FC2ブログ
大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
06 | 2011/07 | 08
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -



アジア株高、GLOBEX米国株高を受けた先物売買で反発
 26日火曜日の日本株動向

 日経平均株価終値:1万0097円72銭 +47円71銭    日経平均先物終値:1万110円

 TOPIX終値:866.20ポイント +4.29ポイント  騰落状況:値上がり939.値下がり543

 出来高概算:16億4113万株        売買代金:1兆830億円

 日経平均サイコロ:7勝5敗    騰落レシオ:136   RSI:56

 25日線かい離:+2.0%        日経平均25日移動平均線:9894円(前日比29円上昇)


 本日の日本株は、CME日経平均先物が米株安にもかかわらず、前日の大証先物終値を20円上回って帰ってきたことを好感。CME終値にサヤ寄せする格好で、先物買いが先行。これいともない裁定買いがはいったことから、日経平均は前日終値を28円上回って始まってきました。花王やキャノンなどの主力企業が通期業績見通しの増額修正を発表したことも指数の押し上げに寄与しています。オバマ大統領が国民向けに、債務上限引き上げに関する演説を行い、今週中の早いうちに合意をまとめるよう訴えましたが、これを受け、円が急伸。輸出株が売られたことから、日経平均は一時、前日比でマイナスになる場面もありました。ただ、午後にかけてGLOBEX市場で米国株が上昇に転じ、他のアジア市場が堅調に推移すると、円高を手がかりに先物を売っていた先物筋の買戻しが活発化。後場寄りから上げ幅を拡大し、日経平均は1万130円高値まで買われています。引けにかけては、債券先物を買い戻し、株先物を売るプログラム売買が入り、上げ幅を縮めて終わっています。終日、米国の債務上限引き上げ交渉の行方を見守る展開で、手控え気分が強く、今日も売買代金は1兆円ギリギリ。市場エネルギーの後退が目立っています。

 いよいよ決算発表が本格化してきましたが、今日も値上がり上位には、日産東京販売、メガネトップ、日本カーボン、スタジオアリスなど、今期の業績見通しを増額修正したものが並んでいます。前日や当日に好内容の決算を発表したものが、目先狙いの買いから高よりし、引けにかけては上髭を残して終わっています。いち早く乗って、薄張りでも利が乗ったらさっさと降りて利益を確定する…という格好です。サンリオのように連続して買われるなら良いのですが、折角の企業の頑張りが、目先筋やロボット売買に引っ掻き回されて、十分に織り込む前に壊れてしまうケースもあります。まあ、よほどのサプライズでもない限り、追っかけ買いはしない方が良さそうです。無理して乗らなくても、決算内容を吟味して、次期に増額修正する可能性があれば、あとからゆっくり買う場面が繰るようなきがするのですが…。先日、びっくりするよな増額修正を発表した堀場製作所が大幅高で寄った後、結局、マイナスで終わってことがありましたが、事前に証券会社が投資判断を引き上げて、安値を買った投資家が多かったですから、好材料が出たら売り…のセオリーどおり売られたんでしょう。8月4日には、通期見通しを発表してきますので、また出番があると思いますが、相場が傷んだことは間違いないところ。

 まあ、引っかかったら怖いですから、ここは無理をしない方が良さそうです。レポートでは、待ち伏せ方針で、銘柄選定していますが、堀場の場合6月中旬にも注目していますから、うまくやれば300円以上は取れたはず。今週に入って、全般的には決算の発表待ち…というムードが強くなっていますが、予想通り増額修正を発表してくれればレポート銘柄の勝ち…。今月は利食いを優先してくださいとしましたが、果たして、どれくらい利食いができるか…。単発ではなく、成長株として、当初から上場来高値2600円更新が目標としてきたウェザーニュースやネットワンは本日も高値を更新してきました。成長株として上値を追うかぶと、待ち伏せで好材料が出たら売りの銘柄とは対処法がことなります。直近レポートで割安成長株として、押し目を狙うように書いた銘柄…。予想通り下落し買い場が近づいてきました。13週線付近で値固めが始まったら、一段目の買いを入れておけば良いでしょう。

 今日の朝も書きましたように、円高にもかかわらず日本株は上げに転じており、下値不安が薄らぎ、超低位株がかさ上げと短期の値幅鳥をかねて買われています。ただ、決算発表の日程と照らし合わせながら買わないと、乗ったは良いが、トンでもない決算がでてきて、はしごをはずされることがないとはいえません。ここは、待ち伏せ方針で、思惑通り好材料がでたら売り…値幅はそのときの人気で決めてもらえば良いのではないでしょうか。とにかく、米国の債務上限引き上げ交渉は「ハズミ」がおきる可能性があることは考えに入れておかねばなりません。期限内に決着がつかず、市場に催促されて合意に至る事だってありうるのです。まあ、なめてかからないことが大事でしょう。
※新規会員を募集しています。関心のある方はレポート案内を見るか、メールフォームにて、直接、お問い合わせください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK

スポンサーサイト



デッドロックに乗り上げた債務上限引き上げ交渉を嫌気し、続落…下値の固さも目立つ
 おはようございます。 米国債務上限引き上げ問題は、週明けも緊張した状態が続いています。来年の大統領選挙をにらみ、お互い有利な立場を作ろうと、せめぎあっているようです。ぎりぎりの交渉で、少しでも要求を通し、決裂寸前で合意する…という米国式交渉術が背景にあるようですが、そのあたりが分からない海外投資家にとっては、迷惑な話です。債券市場を見る限り、決裂→デフォルトという最悪な事態は想定していないようですが、怖いのは、昨日も書いたように「ハズミ」。そうなると、市場が急変し、妥協を促すことになるだけに、一時的に痛みをともなうことになります。リーマンショックの後にも何度か経験してきたことですが、今回も市場に催促されることが無い様にお願いしたいものです。

 25日の米国市場動向
 ニューヨークダウ 1万2592ドル80セント -88ドル36セント(0.70%)

 NASDAQ総合指数  2842.80ポイント -16.03ポイント(0.56%)

 S&P500  1337.43ポイント  -7.59ポイント(0.68%)

 CME日経平均先物(円建て) 1万0070円  +20円

 米国10年もの国債金利  3.004%  +0.04%

 ニューヨーク原油  99.20ドル -0.67ドル

 GOLD 1612,2ドル  +10.7ドル

 ドルインデックス  74.11  -0.14 


 週明けの米国株は、債務上限引き上げ交渉が週末に決裂して終わった事を受けて、売りが先行し、急落スタートになりました。先週上昇していたことから利食い売りも重なり、下落幅を拡大。寄り付き直後に前週末比145ドル安の1万2536ドルと、この日の安値をつけています。その後、複数の妥協案が用意されていること好感して買いなおされ、100ドル超下落幅を圧縮する場面もありましたが、民主党議員が共和党の交渉手法を非難すると、再び、交渉の先行きを懸念した売りが増加。再び、下落幅を拡大して終わっています。終日、両党関係者の発言に振り回される展開で、投資家も見送り姿勢を強め、ニューヨーク市場の出来高は7億6286万株(前週末比2526万株増)と低水準にとどまっています。騰落状況は、値上がり575、値下がり2475と、ほぼ全面安商状。

 業種別で値上がりしたのは、貴金属、コンピューターハード、鉄道、玩具、商用車など。公共事業関連、運輸も堅調でした。一方、航空会社、ヘルスケア機器・サービス、アパレル小売り、家庭用品、パーソナル用品などの下落が目立ちました。ニューヨークダウ採用30銘柄のうち、上昇したのは、キャタピラー、マイクロソフト、ホームデポ、ヒューレッドパッカードの4社だけ。他の26社は売られたものの。特に下落率の大きいものはありませんでした。オンライン証券のイートレードが、大株主からの提案で身売りを含めた事業展開で投資銀行との契約を迫られ上昇。一方、アップルなどとのスマートホン競争で出遅れた携帯電話のリサーチインモーションが、、大幅(2000人)な人員削減を発表し、5%近く下落しています。

 ニューヨークダウは、続落スタートになりました。以前から2月高値、4月上旬高値を結ぶラインが上値抵抗線として機能していることを書いてきましたが、7月8日、同22日と2度にわたりこのラインを突破したものの、結局、押さえ込まれてしまい、再び、ラインの下に押し戻されてしまいました。改めてこのラインの強さが確認された格好です。ただ、下値については、13週、26週という中期の移動平均線が、ともに上昇しながら下値を支えており、底割れ懸念もありません。当面、上値抵抗ラインと両移動平均線との間でのレンジを形成しながら債務上限引き上げ交渉の行方を見守ることになるのでしょうか。

 米国株は続落。CME日経平均先物は、前日GLOBEX市場出の米国株急落を受け、日本株は先行してこの日の日の下落分を織り込んだとして、大証先物終値を20円上回る1万70円で帰ってきました。レンジは1万0040円~1万0115円。円は、債務上限引き上げ交渉の難航から、スイスフランと並びリスク回避通貨として買われ、対ドルは78円20銭台に上昇しています。ギリシャ格下げがあったユーロに対しては、112円50銭台とやや高い水準。国内に帰ってからは、対ドル、対ユーロとも、ほぼ海外水準を引き継いだ始まりになっています。今日の日本株は、CME高を受けしっかりの始まりが予想されます。ただ、日本時間10時からオバマ大統領が国民向けの債務上限引き上げに関する演説を行う予定で、模様眺め気分が強まりそうです。円高の進行による輸出株の低迷が懸念されるものの、介入警戒感も根強くあり、ポジションを一方向に傾けるにはリスクがありそうです。指数は、GLOBEX夜間取引市場の米国株の動きを見ながら神経質な動き…か。ただ、個別では海外資源採掘への金融支援など新たな材料が出ており、資源商社など関連株が注目されます。また、今期業績見通しの上方修正が増えており、個別に買われることになりそうです。昨日に続き、中小型低位株の短期的な値幅取り相場と業績発表関連が平行して買われる展開になりそう。引き続き、ネット関連、今期、来期にかけ増益基調を維持できる成長力のある株に注目。
※新規会員を募集しています。関心のある方はレポート案内をみるか、メールフォームにて、直接、お問い合わせください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ