメジャーSQを展望した売り崩しの動きがでることもあるかもしれません。米国では、メモリアルデーを境に、夏休みをとるファンドマネージャーも多いと言い、ポジション調整の動きも予想されます。以前から、書いているように、震災後の急落時の長大陰線の中を動いている間は、下向きの圧力を受け続ける…。抜けるには好材料が必要だが、どうしようもない菅政権が居座る間は悪材料しか出てこない。結局、頼りになるのは海外だけ。その海外では、変化の兆しもでてきました。レポート今週号で解説します。

 レポート直近号の、IDEC、JUKI、ユナイテッアローズなど、今週も堅調。今日は、ユナイテッドアロウズが年初来高値を更新してきました。
※新規会員を募集しています。関心のある方は、レポート案内をみるか、メールフォームにて、直接、お問い合わせください

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK

スポンサーサイト



予想を下回る景気指標への「失望感」と企業業績への「期待感」が綱引き…小幅続伸へ
 おはようございます。

 26日の米国市場動向
 ニューヨークダウ  1万2402ドル76セント +8ドル10セント(0.07%)

 NASDAQ総合指数  2782.92ポイント  +21.54ポイント(0.78%)

 S&P500  1325.69ポイント  +5.22ポイント(0.40%)

 CME日経平均先物(円建て) 9550円  変わらず

 米国10年もの国債金利  3.059%  -0.07%

 ニューヨーク原油  100,23ドル  -1.09ドル

 GOLD  1522.8ドル  -3.90ドル

 ドルインデックス 75.58  -0.35


 昨日の米国株は、朝方発表された第1四半期のGDP改定値が市場予想を下回ったことや、新規失業保険申請件数が7週連続して好不調の境とされる40万件を上回ったことから、景気の先行きへの警戒感が台頭。反落してのスタートになりました。GDPの足を引っ張った住宅関連や個人消費関連などが売られ、ニューヨークダウは、一時、80ドル近く下落。1万2317ドルとこの日の安値をつけています。ただ、この日発表されたブランド装飾品大手ティファニーの決算が売上、利益とも市場予想を上回る好調なものだったことから、市場に安心感が戻り、買いが増加。コンピューター外部記憶装置大手のネットスケープが好調な決算を背景に急伸したことや、著名投資家が割安感を指摘したマイクロソフトが上げたことなども好感され、企業業績への期待感が増幅。午後にかけじり高し、ニューヨークダウは前日比プラス圏に浮上しました。この日行われた7年債入札が予想を上回る好調なものだったことで長期金利が低下したことも、買い安心感に繋がりました。引けにかけ、利食い売りに上げ幅を縮めたものの、結局、主力3指数とも続伸して終わっています。ニューヨーク市場の出来高は、前日比1億201万株減の8億6100万株。騰落状況は、値上がり2154、値下がり846でした。

 業種別で上昇したのは、ホテル、装飾品、住宅建設、石炭、タイヤなど。不動産、テクノロジー・ハード機器、アパレルなども堅調でした。一方、原油価格の高止まりを嫌気し航空会社が下落トップになったほか、海運やパイプライン運営、住宅リフォーム、軍需関連が冴えない動きでした。個別では、予想を上回る業績を手がかりに、この日の相場の立ち直りをリードしたティファニーが8%を超える上昇になったほか、マイクロソフトも2%上昇。前日、政府持ち株の売出しを嫌気して大幅安していたAIGは、この日1.4%戻していました。

 二ユーヨークダウは、小幅に続伸して終わりました。商品関連の伸び悩みから上昇率はNASDAQ総合指数を下回っています。このところ、50日移動平均線を中心にしたもみ合い商状になっていますが、50日線を上値抵抗にする頭の重い動きが続いており、引き続き、100日線への下落リスクは残ったままの状態です。50日線は対応点の状況からみて、当分上昇が続くことから、上値圧迫は強くありませんが、早期に平均線上に復帰しないと、売り圧迫が強まることになりそうです。来週にかけ雇用関係の数字が増加してきますが、新規失業保険申請件数や他の景気指標の雇用関連数字などで踊り場を迎えた感じがあり、雇用統計への影響が懸念されます。やや手がかり材料難になっていることも懸念材料…。

 米国株は続伸。CME日経平均先物は、昨日の大証先物終値9550円と変わらずで帰って着ました。為替市場では、中国がポルトガル救済債券を引き受けるのでは…との観測や、米国景気指標の悪化からユーロが上昇しています。ただ、EU債務国問題の根は深く、ユーロがスイスフランに対し安値を更新したことから、対円でもユーロ安が進行。1ユーロ114円台に上昇しています。また、冴えない景気指標や好調な国債入札を受け、長期金利が低下したことから、対ドルで円が上昇。81円30銭台で終了しています。国内に帰ってからは、対ドルで81円20銭台、対ユーロで114円80銭台と、円高が進行しています。本日の日本株は、円高に加え、米国長期金利の低下が、昨日売られていた債券先物の買い戻しにつながることから、株先物の売りが増加。裁定解消売りも予想されることから冴えない展開になりそうです。ただ、週末を控え、ポジション調整の動きもあることから、一時的に軟化しても、後場には買戻しが入るなど、膠着感を強めた展開か…。引き続き、中小型成長株のいエスカレーター相場が継続。
※新規会員募集中。関心のある方はレポート案内を見るか、メールフォームにて、直接、お問い合わせください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ