FC2ブログ
大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
10 | 2012/11 | 12
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



円安を好感し9500円大台に接近するも、週末や財政の崖交渉を懸念し、上げ幅を縮めて終了
 やっと11月相場が終わりました…。今週は、なんだか、疲ればかりが残った感じがします。全体的にかさ上げ相場が進み、焦点ボケになったせいもあるのでしょうか。下げ相場のほうが、銘柄選定などは楽なんですがね…。来週から、いよいよ師走相場に入ってきます。もち代稼ぎの「餅つき相場」が始まるほか、年末には、米国の「財政の崖」の期限が迫ってきます。また、景況感の悪化が目だつなか、6日はECB(欧州中央銀行)理事会が開催され、利下げや第3次3年物資金供給の可能性があるほか、11日からは12日までの予定で米国FOMC(公開市場委員会)が開催されます。財政の崖交渉の不調に備え、予防的に追加的な緩和に踏み切る可能性があります。さらに、14日の日銀短観を受け、19日には、日銀金融政策委決定会合が開かれ、欧米金融緩和の影響を見ながら、追加緩和を模索することになります。

 その段階で、どの政党が政権を担っているかわかりませんが、これからの日銀は、一方で量的緩和をしながら、その一方で、日銀本体勘定を引き締め、通貨総量はあまり増えないようにする…というようなごまかしは通用しなくなりますが、果たして、どんな政策をとってくるんでしょうか。また、12月21日19時17分のマヤ歴が暗示する世界終末の時もきます(実際は、新しい人類の6万年の歴史の始まりですが…)。ただ、器楽的には、一番悪いタイミングでもありますので、世相や自然現象に注意したほうがいいのかもしれません。これだけ、数え上げても、12月には重要なイベントが山積しています。おまけに、12月7日の「大雪」からは「壬子」恐怖を表す水が重なります。まあ、「調子に乗るな…」という戒めとして、慎重に構えていきましょう。

 さて、本日の日本株は昨日の米国株が堅調な景気指標に支えられて続伸。CME日経平均先物も、9460円と上昇して帰ってきていましたので、先物買いが先行。対ユーロでの円安が進んだことから、精密機器や海運、電気製品など外需関連も買われ堅調な始まりになりました。ただ、寄り付きの買いが一巡すると、週末控えであることや、米国財政の崖交渉への懸念から利食いを急ぐ動きがでて、日経平均は、一時、前日安値を下回る場面もありました。しかし、為替市場で、輸入業者のものと思われる月末のドル手当て買いと思われるまとまった買いが入り、円が下落すると、株先物市場で大口の買いが入り、先物が上昇。つれて指数銘柄に裁定買いが入り、日経平均も急伸。一時、高値9492円をつけ、9500円大台に接近する場面もありました。9500円の壁が厚いことがわかると、引けにかけ先物の手じまい売りが増加。上げ幅を縮めていました。結局、日経平均は、前日比45円12銭高の9446円01銭、TOPIXは2.02ポイント高の781.46ポイントと、ともに続伸して終わりました。出来高は、月末の政策的な売買もあり前日比5億7000万株増の23億8545万株に急増しています。売買代金も1兆4245億円と大台を回復してきました。騰落状況は、値上がり605、値下がり933.一時値上がり数は1000を超えてましたが、週末の手じまい売りもあり、値を消しているものが増えています。

 今日の引け値での日経平均サイコロは10勝3敗(TOPIX9勝3敗)、RSI80%、25日線かい離+4.3%、騰落レシオ106%…。騰落レシオは、低下しましたが、日経平均サイコロとRSIは警戒ゾーンを突破してきました。短期テクニカル指標は過熱ゾーンに入りましたが、来週から2回の4連騰分が落ちてきますから、サイコロ調整は短期で済みそうです。また、本日の引け値で、週足、日足とも、6月初旬を起点にする上昇バンドの上限ラインを突破してきました。一気に、離れていくか、このラインを固めに入るかが目先の焦点…。今日も、事業の再編に絡む材料がでて、短期筋が飛びついていましたが、日本企業もようやく、国内の過当競争体制を修正し、国際競争力を高める努力を初めて来たようです。本来は、バブル崩壊後に、しなければならなかったことですが、日本企業もようやく、利益重視の経営に転換し始めたようです。これからは、ROEが重視されてくるのかもしれません。海外投資家って、こういう変化が好きですね。野村証券の企業セミナーには、海外の有力ファンドからの参加が多くあり、過去最高の申し込みがあったようです。納得がいったら、来年からは、ヘッジファンドなど短期筋ではなく、腰を据えた買いが入ってくるのかもしれません。日本市場も変わってきそうですね。まだまだ、本格的な外人買いは入ってはいないようですね。オリジン電気ですが、曲がるべきところで曲がらず、行き過ぎてしまいました。一気に、これからの業績変化を織り込みにいくのでしょうか…。詳しくは、全体観を含み、日曜発信のレポートで、注目株を含め解説します。
※レポート購読会員を募集しています。関心のある方は、レポート案内をみるか、メールフォームにて、直接、お問い合わせください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK

スポンサーサイト



財政の崖交渉への楽観的な見方と堅調な景気指標が支えとなり続伸して終了…NASDAQ市場の強さが目立つ
 おはようございます。 

 欧州市場はギリシャがトロイカとの約束を守れるかどうか…への不信感を抱えながらも、とりあえず小康状態に入ってきました。次は、景気が問題になってきそうです。当面の問題が解決したことから、12月には、ECBの追加利下げや、期間3年物融資の3回目の実施が思惑されてきそうです。米国も12月のFOMCでは、「財政の崖」交渉の不調による景気圧迫にそなえ、追加的な緩和が予想されています。安倍発言で一気に円安が進みましたが、ここにきて、下落が一服しています。市場は、欧米の緩和とそれにたいする日銀の緩和を天秤にかけているのかもしれません。

 米国の財政の崖交渉は、相変わらず…。民主党は、「共和党からなんの提案もない…」といい、共和党は歳出削減に関し、大統領が譲らない…」とお互いに避難し合っています。共和党は、社会保障費の抑制を要求しているようですが、オバマ大統領としては、国民との約束でもあり簡単には譲れないところ…。一方、富裕層への増税に関し、共和党は徹底抗戦の構えのようです(一部には、増税もやむを得ないのではとする共和党議員も増えているといいます)。まあ、本格的な交渉は始まったばかり…。序盤は双方とも支持者の顔色をうかがいながらジャブを応酬。これからな本気の殴り合いを初めて、妥協点を探っていくことになります。お互いから具体的な提案がなされ、「こんなんで大丈夫か…」という感じになってきたら、妥協点がちかいということなんでしょう。「なあなあ」で解決する日本流の見方では、理解できないかもしれませんね。まあ、市場は、それほどこの問題を深刻に考えていないことだけは、確かなようです。

 29日の米国市場動向
 ニューヨークダウ 1マン3021ドル82セント +36ドル71セント(0.28%)

 NASDAQ総合指数 3012.03ポイント +20.25ポイント(0.68%)

 S&P500 1415.95ポイント  +6.02ポイント(0.45%)

 CME日経平均先物(円建て) 9460円 +50円

 米国10年物国債金利 1.620% -0.011%

 ニューヨーク原油 88.07ドル +1.58ドル

 GOLD 1729.5ドル +10.7ドル

 ドルインデックス 80.20 -0.10


 昨日の米国株は、アジア株高やギリシャ支援問題の一巡を受け欧州株が全面高になった流れを受け継ぎ、買いが先行。続伸してスタートしました。朝方発表された第三四半期GDP改定値が上方修正されたことや、新規失業保険申請件数が減少したことなども好感され、ニューヨークダウは1万3000ドルの大台を回復しました。途中、共和党ベイナー下院議長の、与野党交渉の不調の談話が嫌気され、弱含む場面もありましたが、この日発表された住宅販売保留指数(中古住宅販売の先行指標)が予想を上回り、2007年3月以来の水準に上昇したことなどを手がかりに買いものが増加。引けにかけ上げ足を速め、引け近くには、この日の高値1万3062ドル(前日比71ドル高)をつけています。結局、主力3指数とも続伸して取引を終えました。ドル安を受け、外需や石油関連が買われたほか、通信株、金融株も堅調でした。ニューヨーク市場の出来高は、前日比3071万株減の6億7726万株。騰落状況は、値上がり2168、値下がり818。VIX指数は、2.90%下げ、15.06に低下しています。

 ダウ30種は、値上がり20、値下がり9、変わらず1(アルコア)。ヘルスケア大手ユナイテッドヘルスが3.05%と最大の値上がりになったほか、キャタピラーが1.5%上昇。金融のアメックス、バンクオブアメリカ、JPモルガンもしっかり。一方で、インテル、マイクロソフト、IBMなどハイテクの動きがさえませんでした。
 ダウは小幅続伸。依然、10月後半~11月初旬の持ち合い場面を意識しているほか、200日線を上値抵抗として意識する動きが続いています。ただ、昨日、11月23日の高値を抜いたことで、日足の逆三尊底が完成した格好になっており、目先、3~4月レンジ相場の上限ラインへ向けての上げ相場が始まるかもしれません。引き続きNASDAQの強さが目立っており、クリスマス商戦のネット販売の好調や、ITを駆使した新産業の勃興を先取りする動きが強まりそうです。

 米国株は続伸。CME日経平均先物は、大証先物終値を50円上回る9460円で帰ってきました。レンジは9335円~9475円。円は、米株上昇はあったものの、財政の崖交渉への不透明感から長期金利の低下が持続。対ドルは82円10銭台とこう着感を強めています。ただ、対ユーロは欧州情勢の落ち着きからユーロが買われ106円60銭台に軟化して帰ってきました。本日の日本株は、CME日経平均先物終値にさや寄せし、買い先行から上伸して始まりそうです。CME上限が9475円をつけており、為替やGLOBEX米国株先物の動きによっては9500円大台への挑戦もありそうです。今日の終値で、6月起点のバンド上限を上回って終わると、いよいよ、次の計算上のポイント9810円付近を狙う動きが始まりそうです。先行して休んでいる主力株グループの出直りが注目されます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ