FC2ブログ
大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
03 | 2012/04 | 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -



不透明要因多く、手控え気分の強い中、先物の売り仕掛けで4日連続安
 会員様へのお知らせ━日曜日発信予定のレポート4月8日号は、都合により、明日土曜日発信に早めさせてただきます。

 今週初めに「二日新保は荒れる…」と書きましたが、相場だけでなく、天候まで荒れました。春の嵐は我が家も直撃。雨戸を吹っ飛ばして通り過ぎていきました。おまけに、カレンダーも最悪。政権交代を前に粛清の嵐が吹きまくる中国市場が、週初めから水曜日まで3連休。ようやく休みがあけたら、今度は今晩から欧米市場が、イースター前の「聖金曜日」で休日。週明けからは、日銀の金融政策決定会合が始まります。この間隙をぬうように、欧州ではスペインをだしに、危機をあおるような動きがでて、リスクオフのとばっちりを受けた円は、急伸。これでは、投資家は動きようもなく、週初めから見送り気分の強い展開になりました。

 これを待っていたように、日本では、欧州系証券が、オプション市場にたまりこんでいた先高ポジションをを狙って売りしかけ。慌てた、投資家が損失をカバーするために先物で売りヘッジを実行。これが、裁定解消売りを誘発。市場は不透明感が強い事から見送り気分が強く、解消売りを吸収できなかったことから、日経平均の下落幅が拡大した…ということでしょうか。昨日のこの証券会社の手口をみると一社で先物全体の出来高の32%を占めていました。以前から、マーケットシェアが異常なほど高く、相場に対する影響が大きいので、何らかの規制が必要ではないか…と書いてきた証券会社です。特に、日本の場合、欧米市場で禁止されている、場外での取引が認められていますので、どうしても不透明な商いが多くなってしまいます。

 何故、欧米で禁止されていることが、日本では認められるのか、レバレッジの大きさなど、博打場みたいな市場になっており、海外から質の悪い投資家が集まり、無茶をやっているといいます。わけの分からない市場になっていますから、個人投資家が他の市場に逃げていくのも当然でしょう。そのため、厚みの無い市場になり、裁定解消売りの影響をもろに受ける薄っぺらい市場に成り下がりました。これを管理している取引所も官僚上がりの連中が運営しています。弱者には強く、強者には弱い…。堂々と、不正がまかり通っているのに、たいした摘発もできない。まあ、愚痴になりますからこれ以上は、書きませんが、そろそろ、一部の投資家が捜査できるような発展途上の取引所から先に進んでほしいものですが…。なにか、IT化することが良いことのように勘違いしているきらいがありますが、取引所は国富を増すための場であって、不正な手段で国富を奪取される場ではないことを意識してほしいものですが、目先の手数料のほうが大臣なんでしょうね。

 まあ、今週は、仕掛け的な商いで、日経平均は390円下落しました。まあ、米国で、FRBの追加緩和期待が遠のいて、調整が進んでいるように、日本でも、今週は、見事に日銀が裏切ってくれました。週初めに発表された3月のマネタリーベースは、前年比で2.2%減少。08年以来3年半ぶりの減少になります。2月14日、インフレ目標1%を掲げ、デフレファイターへの変身をアピール。国債買取枠を10兆円も拡大してきました。当初から、本気度を疑ってきましたが、最近では、日本の通貨供給を観察している海外投資家からも、日銀に不信感を抱くところが増えていました。昨年3月は、震災がおき、通貨供給を増やしたため、今回は減少した…と言い訳していますが、月次で見ても何もしていないのは明らか。株価が崩れてもETFの買いにも動きません。ここまでくると、本気度を疑われても仕方がありません。背信行為といっても良い過ぎではないでしょう。昨日は、野田首相と白川日銀総裁が会談したようですが、マネタリーベースの話がでたかどうか…。市場では、月曜日からの会議では何も出ない…と予想していますが、野田首相が何か言ったなら、何かアクションが出てくるかも知れません。何しろ、国会でたたかれたあとに、変身していますから、また、たたかれないと分からないのかも知れませんね。どこかの、たちの悪い子どものようですね。まあ、余利期待しないで、待っていましょう。

 今日で日経平均は、4連続安。サイコロは4勝8敗、RSIは29、25日線かい離は、-2.8%、騰落レシオは93…。指数的には何時反発してもおかしくないところにはきています。ただ、週のサイコロは9勝3敗、RSIはやや低下して78。今後の見通し、物色動向などは、レポートで解説します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK

スポンサーサイト



欧州危機の再燃懸念や連休を前に模様眺め気分が強く、主要指標は高安まちまちの動き
 おはようございます。 春の嵐が過ぎたとおもったら、今日は、朝未だきのころ、強風と豪雨になりました。窓をたたきつける雨音を聞いていると、霙混じりだったような感じもします。相場といい、天候といい、な~んか変になってきましたね。昨晩は、ジンマシンの薬が効きすぎて寝過ごしてしまいました。まあ、無理する相場ではない、としてきましたので、ご容赦。

 さて、欧州情勢は相変わらず。先ごろ、スイスフランが上昇を始めたが、ユーロを下落させる思惑があるのではないか…と書きましたが、その後、やはりユーロが下落してきました。今回のスケープゴートはスペインです。ポルトガルのほうが悪いような気がするのですが…。スペイン首相は、EUサミットで、新財政協定に調印した直後、財政削減ペースを緩めると発言し、注目されましたが、今思えばこれが伏線になっていたんでしょうかね。ECBの果敢な資金供給から危機が一巡。ユーロが上昇し始めると、このところ、ドイツを中心とする輸出主導国の景況感が悪化。EU最大金主であるドイツのPMI指数の50%割れなど、予想を下回る景気指標が増えています。昨日発表された鉱工業生産指数も、マイナスに下落。予想、前月水準ともに下回っています。一方、IMFの報道官が、「スペインは深刻な危機に直面している」など、危機をあおるようなコメントを出しています。いまさら、言われるまでもなく、住宅価格の下落など危機の兆候はだいぶ前から出ていました。確かに、危機を映してスペイン10年国債の金利は上昇し、昨日は5.86%まできました。危機ラインの7%まではまだ余裕があります。6%を超えると、ECBが購入に動く可能性もあります。まあ、安全弁もありますし、少々危険な綱渡りをしても、ユーロ安で景況感が改善すれば御の字というところでしょうか。米国もドル高で、ガソリン価格が下落すればそれでよし。日本は、とりあえず80円台になったから、しばらくは我慢してよ…ということでしょうか。朝から妄想を書いて、すみません。

 5日の米国市場動向
 ニューヨークダウ 1万3060ドル14セント -14ドル61セント(0.11%)

 NASDAQ総合指数 3080.50ポイント +12.41ポイント(0.40%)

 S&P500 1398.08ポイント -0.88ポイント(0.06%)

 CME日経平均先物(円建て) 9715円 -75円

 米国10年もの国債金利 2.188% -0.041%

 ニューヨーク原油 103.35ドル +1.84ドル

 GOLD 1630.10ドル +16.00ドル

 ドルインデックス 80.07 0.33


 昨日の米国株は、欧州でスペインなど高債務国の国債金利が上昇。これを嫌気して欧州株式が総じて軟調になった流れを受け、下落してスタートしました。朝方発表された新規失業保険申請件数が、予想や前週水準を下回ったことは、特別に材料視されず、より後、まもなく、ニューヨークダウは、この日の安値1万3012ドル(前日比63ドル安)をつける場面もありました。今晩から連休に入ることから、総じて見送り気分の強い展開でしたが、場中に、大手投資銀行が、今晩発表される雇用統計数字について、失業率や非農業部門の雇用者数に関して予想を上方修正したことから、買いが増加。一時、前日比でプラス圏に浮上する場面もありました。ただ、連休控えであることから、引けにかけ手じまい売りが増加していました。結局、主力株中心のニューヨークダウとS&P500は続落したものの、フェイスブックの上場を好感しNASDAQ総合指数は反発して終わりました。ニューヨーク市場の出来高は、前日比1億1285万株減の7億184万株。騰落状況は、値上がり1299、値下がり1701。VIX指数は前日比1.58%上げ、16.70に上昇しています。

 ニューヨークダウは、3日続落。ダウ30種は値上がり11、値下がり19。AMEXが1.27%、ホームデポが1.54%、ウォルマートが0.8%、それぞれ上げるなど消費関連の堅調が目立ちました。一方、アルコアなど素材が下落、GEやスリーエム、ユナイテッドテクノロジーなど輸出株がドル上昇を嫌気して売られていました。業種別では、ギャンブル、旅行代理店、装飾品、レストラン、消費者金融などが上昇。金鉱山、アルミ、固定電話サーボビス、鉄鋼などが下落しました。
 ニューヨークダウは、依然、2月のレンジ相場の下値抵抗力を試す展開が続いています。RSIなどテクニカルな過熱感は解消に向かっているものの、ドル高が輸出株を圧迫し、ニューヨークダウは昨日、25日線を割り込んできました。3月初旬の小幅調整時は50日線が下値を支えましたが、今回は、FRBの追加金融緩和への過剰な期待感を削ぐという側面もありますから、もう一段下(13週移動平均線?)を見ておいたほうが良いのかもしれません。緩和期待→景気実態の反映という流れへの変化がポイントになりますから、業績発表待ちの日柄整理に入るのかも…。ただ、追加金融緩和への期待感は潜在化しながら継続しますが…。

 米国株は高安まちまち。CME日経平均先物は大証終値を75円下回る9715円で帰ってきました。レンジは、9640円~9815円。レンジ下限が前日の969円から下回っています。円は欧州危機再燃懸念から買われ、対ユーロで107円50銭台、対ドルで82円30銭台に上昇。対ユーロは一時106円台に入っています。本日の日本株は先物売が先行。裁定解消うりなどから、軟調な展開が予想されます。今回の下落の引き金を引いた欧州系証券の手元にはまだ、まとまった先物の買い玉が残っており、動向が注目されます。株価が崩れても、一向にETF買いにも動かない日銀に対し、2月に示した緩和姿勢自体を疑う気分が市場で高まっていることも、円の先高観を強めています。月曜から始まる日銀金融政策決定会合で、最近の市場と日銀政策のかい離をどのように説明(言い訳)するかが注目されます。まあ、米国と同様に、日本も金融緩和への夢を買った増場が終わり、次のステップへ向けての踊り場に入った…とおいうこと。当面は、主力株はお休みか…。復興関連の小物を買う落穂拾い相場へ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ