FC2ブログ
大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
06 | 2011/07 | 08
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -



サプライズ第二弾を受け5日続伸…ビンラディン殺害天井から70%回復
 おはようございます。 シカゴPMI指数がサプライズをもたらしたように、この日のISM製造業景況指数(6月)も市場予想を上回り、連続サプライズとなり指数を押し上げました。でも、中味をみると、かなり状況は違っているようです。米国株の上昇は独立記念日へ向けて、景気付けの「打ち上げ花火」になりましたが、お祭り気分が醒めて、指数の中味を精査したら…。

 1日の米国市場動向
 ニューヨークダウ  1万2582ドル77セント +168ドル43セント(1.43%)

 NASDAQ総合指数  2816.03ポイント +42.51ポイント(1.53%)

 S&P500  1339.57ポイント +19.03ポイント(1.44%)

 CME日経平均先物(円建て) 9985円  +135円

 米国10年もの国債金利  3.182%  +0.013%

 ニューヨーク原油  94.94ドル  -0.48ドル 

 GOLD  1482.6ドル  -20.2ドル

 ドルインデックス  74.30  -0.13


 昨日の米国株は、ギリシャ情勢が落ち着きを取り戻したことを好感し、欧州主要市場が全面高になったことを受け、堅調にスタートしました。朝方発表されたミシガン大消費者信頼感指数確報値が下方修正されたことから、一時、前日終値水準を割り込む場面がありました。しかし。ISM製造業景況指数(6月)が発表され、前月水準、市場予想をともに上回る水準になったことが分かると、一気に買い気が盛り上がり、ニューヨークダウは1万2550ドル台に急伸。その後も買いが続き、引けにかけ上げ幅を拡大。ニューヨークダウは引け近くに、この日の高値1万2596ドルをつけていました。ほぼ終日上げ歩調をたどり、結局、主力3指数とも5日続伸して終わりました。ただ、3連休を控えていることから、ニューヨーク市場の出来高は前日比1億3139万株減の8億6251万株と、商い面では盛り上がりを欠きました。騰落状況は、値上がり2465、値下がり519でした。

 業種別で値上がりしたのは、ホテル、ギャンブル、家電、飲料、レジャーサービスなどが上位。金融、証券、ネット関連も堅調でした。一方、下落したのは、金価格の下落を映し、産金株、貴金属が下落率トップ。重工業、タバコ、ソフトウェアなどが冴えませんでした。個別では、景気敏感のアルコアが2.8%、キャタピラーが2%それぞれ上昇していたのが目立ちました。ISM製造業景況指数のサプライズ効果が大きく、ニューヨークダウ採用銘柄の全てが上げるなど、ほぼ全面高商状になっていました。一方、アップルなどを特許侵害で訴えていたイーストマンコダックが、米国貿易委員会から主張の一部しか認められなかった…として売られ、14%を超える下落になったことが目立ちました。

 米国株は、ギリシャ問題の解消(?)による外部環境の落ち着き、シカゴPMI指数、ISM製造業景況指数の予想外の上昇により景気底割れ懸念が和らいだことから、買戻しなどが優勢となり、週間で5.4%の反騰になりました。ビンラディン殺害に沸いた5月頭の1万2928ドル高値(ザラ場)から、6月安値まで1100ドルを超える下落になりましたが、早くも下落分の70%を埋めています。昨日指摘した、6月初旬の週足陰線の寄り付きも上抜いたほか、全ての抵抗ラインも上抜くなど、今週一週間でテクニカルな状況は一変しています。週明けから年後半へ向けての投資家のポートフォリオ作りが始まりますが、投資環境は大きく変化しており、彼らがどんなポジションを取ってくるかが注目されます。上値抵抗の状況など詳しいことは、今日発信するレポートで解説して見ます。

 米国株は5日続伸。CME日経平均先物は、米株高を受け続伸。大証終値を135円上回る9985円で終わりました。レンジは9835円から1万0005円で、一時的に1万円大台を回復しています。円は、前日に続き、ユーロを買いなおす動きが強まり、対ユーロは117円20銭台に軟化。対ドルも米株高や金利上昇を受け80円70銭台後半に軟化しています。週明け月曜日の日本株は、米国市場が休日となり手がかり材料がないなか、CME日経平均価格にサヤ寄せする格好で先物リードでの上げが予想されます。今週に続き、裁定買いが活発に入ることが予想され、日経平均も1万円大台への再挑戦がありそうです。物色動向など詳しいことはレポートで…。
※新規会員募集中。関心のある方はレポート案内をみるか、メールフォームにて、直接、お問い合わせください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK

スポンサーサイト





プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ