FC2ブログ
大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
09 | 2012/10 | 11
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



世界景気減速や中国リスクを嫌気した先物の売り崩しで反落
 秋が深まるとともに、人の心も荒んできたようです。実りの秋の収穫を終え、食料や富を蓄積したころを見計らって、周辺騎馬民族が富を収奪にくるという攻防の歴史を何千年も繰り返してきたことが本能に刷り込まれ、この時期になると神経を高ぶらせるように、できているんでしょうか。アップルのアイホン5を生産していたフォックスコンの労働争議も、英国紙の伝えるところでは、二人の従業員が酒を飲み過ぎての喧嘩が原因といいます。警備員が止めに入ったのですが、止め方が良くなかったのか、これが日ごろの不満に火をつけ、2000人の従業員の暴動につながった、といいます。中国の場合、農民工など地方からの出稼ぎ労働者と都市部にすむ住民との間に差別的な扱いがあるといい、日ごろから不満を抱える労働者が多いといいます。この体質は、インドなど他の新興国でもあるといい、現地への進出企業にとっては、労務管理は頭の痛い問題のようです。もともと、米国が中国に肩入れしたのも、経済発展によって共産党独裁体制をあらためさせ、民主主義を植え付けようとしたことから始まっています。

 しかし、米国が民主化に成功したのは、敗戦で根こそぎ変化した日本のケースだけ。イラン、イラク、アフガニスタンなど、民主化しようとして経済発展を支援した国は、いずれも民主化せず、最後には米国に牙をむいています。今回の中国も、同様な道を歩むことになるのでしょうか。今の中国は、外国の資本、技術を借りて成長してきました。鄧小平の「先富主義」により、確かに、多くの人間が富を手にしましたが、彼が考えたように、富は他の国民にいきわたらず、貧富の格差を生み出すことになってしまったようです。国民も、自分たちが過酷な労働条件で働かされているのに、共産党幹部や地方の官僚、国営企業幹部などが、汚職などによりますます富んでいく状態に嫌気がさしているのが現状でしょう。その結果が、資本家から富を奪って、国民に還元した「文化大革命」への懐古で、対日デモでの毛沢東の肖像だったということでしょう。

 こうなってくると共産党の存在意義が問われてくることになりますので、嫌でも先富主義の見直しが必要になるはずです。また、国共合作で日本軍に打ち勝ったことが党存在の大きな意義の一つでした。しかし、経済発展で存在意義が薄れるなか、尖閣国有化を機に、右傾化し再び中国を侵略しようとする日本に対する防波堤として、再び、党存在の意義を高めようというのが今回の強硬な態度の背景なのでしょう。この流れをみると、短期間に日中間の緊張が解けると考えるのは甘すぎるような気がします。もしかしたら、海外資本や技術依存の成長を見直し、外資に認めた特典を排してくるかもしれません。毎年20%づつ賃金が引きあがり、外資との格差がなくなれば、経営的におとる国内企業が追い込まれるのも当然…。たぶん、外資系企業への賃上げ圧力を強めてくるはずです。出世欲の塊みたいな組合幹部を、くすぐればすぐにストライキを始まるでしょう。最近の中華思想の復活は、中国独自で経済発展ができるという、変な自身の表れかもしれません。自信過剰みたいな気もしますが、自分のことがわかっていないのも今の中国…。変な方向に走っていかなければいいのですが…。

 さて、本日の日本株は、IMF(国際通貨基金)、世界銀行が、それぞれ世界の経済成長や、加盟国の成長予想を下方修正したことから、景気敏感株を中心に売られ、反落スタートになりました。中国での日本製品への不買運動の影響が、自動車販売に数字として表れたことや、中国でのアイホン5生産の停止を嫌気し、ソフトバンクや工作機械など関連株も下落。終日、連休前の終値を下回って推移しました。中国で、人民銀行が大型の資金供給オペを実施。預金準備率の引き下げが近いとの観測から他のアジア市場が上昇するなか、後場にかけ先物市場にまとまった売り物がだされたことを機に、裁定解消売りなどから主力株を中心に下落幅を拡大。今晩から、米国で決算発表が本格化することから、押し目買いを入れる投資家もなく、結局、日経平均は、前週末比93円71銭安の8769円59銭、TOPIXは9.45ポイント安の727.68ポイントと、ともに反落。ほぼ安値圏で取引を終えています。出来高は、中国関連への見切り売りなどから主力株が売られ、1億6000万株増の16億2478万株。騰落状況は、値上がり393、値下がり1160。

 今日の終値での日経平均サイコロは5勝7敗(41%)、RSIは31%、25日線かい離は-1.6%、騰落レシオは93%でした。RSIの調整ピッチは速まっていますが、他の指数の調整未了感が目立っています。今週末にオプションSQを控えていることから、波乱含みの展開もありそうとしましたが、やはりね…という感じです。下げの爆弾になる裁定買い残は9月末までに1兆7577億円に達しています。6月22日の1兆94億円からみると、3か月で約7500億円の増加。今の1兆円を割り込むような売買代金水準では、十分な下げエネルギーになります。ただ、朝も書きましたように、月末の日銀金融政策決定会合で追加緩和の可能性が高いことから、内需株中心に買われ、押し幅は限定的なものになりそうです。当面、9月6日の安値8646円(ザラバ)を守れるかどうかが焦点になります。それにしても、あと7円で三本新値が陽転したのに失敗。今日陽線で終われば「赤三兵」で買い信号がはいったのに、これもダメ…。この辺が今の相場の弱さ…か。レポートでも触れたように、26週線の調整日柄が満ちるまでは我慢の時か…。個別銘柄の落穂ひろい。本日は、NECネッツエスアイ、物語コーポレーション、アイダエンジニアリング、東急リバブルの4銘柄が年初来高値を更新。 
※レポート購読会員を募集しています。関心のある方は、レポート案内を見るか、メールフォームにて、直接、お問い合わせください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK

スポンサーサイト



世界的な景気減速懸念やアイホン5生産停止を受けたアップル下落の影響で反落
 おはようございます。 

 短い休みでしたが、この間いろんなことがありました。中国は、相変わらず接続水域への出入りを繰り返し、長期神経戦への持ち込みを図っています。また、米国の尖閣問題専門家は、中国が活動家(もしかしたら、武装した?)を100人単位で尖閣上陸させ、居座らせる可能性があると警告しています。もし、重火器を使用されたら、野田政権はどう対応するのでしょうか。武器使用について規制を緩和しなければ、貴重な海保の若者の命を失わせることにもなりかねません。なにしろ、相手は、領土問題では、ベトナム、インド、ソ連などと戦闘行為を重ねてきたベテラン。平和ボケの日本の基準で物事を考えると大きな間違いを犯すことになりそうです。

 一方、日中間の緊張を受け、予想通り(?)韓国が漁夫の利を得ているようです。阪神大震災など、日本の危機のたびに、ハブ空港や国際貨物取扱港などで漁夫の利を占めてきましたが、今回も、韓国の自動車メーカーの販売が急伸。観光地では、日本から目的地を変更した中国観光客で対前年比35%も伸びたといいます。よかったですね。でも、中国の後ろに隠れて、日ごろのうっぷん晴らしをしようとしたのに、中国からは経済水域で難題を突きつけられてしまいました。そのとたん、対日姿勢が腰折れとなり、融和を図る方向に変化しています。大国の間で生きる国の宿命とはいえ、さもしいものですね。そういえば、日本からの借款は62兆円にも達しているようですが、返済期限はとっくの昔に過ぎているそうですね。そろそろ返済してもらってもいいのでは…。

 さて、うにの棘状態の中国ですが、今度は、アイホン5の生産を受け持つ中国・フォックスコンで生産が停止した…という報道がありました。膨大な需要に対応するため、国慶節の休日返上で勤務したことに、労働者が反発したようです。会社側は期間中3倍の賃金を支払った、といいますが、社員は納得しなかったようです。おかげで、昨日のアップルの株価は2.2%も下落。米株下落の原因を作ってしまいました。真相のほどは、わかりませんが、中国での生産が、納期などの面で大きなリスクになり始めたことは、確かでしょう。このところの、中国での人件費の上昇を受け、国内企業と外資系企業の人件費格差がなくなってきたことから、(国内企業の競争力を維持するため)外資系企業の賃金引き上げに動き出した…という予想もあります。企業にとって、中国という国はモノづくりでは、リスクばかりで魅力のない国になってきたような感じがします。

 8日の米国市場動向
 ニューヨークダウ 1万3583ドル65セント -26ドル50セント(0.19%)

 NASDAQ総合指数 3112.36ポイント -23.83ポイント(0.76%)

 S&P500 1455.88ポイント -5.05ポイント (0.35%)

 CME日経平均先物(円建て) 8800円 -70円

 米国10年物国債金利 市場は休場 気配は1.746% +0.014%

 ニューヨーク原油 89.33ドル -0.55ドル

 GOLD 1775.6ドル -5.20ドル

 ドルインデックス 79.60 +0.27
 

 昨日の米国株は、世界銀行が東アジアや中国の成長率見通しを引き下げたことから、世界景気への懸念が強まり欧州主要株式市場や商品市況が軟化した地合いを受け、売りが先行。反落スタートになりました。この日がコロンバスデー祝日で債券や為替市場が休場で手がかり材料が少ないなか、前週末、高値を更新していたことから利食い売りが先行したことも、下げに拍車をかけました。アイホン5の中国での生産停止の噂からアップルが下落するなか、通信やコンピューター関連などが売られ、ニューヨークダウは寄り付き後、まもなく、この日の安値1万3552ドル(前週末比58ドル安)をつけました。ただ、売り一巡後は、今晩のアルコアから始まる決算発表の結果をみたいという動きから、小動きに推移。終日マイナス圏で推移したものの、引けにかけては、やや下落幅を縮小しています。結局、ニューヨークダウとNASDAQ総合指数は反落。S&P500は続落して終わりました。ニューヨーク市場の出来高は、前週末比1億4149万株減の4億6358万株と閑散商状。騰落状況は、値上がり1172、値下がり1813。VIX指数は、5.44%上げ15.11に上昇しています。

 NYダウは、反落。ダウ30種は、値上がり11、値下がり18、変わらず1。ユナイテッドヘルス、アルコアなどヘルスケア、景気敏感セクターが上げた一方、住宅関連のホープデポ、輸出関連のGEの不振が目立ちました。ダウは、3~4月レンジ相場の上限ラインを下値に、1万3700ドル付近を上限とする新たなレンジ相場内の動き…。相場全体をリードしてきたアップルへの売りが増加し、NASDAQ100指数が他の指数を上回る0.86%の下げとなり、25日線も下回ってきたことが懸念されます。

 米国株は下落。CME日経平均先物は、前週末の大証終値に比べ70円安い8800円で帰ってきました。レンジは8775円~8910円。円は、欧州でスペイン、ギリシャ支援問題が不透明感を強めていることから、再度リスク回避姿勢が強まり、対ドルは78円30銭台、対ユーロは101円50銭台にそれぞれ上昇して帰ってきました。本日の日本株は、CME先物終値にさや寄せし先物売りが先行。裁定解消売りなどから軟調なスタートが予想されます。今週末にオプションSQを控えており、これに絡む動きも相場の先行きを読みづらくしそうです。為替の円高もあり、外需株は動きづらそうですが、月末開催の日銀金融政策決定会合での追加緩和を期待して、不動産や消費者金融、リース、消費関連など内需系への買いがありそうです。ハイテク株はアッププルの中国生産停止問題はありますが、昨日、ウォールストリートジャーナルが新型の小型アイパッドの1000万台生産を発注したと報道しており、関連株が買われる可能性もありそうです。資本金別で小型株指数の弱さが目立っており、流れは、中型、大型へシフトすることも想定しておくほうがよさそうです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ