FC2ブログ
大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
01 | 2013/02 | 03
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -



米株安や中国市場の波乱を受けた先物筋の売り仕掛けで急反落
 相場は小回り3か月…といいますが、格言通り3か月たった2月中旬から、相場はぱったり動きを止めてしまいました。2月のスケジュールを考えると、こう着状態になるのも無理はありませんね。
 今月に入り、G7、G20と日本の円安を咎めるような動きが続いたほか、今晩から安倍首相は日米首脳会談に出発。安全保障やTPPなど懸案事項について詰めを急ぐことになりそうです。何しろ、前民主党政権は、「TRUST ME」から始まって、原発事故対応で間違い海兵隊を被ばくさせ、最後には、中國との対応を間違え、中國海軍が太平洋に進出する口実を与えてしまった…。まあ、米国のアジア政策をぼろぼろにしてくれましたから、米国にしてみれば、やっと、まともに話し合える政権ができた…ということで、今回の首脳会談は、かなり突っ込んだ議論がなされるのではないでしょうか。

 ソ連との冷戦解消後、日本の不沈空母としての役割が終了。金融立国として経済を再生しようとした米国の前に立ちはだかったのが、日本…。そのため、米国から敵視され、強烈な円高により経済的なプレゼンスを削がれてしまいました。しかし、経済の発展をさせれば民主化が促進される…として、支援を続けてきた中国が、経済発展したものの、一向に民主化は進まず、かえって、共産党一党独裁体制が強まっただけでなく、経済力を背景にした軍事力の強化で、アジア外交での米国への圧力を強めつつあります。

 中国をのさばらせたのが、日本の経済力の衰退。米国のアジアでのプレゼンスを高めるには、日本の経済力を再生し、再び、不沈空母化し、中国の太平洋進出の盾にする必要が出てきました。今回、急激な円安が進んだにもかかわらず、米国から批判的な声が上がらないのも、この辺りに原因がありそうです。おそらく、次期、日銀総裁人事も、FRBとの調整が取れる候補者を米国に示し、OKをもらう狙いがあるんでしょう。何しろ、現日銀総裁は、徹底した金融緩和で、リーマンショックを乗り切ったFRBの金融政策を、デフレも克服できないのに「FRBの金融政策は間違っている…」と批判し、顰蹙を買った人物ですから、FRBとしても関心は高いはず…。せめてまともな人物を、と考えているはずです。まあ、今回の日米首脳会談は、民主党時代の3年の空白を埋める大事なものですから、想定以上の話し合いが行われる…と思っておいた方がよさそうです。まあ、日本にとってマイナスになるようなことは、して来ないでしょう。

 さて、日本株は2週間にわたって、隔日で上昇と下落が繰り返される動きが続いています。先物筋が、毎日夜ばかり商いをしているためと思いますが、特にCTAの機関店とみられる欧州系証券の動きが荒っぽくなっています。今日の日本株は、FOMC議事録ショックで米国株が下落したことを嫌気し、売り先行ではじまりました。一時、対ドルで円安がすすんだことから、寄りの売り一巡後に主力株が買い戻され、下落幅を縮める場面もありましたが、中国で不動産市場の価格抑制継続方針が伝えられたことや、まとまった市場からの資金吸収が行われたことを嫌気し中国株が急落。他のアジア株も軟調になると、先物に断続的な大口の売り物が出され、裁定解消売りから指数は下落幅を拡大。一時は前日比160円以上下落し、1万1300割れ寸前まで売られました。売り一巡後は、引けにかけ、底這いの動きとなり、結局、日経平均は159円15銭安の1万1309円13銭、TOPIXは、10.84ポイント安の962.86ポイントと、ともに反落し安値圏で終わりました。出来高は、前日比1億株減少し27億2791万株、売買代金も1兆7834億円に減少しています。騰落状況は、値上がり563、値下がり1020.

 今日の終値での日経平均サイコロは5勝7敗(TOPIXは6勝6敗)、RSIは54%、25日線かい離は+2.0%、当落レシオは111%…。モメンタムの低下が続いています。株価が引きづりこまれないようにしてほしいものです。引け後の先物手口をみると、やはりCTAの機関店とみられる欧州系証券が、6000枚近い大量売りを出していました。先週には1万7000枚以上の買い越しがありましたが、すでに1万枚近くは売っているようです。商品のヘッジファンドの危機が紙上で言われていますが、なにか益出しをしなければいけないような事情があるんでしょうか。買いに回ってくるようだと、先行きが楽しみになるんですが…。

 さて、相場は動反動の法則に従って動きます。2月初旬の大型数量銘柄は、東日本大震災以来の51億株(2月7日)の大商いにつながりましたが、この時には個人のディーリング商いで、大型株が食い散らかされました。この時には、新興市場株や中小型株が売られ、大型数量株への乗り換えがおきましたが、昨日、今日の動きをみると食い散らかされた数量株(大型株)が下落。一方で、新興市場や中小型株が上昇する…という、まさに「動反動の原則」を地でいく展開になりました。直近レポートでは、業績変化率が大きかったにもかかわらず、上げていなかったものを注目しましたが、商業ビル供給増や住宅の駆け込み需要でメリットを受けるとしたサンゲツ、政権交代以来安倍首相のブレーンが注力していたメタンハイドレード関連の三井海洋開発、地方スーパーとの提携強化で地方開拓を進めるマツモトキヨシ、農業と円安による業績修正関連のやまびこ、為替差益狙いの高砂香料などが年初来高値を更新しています。

 一見、食い散らかしているような相場ですが、一方で、冷静にファンダメンタルを見ている投資家もいるんですね。とにかく、大型主力株は、食い散らかして、テーブルの上は、食べかすだらけの状態。いったん、きれいに掃除しないと、新しい相場には移れませんね。そろそろ押し目買い…なんて言ってる間は無理か…?全体の柱になっている株だから、まさか…と思うような銘柄が「ずるっ」ときたら、そろそろ押し目買いのチャンス。とにかく、主力は円安にならないと動けない。円安が再開するのは、日銀総裁が決まって、新総裁が仕切る日銀金融政策決定会合へ向け期待感が高まるようになってから…。来週中には決まるようですが、バーナンキFRB議長が満足するような人選になるのかどうか…。すべては、来週…。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK

スポンサーサイト



FOMC議事録への失望、アップル下落、資源価格の急落を受け、急反落して終了
 おはようございます。 きのうは、寒風の中自転車で、街中を走りまわっていました。丘の上みたいなところに住んでいますので、行きは楽ですが、帰りは長い坂道を上がるような感じ…。帰り着くと汗をかいています。そろそろ、住む場所を変えてもいいのかも…。

 さて、昨日の海外は、いろいろあったようです。まず、アップル製品を受託生産している台湾フォックスコン最大の深セン工場が従業員募集を停止した…と伝えられ、アップルからの受注が減少しているのではないか、との憶測を呼び、アップルだけでなく、半導体など関連株が売られNASDAQ市場の足を引っ張りました。同社担当者は、募集を停止していることは認めたものの、従業員は春節休暇から戻り、業務についている…とし、受注減少の憶測を否定しています。市場は、アップルの動向に神経質になっているようです。

 また、昨日は金価格の下落も話題になりました。1月に著名投資家のジョージソロス氏が金を大量売却していたことがわかって以降、軟調な地合いが続いていますが、昨日は、金価格の20日移動平均線と200日移動平均線がデッドクロス(死の交差?)する日が近いとして、弱気サインが出る前に売り急ぐ動きがあったようです。もともと、金は、EUのソブリンリスク問題や、中国のハードランディング懸念などのヘッジ手段として買われてきましたが、懸念が緩和したことで、ヘッジを外す動きが続いていました。この点では、危機ヘッジのための安全資産として円が買われた構図と同じ…。資金が危機前の元のさやに納まろうとする流れがまだ続いていることがわかります。そうすると、円も…。円の場合、1月の貿易収支が過去最大の赤字になったこともありますし、いよいよ三桁へむけ、転がり落ちていきますか…。

 さらに、追い打ちをかけたのが、昨日発表された1月のFOMC議事録。市場が持ち合い商状になるなか、注目度が高まっていましたが、内容は「雇用が改善する前に、資産買い入れを減少か停止させることが必要になる可能性がある…」と複数の委員が指摘していたことが判明。予想よりも引き締め時期が早まる…として、株が売られたほか、金利上昇を見越し、ユーロに対しドルが急伸。これを嫌気して、原油価格などドル建ての資源価格も下落しています。金価格の下落にも影響したものとおもわれます。市場は、FRBの出口政策に敏感になりつつありますが、歳出強制カットの景気へのマイナス効果も予想され、FRBとしてもそう簡単に緩和策を解除できないものと思いますが…。

 それにしても、昨日の東証発表の裁定取引残高の修正は一体なんだったんでしょう。8日まで売買分で、一気に2兆円以上も急増。おかしいと思いながら、相場観をややブレーキをかける方向に修正したのですが…。こんな大事な指標を「間違っていました…」と簡単に修正されては困ります。裁定買い残が減ったということは、実際には純粋の先物売りが予想よりも多かった…ということ。そうなると、昨日の朝方の1万1500円付近にあった先物売りへの仕掛けの意味が分かる気がします。やはり、「ごめん…」で済まされる問題ではありませんね。また、これだけ弱気が多い相場が簡単にヘタレルわけもありませんね。

 20日の米国市場
 ニューヨークダウ 1万3927ドル54セント -108ドル13セント(0.77%)

 NASDAQ綜合指数 3164.41ポイント -49.18ポイント(1.53%)

 S&P500 1511.95ポイント -18.99ポイント(1.24%)

 CME日経平均先物(円建て) 1万1415円 -25円

 米国10年物国債金利 2.03% 変わらず

 ニューヨーク原油(4月限) 94.46ドル -2.20ドル

 GOLD 1578.00ドル -26.30ドル

 ドルインデックス 81.04 +0.53


 昨日の米国株は、FOMC議事録の公表待ちから見送り気分の強い始まりになりました。朝方発表された住宅着工・許可件数で主力の戸建てや許可件数が予想を上回り、買いが増加。ニューヨークダウは、寄り後まもなく、この日の高値1万4058ドル(前日比23ドル高)をつける場面もありました。ただ、FOMC議事録への警戒感は強く、上値を買う動きは限られ、前日引け値付近でのもみあい商状に移行しています。2時過ぎに議事録が公表され、複数の委員が、早期の緩和策の変更に言及したことから、これを嫌気した売り物が増加。金や原油などの価格下落から関連株が売られたことも指数の足を引っ張り、引けにかけ次第に下落幅を拡大。引け近くには、この日の安値1万3919ドル(同116ドル安)を付けました。結局、主力3指数とも反落して終わりましたが、アップルと関連株が売られた影響で、NASDAQ総合指数の下落率の大きさが目立ちました。ニューヨーク市場の出来高は、前日比8136万株増の8億1538万株。騰落状況は、値上がり718、値下がり2351。VIX指数は、19.3%上げ、14.18に急伸。下落に備えるヘッジの動きが強まりました。
 
 ダウ30種は、値上がり6、値下がり24。素材価格の下落を受けアルコアが3.3%下落したほか、景気への影響を懸念しバンクオブアメリカが3.2%下落するなど、景気敏感株やドル高を嫌気した輸出関連の下落も目立ちました。
 NYダウは、反落。依然、高値持ち合いの範囲内の動き。25日線上にあり、引き続き強気圏内。RSIは警戒ゾーンからの調整率が50%に近づいており、現在は、出直りのきっかけ待ちの状況。25日線とのかい離修正の終了局面の動きがポイントに。

 米国株は反落。CME日経平均先物は、大証先物終値を25円下回る1万1415円で帰ってきました。レンジは1万1400円~1万1555円。円は、ドルがユーロに対して上昇した流れを受け、対ユーロは124円20銭台に上昇したものの、対ドルは日本の過去最大の貿易収支の赤字を受け93円50銭台と横ばい。本日の日本株は、米株安を受け軟調に推移しそうです。CME先物終値にさや寄せし軟調に始まったあとは、日米首脳会談の結果や日銀総裁人事を見たいということから、売り買いともに手控えられそうです。ただ、一時軟調に推移していた新興市場、中・小型株が勢いを取り戻しつつあることが注目点。内需系が中心か。昨日の裁定買い残の修正を受け、先物弱気筋への攻勢が高まる可能性も…。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ