FC2ブログ
大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
03 | 2012/04 | 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -



何もしてくれず、期待は明日になった日銀。半島で核実験疑惑が登場。GLOBEXの米国株は安い…不透明材料山積で、手だしができず5日続落
 昨日の孫の初宮参りの疲れが取れません。眠たいので簡単にまとめておきます。
 九州出身で関西との文化の違いに戸惑うことが多いのですが、大阪の初宮参りで、「ひも銭」といって、祝儀袋を水引結び、晴れ着に添えて参内するという週間には驚きました。子どもが、一生お金に困らないように…との願いをこめてのものだといいますが、さすがに大阪と、感嘆した次第です。宮参りが終わって、写真撮影に行きましたが、そこが、何度かレポートに取り上げようかどうかと迷ったことがあるスタジオアリス。日曜日だというものの、宮参りや新入学、誕生日などの記念撮影で、満員盛況でした。おじいちゃんやおばあちゃん同伴で、ドレス(衣装がただで借りられる)で着飾った子どもが、様々なセットで写真をとっていました。まさに、子どもに夢をうるようなビジネスでした。あとで、パソコンで写真をチョイスしていましたが、あれもこれも…と選び、結局、数万円を支払って買える客が多かったようです。今日も株価は上がっていたようです。もっと早くに現場に足を運んでいれば、買えたのに…と、悔しく思った次第です。現場で調査することの大事さを思い出させてくれました。

 さて、本日の相場ですが、日本市場は、週末の期待はずれの雇用統計を織り込む最初の市場になりましたが、予想どおり、きつい下げではじまりました。おまけに、10時過ぎに発表された中国のCPI(消費者物価指数)が予想の3.3%を上回る、3.6%…。これで、緩和期待が遠のき、上海市場が下落。日本株は立ち直りのきっかけを失いました。また、朝鮮半島では衛星打ち上げの準備が着々と進んでいるうえ、韓国から、北朝鮮が核実験を行う可能性がある…ときました。これでは、動きようがありませんね。ただ、先週、徹底した売り仕掛けをした海外証券(CTA=商品投資顧問業者)も、日銀の追加緩和思惑があり、売り崩すこともできず、買戻しも入り、一時は9600円台を回復する場面もありました。ただ、日銀からなんのアクションもなかったほか、GLOBEX市場で米国株が大幅安していたこともあり、引けにかけては売り物が増加。結局、日経平均は、142円19銭安の9546円26銭、TOPIXは12.02ポイント安の813.69ポイントとともに、5日続落して終わりました。出来高は、16億株、売買代金は9643億円と、1兆円を割り込む閑散商いでした。騰落状況は、値上がり269、値下がり1317。

 米国の雇用統計数字を受け、円が81円台前半に上昇。欧州では、高債務国の国債利回りが急上昇、お隣の半島では、衛星ロケットに核実験と新たに地政学要因が加わってきました。国内では、だましの日銀の政策をめぐって、不透明感が増幅。4月に入って、流れは逆転したかのように、変化しています。レポートでは、先々週くらいから、警戒的な見方をしてきましたが、直近レポートでは、過去の相場パターンから調整日柄と下落のメドについて、示しておきましたので参考にしてください。まあ、このブログでも「SELL IN MAY AND GO AWAY」について何度も書いてきましたが、当然、市場関係者は意識しているはず…。前倒しで来たのでは…、すでに始まったのでは、と疑心暗鬼になっているようです。まあ、1万2000円や1万3000円なんて目標が出るくらい強気になっていましたので、丁度良いガス抜きになるんでしょう。

 占いのことを書くと、お叱りを頂戴することが多いのですが、1月の「辛丑」、2月の「壬寅」、3月の「癸卯」と相性関係が続き、相場のほうも順調に上げてきました。しかし、4月4日の「清明」から「甲辰」に変わり、気が土を克する相克関係に変化しました。今年初めての対立する関係です。やはり、気変わりした先週から、いろいろ起こりましたね。この流れは、5月5日の立夏まで続きます。5月の気と4月の流れの関係については、レポートの案内文で書いておきましたので、今月の対処法については会員方はおわかりと思います。
 まあ、当面は、朝も書きましたように、ECBの緩和姿勢への疑問、FRBの緩和期待の後退、日銀の緩和姿勢転換への不信感などが流れが変わる主因になっています。ただ、冷静に考えればこれまでの流れが変えられないことは容易に推測がつくはず。1月以降の相場が、流動性を背景にした主力株優位の相場なら、「迷いや不信」を背景にした相場は、年末にかけての相場への里帰りを暗示してくるはず。当面は、新興市場、小型株の中から材料を持つ株の落穂ひろい。まあ、5月相場が落ち込むのか、上げるのかは分かりませんが、4月相場はこれへ向けての溜めの時期と見て置けば良いでしょう。

 明日は日銀さん、なにか出してくるのかな…。(なにもしたくないが、なにもしなければ民主党がうるさいし、株は下がるかもしれないしな~。総裁も頭の痛いことですね。)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK

スポンサーサイト



日米欧の中央銀行のアクションひとつで、どうにも変化する展開に…日本株は、米国雇用計への失望を織り込む最初の市場だが、先物次第では上に波乱することも
 おはようございます。私用で忙しくしていましたので、書き込みができませんでした。簡単にまとめておきます。

 週末の米国雇用統計は、失業率が低下したものの、非農業部門の雇用者数が、予想の20.5万人が、蓋を開けてみると12万人の増加にとどまりました。製造業部門の好調が続いているものの、サービス業部門の伸びが大幅に鈍ったことが影響したようです。ガソリン価格が急騰し、昨年、個人消費がダメージを受けた、バレル5ドル付近に接近していることから、早めに、雇用を抑制したところが増えたのが影響したのかもしれません。事前に、ゴールドマンザックスが雇用統計予想で雇用者数を増額修正するなど、期待感が強かっただけに、発表された数字への失望が大きかったのかもしれません。ただ、雇用者数の増加は18ヶ月連続で続いており、相場への影響を除いて考えれば、悪い内容ではなかったように思われます。ただ、相場論からは、事前の期待感が強かった分、失望感は強そうです。

 GLOBEX市場の日経平均先物は、9510円安値(大証終値比1.75%安)まで売られたほか、FRBへの緩和期待から、円相場も81円60銭台に上昇するなど、今日の日本株への影響が懸念されます。特に、雇用統計発表の当日が、イースター前の聖金曜日で、欧米市場が休場になっていたことから、雇用統計への失望的な内容を織り込むのは、日本の株式市場が最初…。当初は、急落してのスタートは仕方が無いものと思われます。ただ、先週の欧米投機筋の先物売り攻勢は、雇用統計の変化を思惑した「確信犯」的な売りのように思われ、一旦は、材料出尽くしで買い戻される可能性もあります。GLOBEXの安値は9510円ですが、すぐ下には、日経平均の13週株価移動平均線が接近(9430円付近)しており、これ以上売り込むにはリスクが大きくなっています。

 また、どこまで当てになるか分かりませんが、今日の相場がオーバーシュートする場合、日銀が先行して動いてくるリスクもあり、投機筋にとっても、今日は正念場になりそうです。寄り付きの、売り一巡後の動きが注目されます。とにかく、今週は、欧州で、ECBが高債務国の国債購入に動くか、株価を意識するFRBが緩和に関する何らかのコメントを発表するか、日銀が不信感を払拭するため、何らかのアクションを起こすか…中央銀行の姿勢が相場の物色の方向性を決めます。
 まずは、外部環境の確認が第一…。どうしても買いたいなら、今期業績が増額修正される可能性の強いもの…くらいか?上にも下にも、動けば変化は大きそう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ