FC2ブログ
大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
08 | 2011/09 | 10
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



欧州情勢の落ち着きを受けた欧米株高で、反発…主力株は、米国景気指標待ち
 欧州情勢は、ギリシャがEU内にとどまると、独仏首脳とギリシャの首相が声明を出したことで、とりあえず小康状態を取り戻したようです。これだけ世間を騒がせたんですから、まさかギリシャへの融資をしないなんてことは無いでしょう。まあ、市場も相判断したようです。また、EUのバローズ委員長から、欧州共同債券の発行の提言もでていました。短期的な解決手段としては、一番有効なものですから、実際に発行に踏みきるとなれば、市場は好感するものと思われます。欧州共同債券は、格付けの高い国から低い国まで、加盟国のすべてが関係することから、格付けが懸念されていました。通常なら、格付け最下位の国の格付けが適用されるようですが、欧州共同債券に関しては、高格付け国がおおいことから、この適用はないようです。具体的にどのような格付けになるかは示されていませんが、関門のひとつはクリアされた格好になっています。

 まあ、具体的な運用に関しては、金融、財政を統合した欧州財務省みたいなものがいるようで、そのレベルにいたるまでは、金持ち国が稼いで、貢しかないんでしょう。次は、12月が次回融資月になりますが、ギリシャが今のように真剣味を欠いた対応をしていると、また11月ごろになるとすったもんだを繰り返すことになってしまいます。まあ、とりあえず今回乗り切れば、売られ過ぎの市場は反発することになりそうです。ただ、欧州の銀行の問題は別…。長い間、米国のMMFを通じてドル資金を取り入れてきましたが、米国が重要な制度変更を実施。MMFに流れ込んでいた資金が銀行へと還流。MMFを通じた資金パイプが細っているときに、欧州債務国問題が発生。お互いが疑心暗鬼になって、資金を融通しなくなったことからロンドン銀行間貸出金利が上昇。ますます、資金繰りが苦しくなるという、状態で、この状況は現在もあまり変わっていません。現在では、ECBだけが貸し手という状態ですから、どこから火が吹き出すか分からない状態。

 まあ、いずれ、資本の増強から公的資金の注入をしなければならないでしょうが、その際には資産の売却が条件。先日、日経でも書いていましたが、欧州の銀行には、米国で組成されたMBSやCDOなどサブプライムがらみの金融商品が3000億ドルはあるといわれています。もし、これを処分したら、米国の住宅や不動産は無事ですむのでしょうか。先ほどの、制度改正も、MMFから銀行への資金ルートを作り、国債消化を円滑に図る狙いがあるようですが、先ごろの、連邦住宅金融局の主要17行への損害賠償の提訴も、よそからとられる前に、取れるだけとっておこうという狙いがあるのではないでしようか。民間と、公的部門が損害賠償や買取で競争して銀行を攻め立てるわけですから、日本の過払い金返還で苦しむ、消費者ローン会社みたいなことが始まるのかもしれません。一方で、金融規制強化で締め上げられるわけですから、これで、長期の座敷牢入りが確定することになります。まあ、しばらくは手が出せなくなりますね。苦し紛れに、米銀が持っている証券化商品を売ったら…。まあ、そんないやな話は先に考えることにしましょう。

 まあ、とりあえず状況が落ち着いているところから、欧州株は軒並み1%を超える上昇で始まっています。まあ、ドイツの関係者の皆様、しばらくは「お口にチャック」ですよ。

 15日の日本株動向
 
 日経平均終値:8668円86銭 +150円29銭  日経平均先物終値:8600円

 TOPIX終値:751.76ポイント +10.07ポイント 騰落状況:値上がり1316、値下がり248

 出来高概算:16億8610万株     売買代金:1兆414億円

 日経平均サイコロ:6勝6敗  騰落レシオ:104  RSI:45


 本日の日経平均は、ギリシャ問題が小康状態になったことから欧米株が上昇したことや、CME日経平均先物が、前日の大証終値を100円近く上回って帰ってきたことから、CME終値にサヤ寄せする格好で先物買いが先行。日経平均は前日終値を127円上回る8645円と高寄りして始まってきました。先物買いが先行したことから、指数採用銘柄への裁定買いも活発に入ったほか、米国市場で半導体株を中心にハイテク株が買われた流れを受け、輸出関連株も高よりしてスタートしていました。ただ、より後は、今晩米国で発表される複数の景気指標への警戒感が高まり、上値は伸び悩んでいます。主力株への欧州からの売りが続き、日経平均は150円高で終わったものの、終日値幅は61円と小幅にとどまっていました。出来高など市場エネルギーも低迷したままです。

 業種別では、前日まで欧州危機を嫌気して売られた精密や、輸送用機器、海運などが買われ、30業種が上昇。一方、食料品、その他製品、空運の3業種が下落。主力株から、成長株、材料株などほぼ全面高商状でした。ただ、主力株については、世界的な景気後退懸念があり、今晩米国で発表されるニューヨーク連銀製造業景気指数、フィラデルフィア連銀指数、消費者物価指数などを見極め体とのムードが強く、伸び悩む展開が続きました。一方、米国でNASDAQ市場が堅調になった流れを受け、成長株買いが強まり、年初対高値を更新するものが増加。当社レポート前号、直近号のなかから4銘柄が高値を更新しています。

 朝の書き込みで解説しましたように、米国市場ではNASDAQ100指数が戻り高値を更新。上昇トレンドの継続を確かなものにしています。アップルやアマゾン、ヤフー、アドビシステムズなど成長株への評価が高まっているほか、企業の経営合理化を裏で支えるクラウドコンピューターサービス関連などネット関連も切り返しに入っています。市場は、世界景気減速の影響を受ける主力株よりも、独自の成長エネルギーを持つ企業を買う方向へと変化しているようです。このことは、以前からこのコーナーで書いてきたことですが、米国市場で明確に示現してきたようです。日本でも、クラウド技術の根幹を支える仮想化技術を持つネットワンに証券各社の株価目標の引き上げや格上げの動きが続き、今日も高値を更新してきました。このコーナーでもレポート銘柄として公開して以来かなりの上げ幅になったはずです。日本でも米国と同様に経済の構造転換がはじまり、新しい産業が生まれ始めています。今日の日経3面のウェザーニュースの記事も、新しい成長事業の誕生を示しています。株価を見る方向を間違えると、今の市場は理解できなくなってしまいます。まあ、後は今晩のニューヨーク市場が順調にあげてくれることだけ。

 ところで、あんまり長い陰線ばかりで、しばらく陽転がなかった日経平均ですが、小幅な陰線が続いたことから、今日の上げで「陽転」したのですが、これって素直に強気に変わっていいのでしょうか?
※新規会員を募集しています。関心のある方はレポート案内を見るか、メールフォームにて、直接、お問い合わせください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK

スポンサーサイト



欧州情勢の好転を受け3日続伸して終了…目立つNASDAQ100指数の強さ
 おはようございます。 昨晩は、講演会の打ち合わせで書き込みができずに失礼しました。

 さて、欧米市場では、相変わらず「水鳥の羽音にも驚く…」相場展開が続いています。昨日は、温家宝首相が、「中国ばかり 頼らず、自助努力すべき…」と、突き放したような発言をしているにもかかわらず、市場では中国が、イタリア国債を買うとの観測がでえいるほか、BRICSが、欧州救済に乗り出す…など、楽観的な観測が出る一方、昨日は、オーストリア議会が、欧州安定化基金の増額案を秘訣した(実際は延期)…と伝えられ、誤報で株価が急落するなど、刻々入ってくる情報に市場が踊らされている格好になっています。

 昨日は、独仏首脳と、ギリシャ首相の電話会談で、財政赤字削減への取り組みを強化する要求があった一方、ギリシャがユーロ圏にとどまる…」との声明が出されたことや、ガイトナー財務長官が、ユーロ圏諸国は第二のリーマンショックを起こさないよう努力している…と発言したことなどを好感。結局、欧米市場とも株価は高く終わっています。ただ、ニューヨークダウの終日値幅が400ドル近くに達するなど、欧州情勢に神経質な状態に変化はありません。

 14日の米国市場動向
 ニューヨークダウ 1万1246ドル73セント +140ドル88セント(1.27%)

 NASDAQ総合指数  2572.55ポイント +40.42ポイント(1.60%)

 S&P500 1188.68ポイント +15.81ポイント(1.35%)

 CME日経平均先物(円建て) 8575円 +95円

 米国10年もの国債金利 1.994% -0.002%

 ニューヨーク原油  88.91ドル -1.30ドル

 GOLD 1826.5ドル -3.6ドル

 ドルインデックス 76.67 -0.23 


 昨日の米国株は、朝方発表された8月の小売売上高が予想を下回ったことや、オーストリア議会が欧州安定化基金増額案を否決した…との報が伝わったことから、反落してスタートしました。景気の先行きへの懸念が増幅し売り物が増加。ニューヨークダウは、寄り後まもなくこの日の安値1万993ドル(前日比113ドル安)をつけています。その後、オーストリア議会の決定が否決ではなく「遅延」であるとつたわるとともに、買い安心感が戻り、株価は反転。その後、独仏、ギリシャ3国首脳による電話会談後の声明で、「ギリシャが将来もEUにとどまる…」と確認されたことから、金融支援が継続されるとの期待感が高まり、一段と買いが増加。引け近くには、この日の高値1万1386ドル(前日比280ドル高)をつけました。ただ、3日続伸のあとであることや、今晩、重要な経済指標の発表を控えていることから高値警戒感も強まり、引けにかけ急速に上げ幅を縮めています。結局、主力3指数とも3日続伸して終わりました。ニューヨーク市場の出来高は、前日比1480万株増の10億8425万株。騰落状況は、値上がり2249、値下がり776でした。

 業種別の値上がり上位は、航空会社、ホテル、家具、半導体・同製造装置、商業サービス・用品、運輸など。一方、下落したのは、貴金属、金鉱山、非鉄、鉱山など金がらみが上位。ギャンブルもさえない動きでした。ニューヨークダウ30種のうち、値下がりしたのはシスコシステムズの1社のみ。保険大手トラベラーズは変わらず。8月の小売売上高で増加が確認された建材関連(ハリケーンの影響?)でホームデポが2.7%上昇と採用銘柄トップの上昇になったほか、スリーエムやGEなど景気敏感株も堅調な動き…。個別では、大株主であるヘッジファンドが買い増しを示唆したヤフーが2%上昇、50億ドルの自社株買いを発表したパソコン大手デルが3.3%上昇するなどNASDAQ銘柄の検討振りが目立ちました。

 ニューヨークダウは、3日続伸して終わり、目先の上昇バンド内の動きを維持しました。ただ、25線を抜くとともに急速に伸び悩み、結局、25日線を上回れずに終わっています。一方、強さが目立ったのが、NASDAQ総合指数の動き。50日線で頭を押さえられたものの、引け値ベースでは8月31日の終値2579ポイント(ざら場は2611ポイント)を上回っています。さらに、それを上回る強さを示したのがNASDAQ100指数の動き。8月31日につけた戻り高値2268ポイントを上回っており上昇トレンドを確実なものにしています。すべての指数の中で、いち早く50日線、75日線に到達しており、ハイテク株中心の立ち直りを象徴しています。NASDAQ総合指数、NASDAQ100指数とも、25日線上にあるほか、25日線が上向きに転じており、次はこれを支えに、50日線を突破できるかどうかに焦点が移ってきます。米国でも、輸出依存殿高い主力株が伸び悩むという日本と同様な動きが出ており、世界景気減速を織り込んでいるようです。米国でも「成長性」が、株価のキーワードになり筒あるようです。

 米国株は3日続伸。CME日経平均先物は、大証終値を95円上回る8575円で帰ってきました。レンジは8485円~8665円。円相場は欧州情勢の落ち着きから対ユーロが105円80銭台に軟化したものの、対ドルは経済指標の悪化を受け、76円60銭台とやや円高に振れています。本日の日本株は、CME先物終値にサヤ寄せする格好で、堅調に推移しそうです。ギリシャ問題がとりあえず収束のほうに向かいつつある(12月の追加融資前には再発しそうだが…)ことを好感し、、主力株を買い戻す動きが強まりそうですが、世界景気の減速感もあり上値は限られそう…。今日もGLOBEXにらみの展開ですが、いまのところ米国株はしっかりになっており、主力株中心に堅調なスタートが予想されます。ただ、主な流れは米国でNASDAQがリードするように成長性をテーマにしたもの。引き続き、中小型優位の展開が続くことになりそう。
※新規会員を募集しています。関心のある方はレポート案内を見るか、メールフォームにて、直接、お問い合わせください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ