FC2ブログ
大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
10 | 2012/11 | 12
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



円安進行を受けた先物買いにリードされ4日続伸して終了…上海市場は一時2000ポイントの大台を割り込む
 週刊誌の見出しを借りれば「野田自爆テロ解散…」と名づけられたようですが、その解散宣言以来、株式市場の景色はすっかり変わってしまいました。今回の解散については、9月の党首選挙以来、ごく少数のメンバーで極秘に進められてきたといい、安住淳元財務大臣を党幹事長代行に据えたことが、今回の解散の布石だったそうです。決して、自爆テロなどではなく、一部で進められていた野田おろし⇒細野首相のもとでの解散総選挙を封じる狙いがあったといいます。これ以上のイメージダウンを防ぐとともに、新興政党の選挙準備が整う前に、総選挙を実施。議席数の減少を最小限に食い止めるためには、やむをえない秘密行動だったといい、決して、やけくそや自暴自棄解散ではなく、十分、計算しつくされたものとして、高い評価をする評論家もいます。まあ、選挙の結果をみればわかることですが、苦戦することだけは確かでしょう。

 マスコミは、さっそく、お得意の世論調査結果を掲載。TPP賛成派が多数を占めた…など、自社が主張する方向に世論を誘導するような動きを始めています。まあ、マスコミが散々こき下ろした民主党ですが、3年前に自民党を、たたき、民主党に入れるよう誘導したのも大マスコミですから、今回は、国民が自らの考えで政治を託せる「人」を選ぶことが大事になりそうです。所詮、大手新聞や放送局も体制派に属する既得権者だということを忘れてはいけません。今回の選挙では、立会演説会に足を運び、候補者に質問し、納得したうえで投票してみようと考えていますが、民主党では、マニフェストに関し候補者に縛りをかけるようですね。政治課題が多岐にわたり、すべての問題で合意を取り付けるのは無理なのに、まだ、しばりつけようとするんでしょうか…。もう少し、米国のように緩やかな連携にすればいいのに、とおもうのですが…。政党本位の小選挙区制が採用され、個人の政治家の能力が抹殺されたところから、今の混乱や政治能力の低下が始まっていると思うのですが…。

 まあ、とにかく、安倍さんの大風呂敷の影響もありますが、景気後退期に平気で消費税の引き上げを実施しようとするような民主党デフレ容認政権が交代する可能性が強まったことを市場は素直に好感しています。振り返れば、米国株の底値は昨年10月でしたが、日本は11月末にずれ込んでいます。日本株も他の先進国と同様に10月にいったん底入れしましたが、11月初めのカナダでのサミットで、突然、消費税引き上げを持ち出し、国際公約化してしまいました。結果、景気の先行きを懸念し売られ、底入れが欧米に比べ遅れることになってしまいました。市場は、消費税の引き上げが日本経済を弱体化させる…と読んでいたわけです。市場は、民主党は、デフレ解消に取り組む意思がないとして、日銀のごまかしの緩和と合わせ、日本株売りをすすめてきたわけです。しかし、ここにきてデフレ放置の民主党政権が交代する可能性が出てきたわけです。おまけに、次期政権を担うかもしれない安倍自民党総裁が、デフレ克服への大きなアドバルーンを上げてきた…。

 日本株売りのバックグラウンドが変わってしまうかもしれない…と、思って、あわててポジションの解消に動いてきたのが、先週末からの流れなんでしょう。おそらく、大半がオプションの損失カバーや先物売りの解消にともなう先物買いがほとんど…。先物買いが先行したことから、裁定買いが誘発され、指数が急伸した、ということなんでしょう。今日の相場も、先週末のCME日経平均先物が9100円に接近して終わっていたことから、朝方から、オプションなどの弱気ポジションのヘッジ買いを含めた先物買いが集中。裁定買いを巻き込み、日経平均は前週末の終値を117円上回る9141円と髙寄りしてスタートしました。ただ、先週から急伸していることや、9100円以上の水準は需給の壁に当たっているほか、ドル円相場の急所が81円50銭付近にあること、また、今日から始まった日銀金融政策決定会合で現状維持が予想されることなどから、先物の利食い売りが増加。また為替も81円50銭に乗せたあと上昇に転じたことなどから、売り買いが交錯。指数は高値圏でのもみあいに終始。4日続伸して終わったものの、終日値幅は48円と狭いレンジの動きになりました。結局、日経平均は、129円04銭高の9153円20銭、TOPIXは10.82ポイント高の762.16ポイントで終わっています。出来高は、週明けで手がかり材料が少なく、前週末から約5億7000万株少ない20億1395万株で終わりました。騰落状況は、値上がり1355、値下がり235と、ほぼ全面高商状。

 今日の終値での、日経平均サイコロは5勝7敗(TOPIX同じ)、25日線かい離+2.7%、RSI64%、騰落レシオ112%でした。サイコロは安全圏ですが、25日線かい離、騰落レシオの数値上昇が気になる所です。まあ、今日は指数の上昇を見て、出遅れ株を買う動きが強まり、全面高商状になりました。心配していた、アイランドリバーサルの抵抗帯も一気に突き抜けてきました。ただ、ここからは、過去3年間にわたり、突っかけては押し戻された抵抗帯。先物が伸びなやんだのもこの辺りを意識したものでしょう。レポートでも、今週は、買戻しの一巡を警戒する必要がある…としました。また、ドル円相場も、81円50銭の壁が意識される可能性があり、逆に動けば、裁定解消売りが圧迫する可能性も出てくる…としました。まあ、今日の頭の重い動きは、そのあたりを反映したものでしょう。また、直近レポートでは、中国上海市場の動きも経済指標と絡めて懸念しましたが、本日、上海総合指数は2000ポイントの大台を割り込んでいます。無視していて、いいんでしょうかね。このところ、中国関連株の上げが目立ちましたが、これは、中国の先行きを懸念した空売りの買戻しによるもの…。

 別に、弱気をしているわけではありませんが、そろそろ、戻りの限界に達するものも出てくるんではないか…ということです。レポートでは基本的な物色の流れを変える必要はないとしていますが、主力については、やはりチャートの状況が改善する12月初旬前後かな…とみています。ただ、今の高値を買っても来年には利食いできるものと思いますが…。短期張りの人は、たまには、週足の状況も確認したほうがいいともいます。そろそろ、米国株も調整の幅と日柄が足りてきましたから、動き出しそうですし…。米国と東南アジアに注力している企業を丹念に狙うのがベスト。そういえば、今日は NTTドコモが、全国のLTEの中継局を4000箇所作るということですが、レポートの注目株もメリットを受けるかも…。
※新規購読会員を募集しています。関心のある方は、レポート案内を見るか、メールフォームにて、直接、お問い合わせください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK

スポンサーサイト





プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ