FC2ブログ
大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
03 | 2012/04 | 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -



欧米株安を受け続落するも、重要イベント控えでこう着状態
 今晩から22日までの予定で、IMF・世界銀行春季総会が、同時にG20財務相・中央銀行総裁会議が開催されます。特に、IMF総会は欧州危機に対応する供出金の額がどれくらい上積みされるか、市場は注目しています。ラガルト専務理事は、3200億ドルの見込みをつけたといっていましたが、関係者によると会議直前で3500億ドルまでは積み上がったといっています。目標の4000億ドルまで、あと少しというところですが、この額自体が、当初の5000億ドルから下方修正されたもの…。米国では、ユーロ危機時に、無制限のドル供給で協力しているのに、まず、自分で解決したらどうだ…と言いたいところでしょう。

 ユーロ安の恩恵を受け、ドイツの景気はバブル状態。ギリシャやイタリアなど他のEU加盟国から資金が流れこみ、不動産価格が上昇するなどバブル寸前の状態。今日発表されたドイツIFO景況感指数は、前月から上昇。予想は、低下でしたから、改めて景気の腰の強さを示しました。一部では、危機を克服した…という強気の見方もでています。外部の国から見れば、世界に奉加帳を回す前に、ドイツが金をだすなり自前で救済しろと、言いたくなるのも当然でしょう。まあ、総会でどんな意見が戦わされるのか、注目ですね。また、日曜日には、フランスで大統領選挙も行われます。ドイツのメルケル首相と組んで、危機に対処する相手が、誰になるか市場は注目しています。今のところ、サルコジ大統領不利が伝えられていますが、事前予想が外れることでも、有名。相手方のオランド氏は、ECBに利下げを要望するなど、投票前の得点稼ぎに躍起になっていますが、この人、財政拡大を狙っているようですが大丈夫なんでしうょうか。まあ、平気で前言を翻すのが、欧州政治の特質ですから、誰もなんとも言わないのでしょうが…。

 来週にはFOMC、日銀金融政策決定会合を控えていますし、まともなポジションは取れないというのが本音のところでしょう。今日の日本株は、これを地で行くような展開でした。米国の景況感の悪化や欧米株安もあり、先物先行で売られ下落スタートになりました。米国の景況感の悪化や携帯電話用半導体大手クアルコムの冴えない決算を受け、輸出株やハイテク株が売られましたが、来週のイベントを考えると、先物筋も大きく売り込めず、日経平均は、前日比安値圏で推移したものの、終日値幅は、48円にとどまっていました。ただ、一部、仕手系株が続伸したほか、来週からの決算発表を控えて好業績の小型株が買われるなど、個人を中心にした個別株物色は旺盛で、指数は続落したものの、騰落状況を見ると、値上がり829、値下がり672と、値上がり数が上回っています。結局、日経平均は、27円02銭安の9561円36銭、TOPIXは2.19ポイント安の811.94ポイントと、小幅続落して終了。出来高は15億2930万株、売買代金は、再び、1兆円を割り込む9686億円に落ち込んでいます。

 まあ、米国の景況感の悪化や欧州がふらふらsた状態が続いている間は、なかなか買いづらいということでしょう。また、新年度に入り、機関投資家の運用方針が示されていますが、生保筋は相変わらず株式は上がると売る…と宣言。当分は内外の債券で運用する、としています。昨年から、年度末にかけても、生保が売りまくり、日本株の頭を押さえる原因になりましたが、新年度も「売る」と宣言されたら、投資家はどうしても主力株を敬遠することになります。今年も、海外投資家が買わなかったら、主力株は重たい動きになるんでしょう。また、ここにきて、野田首相の消費税引き上げの足元がぐらつき始めました。海外投資家は、消費税の上げによる財政状況の改善を期待して買った部分もありますので、これが流れると…。

 まあ、レポートでも書いていますように、今回の相場は、2005年の後半型の主力株置いてけぼり相場を想定していますので、当分は個別株重視で良いんでしょう。特に、小物の復興間連は業績変化率が高くなるので面白くなりそう。今日、栗本鉄鋼が業績修正を発表していましたが、当初の営業利益予想を28億円から40億円につみまして着ました。EPSでみると15円台に倍増してきます。同社の場合、耐震性の上下水道管を扱っており、今後も復興需要が見込めますので、今期の数字も上積みされてくるのではないでしょうか。他の小型復興関連も今日は高く終るものが増えていました。まあ、来週に期待をつないで終わったのは良かったですね。詳しくは、レポートで解説しますが、今日は、レポート銘柄から、NECネッツエスアイ、日本M&Aセンター、物語コーポレーション、TOA、山善の5銘柄が年初来高値を更新していました。

 ニューヨークダウに関してはレポートで解説していますように、2段上げの上昇波が継続しているのか、中間反落に向かうのかの判断がつきにくいところにあります。まあ、自然体で見ておきましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK

スポンサーサイト



欧州への懸念に加え、冴えない景気指標が相次ぎ、続落
 おはようございます。

 欧州ですが、なかなか安定してくれませんね。昨晩は、スペイン国債の入札が無事終わり、株価も反発して始まっていたのですが、終わってみれば欧州主要市場はスイスを除き全面安…。この日発表されたイタリアの鉱工業生産指数が予想を上回る減少になったことから、イタリア財務省が「債務返済コストが上昇する…」と表明。これを受け、イタリア国債が売られ、それにつられて、入札が成功したばかりのスペイン国債も下落しています。スペイン10年債は、また5.9%台に乗せてきました。また、これに追い討ちをかけるように、「格付け会社ムーディーズとS&Pが年内にもスペイン、イタリア、フランス、アイルランドなどの格付けを引き下げる可能性がある」とするレポートをシティが発表しています。なんだか、ユーロ安を終わらせてたまるか…という感じですね。
 
 また、ニューヨーク連銀製造業景況指数など最近発表された製造業関係の指標で、新規受注や生産が前月を下回り始めたことを書きました。この日、発表されたフィラデルフィア連銀製造業景況指数(4月)も、前月、予想をともに下回る数字になりました。まだ、判断の分かれ目になるゼロは上回っているものの、減速傾向に入った確率が高いようです。週平均労働時間が減少傾向にあり、雇用への影響が懸念されますが、このところ発表される新規失業保険申請件数で、トレンドを見る4週移動平均の申請件数が増加傾向にあるなど、やや、心配される点も出てきています。来週開催されるFOMCは、予断を許さなくなってきたように思われます。次回開催は6月になりますので、何か手を打つとしたら、来週…。でも、やはり次回のほうが可能性が高そうです(悪い数字が出てからでないと反対が多そう)。日銀の出方がますます注目されます。

 19日の米国市場動向
 ニューヨークダウ 1万2964ドル10セント -68ドル65セント(0.53%)

 NASDAQ総合指数 3007.56ポイント -23.89ポイント(0.79%)

 S&P500 1376.92ポイント -8.22ポイント(0.59%)

 CME日経平均先物(円建) 9560円 -40円

 米国10年もの国債金利 1.971% -0.008%

 ニューヨーク原油 102.27ドル -0.60ドル

 GOLD 1641.40ドル +1.80ドル

 ドルインデックス 79.58 -0.01


 昨日の米国株は、スペイン国債入札が無難な結果に終わったことや、朝方発表された新規失業保険申請件数が、予想を上回ったものの、前週比では減少したことを好感し、小高く始まりました。前日引け後に発表された携帯電話用半導体大手クアルコムの決算が冴えなかったことや、発表のなかで同社の供給能力に問題があることが分かり、関連株が売られたことから、一時、軟化する場面もありました。ただ、トラベラーズやベライゾンなどこの日決算を発表した企業に予想を上回るものが多く、ニューヨークダウは、一時、1万3080ドル(前日比47ドル高)まで上昇する場面がありました。しかし、中古住宅販売、コンファレンスボード景気先行指標、フィラデルフィア連銀製造業景気指標など、この日発表された景気指標がいずれも冴えないものだったことから、引けにかけ下落。結局主力3指数とも続落して終わりました。ニューヨーク市場の出来高は、明日のSQ対策含みで、前日比1億190万株増の8億2574万株。騰落状況は、値上がり1246、値下がり1766。VIX指数は、前日比1.5%下げ、18.56に低下しています。

 ニューヨークダウは続落。ダウ30種は、値上がり3、値下がり27。好決算を発表したトラベラーズ、ベライゾンがそれぞれ3.2%、1.3%上昇しています。IBM、インテルは続落。業種別では、石炭、航空会社、バイオテクノロジー、タイヤなどが上昇。一方、鉄道、鉄鋼、家具、コンピューターハードなどが冴えませんでした。
 ダウは、レンジ内の動きですが、やや不安定になりつつあります。昨日は、一旦反発に転じていますが、25日線に届いたところから下落に転換。75日線を意識して、下落幅を縮めて終わった…という動きです。引け値では50日線を回復できませんでした。懸念されるのは、すでに下落に転じた25日線が下方圧力を増しつつある点。13週線も頭打ち感を強めており、今晩、同移動平均線を回復して終われるかが焦点になります。VIX指数が落ち着いていることから、波乱はなさそうですが、当面は、下値支持ラインと上値抵抗の25日線をめぐって神経質な動きが続くことになりそうです。

 米国株は続落。CME日経平均先物は、大証終値を40円下回る9560円で帰ってきました。レンジは9515円~9665円。円は、対ドルで81円60銭台、対ユーロで107円10銭台にそれぞれ軟化して帰ってきました。本日の日本株は、CME安や欧米市場が続落したことから、弱含みの始まりが予想されます。週末控えであることや、来週、FOMC、日銀金融政策決定会合という需要イベントを控え、売り買いとも手控えられそうですが、CMEレンジの加減が9515円をつけており、先物筋の9500円大台を試すような売り仕掛けが入るかもしれません。このところの、日銀首脳の緩和へ向けての前向きな発言を上回るサプライズを来週期待したいものです。雑株については、週末の手じまい売りに注意。クアルコムの供給能力不足を補うことを思惑した半導体関連が注目されるか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ