FC2ブログ
大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
09 | 2012/10 | 11
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



堅調な景気指標はあるものの、大統領選など不透明材料の接近から小動きに
 おはようございます。 完全に風邪をひいてしまいました。体は熱っぽいですし、頭も「ボー」としたままです。昨日は、早々に布団を引いて寝てしまいました。

 …ということで、昨日は書き込みができませんでしたが、昼から相場のほうは大荒れになりましたね。朝の書き込みでも「月内最終の換金売りと、GLOBEX米国株先物の動きに注意した方が良い」と書きましたが、GLOBEX市場の米国株は時間を追うにつれ下落幅を拡大。後場にかけて90ドル近い下げになると、中国上海市場の下落幅が拡大。後場になると、ゴールドマンザックスやJPモルガンなど米系証券を中心に先物売りが増加。株価は前場とは売って変わったような下落相場に変わってしまいました。
 
 先週から海外投資家の買いが増加していましたが、4000億円近い買い越し額のうち、6割以上が先物のい…。先週から今週にかけて、日中に強引な先物買いがたびたびありましたが、たぶん、30日の日銀金融政策決定会合を思惑材料にした米系ヘッジファンドが「円売り・株先物買い」、「債券先物売り・株先物買い」などのプログラム売買を仕掛けていたんでしょう。週明けすぐに、日銀の会議がありますが、市場の期待は少々膨らみ過ぎているところがありますから、材料出尽くしや失望売りがでる可能性もあり、昨日が益出しのタイミングだった…ということもあったんでしょう。日銀の追加緩和に関しては、少々あおりすぎという感じがしないでもありませんが、もしかしたら、投機筋のあおりに乗せられていた…という動きがあったのかもしれません。

 先日から、先物買いが先行しすぎることから、裁定買い残の積み上がりを懸念。今週中に警戒ラインの2兆円を突破したのではないか…としましたが、昨日のような動きがでると、途端に解消売りがでて簡単に急落してしまいます。実際、ポジションが解消されたためと思いますが、円が買われ79円台に上昇、債券先物も上昇していました。ちなみに、裁定取引上位の国内証券の先物手口は、日経平均、TOPIXとも買い越しになっており、日経225型、TOPIX型の双方で裁定解消売りが行われたことを示しています。まあ、来週になってみないとわかりませんが、裁定解消に売りに「びくびく」しなければならないような相場にだけはなってほしくないものですね。昨日は、結局、日経平均は122円14銭安の8933円06銭、TOPIXは10.19ポイント安の741.23ポイントと、ともに続落。月内換金売りがでたことから、出来高は前日比2億株増加し17億9254万株、また、裁定解消うりが外需系値嵩株中心にでたことから売買代金も1兆円の大台に乗せています。騰落状況は、値上がり424、値下がり1101でした。

 昨日の終値での、日経平均サイコロは8勝4敗(TOPIX7勝5敗)、RSIは53%、25日線かい離は+0.8%、騰落レシオは97%でした。日経平均のサイコロの高さだけが目立ちます。週間では、日経平均さいころは5勝7敗、RSIは55%と、過熱感はなし。なんとか、13週線は維持して終われました。来週は、いよいよ26週線の対応点が時価付近に並んできます。翌週は、対応点がさらに下落。26週線に変化が出てきます。いよいよですね…。詳しくは、明日発行のレポートで注目株を含め、検討してみます。パラマウントベッドと物語コーポレーションは、手が付けられない相場になってしまいました。パラマウントベッドの上げ方を見ると、海外のファンドが組み入れをしているような買い方ですね。

 26日の米国市場動向
 ニューヨークダウ 1万3107ドル21セント +3ドル53セント(0.03%)

 NASDAQ総合指数 2987.96ポイント +1.83ポイント(0.06%)

 S&P500 1411.94ポイント -1.03ポイント(0.07%)

 CME日経平均先物(円建て) 8965円 +35円

 米国10年物国債金利 1.744% -0.086%

 ニューヨーク原油 86.28ドル  +0.23ドル

 GOLD 1711.90ドル -1.10ドル

 ドルインデックス 80.00 -0.08


 昨日の米国株は、アジア株が大幅に下落したものの、ギリシャ問題について前進がありそうとの観測から欧州株が堅調に推移したことを好感。第三四半期GDP成長率が予想を上回ったこともあり、小幅続伸して始まりました。ただ、寄り付き後、ミシガン大消費者信頼感指数の確報値(10月)が発表され速報値から下方修正されたことを嫌気し売りが先行。昼ごろにかけ、ニューヨークダウはこの日の安値1万3040ドル(前日比63ドル安)をつける場面もありました。引けにかけては、新発売のウインドウズ8への期待感から、インテルやIBM,ベライゾンなど関連株が買われ指数は上昇。引け前にはこの日の高値1万3151ドル(同48ドル高)をつけています。大引けかけやや上げ幅を縮めたものの、結局、ニューヨークダウとNASDAQ総合指数は続伸。金融株の不振から、S&P500は小幅反落して終わりました。騰落状況は、値上がり1229、値下がり1754。VIX指数は、1.71%下げ17.81に低下しています。

 ダウ30種は値上がり13、値下がり17。ウィンドウズ8発売にともなうパソコンの切り替え期待からインテルが1.20%上昇。マイクロソフトも1.18%あげるなど、ハイテク株が堅調でした。一方、バンクオブアメリカやJPモルガントラベラーズなど金融関連がさえませんでした。
 大統領選前にフィッチが米国債の格付けを引き下げる…との噂から、国債が売られていましたが、同社がこの噂を否定。債券が買い戻されたことから、資金が債券市場に移動。株式市場はさえない動きでした。大統領選の接近から、財政の崖など不透明感が増幅。リスク資金は、国債や社債などの市場に一時退避しているようです。ただ、VIX指数は落ち着いた動きをしており、大きな崩れは心配していないような感じです。NYダウは7月3日高値、同15日高値、8月30日安値で形成される抵抗ゾーンで下げ止まる動き…。200日線も下値を支えています。RSIやDMIなどのテクニカル指標は底値ゾーンに来ています。今のところは、外部環境の不透明感を嫌っているところでしょうか。引き続き、8月30日安値を切るか、切らないかがカギ。

 米国株は高安まちまち。CME日経平均先物は、大証終値を35円上回る8965円で帰ってきました。レンジは8905円~9085円。円は、米金利急低下やギリシャ問題の不透明感を受け、対ドルは79円60銭台、対ユーロは103円台とともに円高水準で帰ってきました。週明けは、CME高を受け堅調にはじまりそうですが、よく30日の日銀会合をめぐって先物筋の動きが活発になり、指数は不安定な動きを強めそうです。詳しくはレポートで…。
※レポート購読会員を募集しています。関心のある方は、レポート案内を見るか、メールフォームにて、直接、お問い合わせください。  


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK

スポンサーサイト





プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ