FC2ブログ
大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
02 | 2013/03 | 04
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -



米株の史上最高値更新や先物筋の仕掛け的な商いで、日経平均は大幅上昇。5日続伸して終了
 今日は、我が家の女性陣は、劇団四季の「ライオンキング」を見に、昼から出かけていきました。したがって今日も、主夫業…。買い出しに行って…料理を作って…で、やっと解放されパソコンに向かったら、7時過ぎです。朝書いた通りの展開になりましたが、簡単にまとめておきます。

 本日の日本株は、ニューヨークダウの史上最高値更新とCME日経平均先物が、1万1800円台に乗せて帰ってきましたから、CME終値(1万1830円)にさや寄せしようと先物買いが増加。指数現物との裁定買いが入り、日経平均は前日比128円高の1万1811円と朝一から戻り高値を更新して始まりました。昨日売られた倉庫や不動産などが買い戻されたほか、米国でハイテク株が買われた流れを受け、電気機器や輸送用機器など輸出関連も買われるなど、外需、内需に関係なく幅広く買われ、指数を押し上げていました。また、中國の大気汚染関連でマスク関連や計測機器などが軒並みストップ高するなど、個別の材料株にも短期資金が流入。指数銘柄以外の銘柄も活況を呈しました。ただ、最近、朝高後、後場にかけダレルる傾向があり、寄り付きの買い一巡後は、指数は高止まりしていました。

 後場に入り、中国株が上げ幅を拡大すると、これまで売り越しを続けていたCTA(商品投資顧問)の機関店とみられる欧州系証券の先物買いがまとまって入ると、裁定買いから指数寄与度の高い値嵩株にも買いがはいり指数は急伸。一気に、1万1900円台に乗せてきました。朝方も書きましたように、あさってのメジャーSQを控え、建玉残高が多い1万2000円のコールを売っている弱気筋の踏み上げを狙った仕掛けが入ったようです。引けにかけ、上げ幅が拡大したのは、オプション弱気筋の防衛的な先物買いが入り、指数を押し上げたものではないでしょうか。今晩の米国株の状況にもよりますが、明日は、一気に1万2000円台に乗せて、弱気筋の踏み上げを狙うような先物筋の仕掛けが続きそうな感じです。全体が上向きですから、短期筋も安心して波乗り相場を続けているような感じですね。結局、指数は高値圏で終わり、日経平均は、248円83銭高の1万1932円と5日続伸、TOPIXは14.60ポイント高の1003.22ポイントと反発して終わりました。出来高は29億9129万株と昨日から減少。売買代金は、値嵩株が買われたことから2兆194億円に増加しています。騰落状況は、値上がり1294、値下がり304。

 今日の終値での日経平均サイコロは、8勝4敗、RSIは64%、25日線かい離は+4.6%と指数系は上昇。物色範囲の広がりをみる騰落指数は、117%に上昇しています。
 直近レポートで、次の日経平均の目標値に、計算上の⑦ポイントの1万2042円と昨年3月高値から6月安値までの押し幅の倍返しポイント1万2215円を出したばかりですが、計算上のポイントのほうは、明日にも達成しそうな勢いです。材料株物色も、再生医療⇒TPP(農業)⇒資産インフレとうまく味付け買いでリード。今日は、熊本で外出自粛になったことから中国大気汚染関連に朝方から味付買いが入り、短期資金を誘導。うまく、相場を作り上げています。まあ、ファンダメンタルより、目先のおいしい材料の飛びつき買い…というところでしょうか。

 このところ、個人投資家の中にも、自慢話が増えてきたようです。以前から、2005年後半型の個人主導型の相場展開になる…としてきましたが、どうやら似たような感じになってきました。当時も、若い女の子が、自信たっぷりに講釈をたれていましたが、05年後半には、ファンダメンタルを離れ、動き出した株が買われるという、値動きそのものを買う展開に変わっていきました。ただ、直近レポートでも解説していますように、しっかりファンダメンタルは生きていましたし、それを背景に、01年以来の抵抗帯を抜けて行けました。今回も、同じ抵抗体が迫っていますが、果たして、すんなり抜かしてくれるかどうか…。今回の相場の第一波では、1万3100円台を想定していますが、その第一関門が近づいてきました。昨晩も書きましたように、3月決算の最終月に入りましたが、第三四半期末と比べると、対ドルの円相場は、6円以上違っています。1円違うと1~2億円も利益が異なる企業が多いのですが、レポートでも取り上げた、米国のシェールオイル・ガス開発に関係するタダノが急伸するなど、水面下では期末の数字の増額修正を織り込む動きも始まっています。まあ、それはそれ、これはこれ…で、是々非々で相場に臨んでいきましょう。配当取り銘柄は今日も続伸していました。
※レポート購読会員を募集しています。関心のある方は、レポート案内をみるか、メールフォームにて、直接、お問い合わせください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK

スポンサーサイト



主要国中銀の緩和そろい踏みによる流動性の強化や、堅調な景気指標を好感し、ニューヨークダウは3日続伸。史上最高値を更新。
 おはようございます。

 ニューヨークダウが、ついに2007年10月9日の高値1万4164ドル53セントを更新してきました。懸念された中国経済が、7.5%の成長目標を維持したことや、不動産株を中心に中国株が戻したことにくわえ、日本に続き、ECB(欧州中央銀行)も追加緩和に踏み切る可能性が出てくる…など、主要国中銀が金融緩和で足並みをそろえることが、流動性の増加から資産価格を押し上げる、との読みが働いたものと思われます。昨日のニューヨーク市場では444銘柄、NASDAQ市場でも254銘柄がそれぞれ年初来高値を更新。ダウ30種のうち10銘柄も高値を更新するという堅調ぶりでした。ただニューヨーク市場の、出来高は前日比1000万株減の7億株弱の商いと静かな高値更新となっていました。
 
 懸念されたイタリアの政局混迷も、安定性には課題を残すものの「五つ星運動」が信任投票を棄権することで、とりあえず政権樹立の見通しがついたようです。7日に開催されるECB理事会で利下げへの期待感があることから、高利回り債を買う動きが強まり、イタリア国債(10年物)の金利は0.13%さげ、4.75%に低下しています。まだ不安定な状況には変わりはありませんが、大手銀行の堅調な業績も支えとなり欧州株は全面高。再び、世界同時株高の様相を呈してきました。米国株については高値を更新したことから、強弱感が対立。弱気派は、ヘッジファンドのレバレッジ比率の上昇や証拠金取引の現金比率の低下などから、相場が下押すリスクが高まっている…とし、強気派は、2007年当時のPERは約17倍、現在は15.8倍で割安感があり、1万5000ドル乗せはあるだろう、としています。

 どちらが正しいのかわかりませんが、これまで景気の足を引っ張ってきた住宅部門が回復してきた米国景気には、まだ伸びしろがあるだけに、今後もEPSの上昇が期待るため、結局、強気派が勝つのではないかと思われます。ただ、前段でも書きましたように、高値更新がつづくものの、出来高の増加が伴わず、投資銀行を中心にしたデレバレッジの動きが続いていることを想像させます。当面は、テクニカルな状況を加味しながら、相場についていくしかないと思いますが…。

 5日の米国市場動向
 ニューヨークダウ 1万4253ドル77セント +125ドル95セント(0.89%)

 NASDAQ総合指数 3224.13ポイント +42.10ポイント(1.32%)

 S&P500 1539.79ポイント +14.59ポイント(0.95%)

 CME日経平均先物(円建て) 1万1830円 +140円

 米国10年物国債金利 1.894% +0.017% 

 ニューヨーク原油 90.82ドル +0.70ドル

 GOLD 1575.20ドル +3.10ドル

 ドルインデックス 82.07 -0.09 


 昨日の米国株は、ECBの利下げ期待や中国株の反発から欧州株が全面高になった流れを受け、続伸してスタートしました。FRB、ECBに続き日銀が異例の緩和に踏み切り方針に転換したことから、世界的な過剰流動性が増す…として、買いが増加。欧州株の上昇からユーロが買われ、ドルが下落。資源株や輸出株が買われたことも指数の押し上げ要因になりました。10時頃、ISM製造業景況指数(2月)が公表され、前月水準、予想をともに大幅に上回ったことがわかると、上値を追う動きが強まり、ニューヨークダウは、2007年10月高値を更新。その後は、一服商状となりましたが、窓埋めを達成した後の動きが注目されていたアップルが上げ幅2%超えに拡大。スマートホン向け半導体大手のクァルコムが増配と自社株買いを発表すると、ハイテク株を中心に上げ、ニューヨークダウは、この日の高値1万4286ドル(前日比159ドル高)をつけています。引けにかけてはやや上げ幅を縮めたものの、結局、主力3指数とも大幅続伸して終わりました。ニューヨーク市場の出来高は、前日比1088万株減の6億8185万株。騰落状況は、値上がり2252、値下がり804。VIX指数は3.8%下げ13.45に低下しています。

 ダウ30種は、値上がり27、値下がり2、変わらず1(アルコア)。ユナイテッドテクノロジーズ、ボーイング、シスコシステムズ、ヒューレッドパッカードの輸出関連が2%超えの上昇。住宅株指数が2%、フィラデルフィア半導体株指数が1.96%、石油周辺サービスが1.35%上昇したほか、重工、生保、コンピュータハードなどの上げが目立ちました。一方、下落は金鉱山、ギャンブル、特殊用品など。
 NYダウは、想定通り、MACDなどテクニカル指標が強気サインを出したことで、買いが増加。ついに「逆ペナント型」の持合い相場を上離れ、高値を更新してきました。セオリー通りなら、ここで一服…となるのですが、世界の市場が相乗効果を及ぼすようになっており、果たして一服するかどうか…。例年通り5月高へ向かう…?

 米国株は大幅続伸。CME日経平均先物は、大証終値を140円上回る1万1830円と、大台を超えて帰ってきました。レンジは、1万1670円~1万1850円。円は、対ドルは93円20銭台、対ユーロは121円70銭台と前日水準で帰ってきました。今日の日本株は、CME高にさや寄せする先物買いにリードされ、高よりスタートになりそうです。このところ、高値圏になると週末のメジャーSQに備えたポジション調整から、寄り後にだれる展開が続いていますが、そろそろ弱気筋の踏みを狙った仕掛け的な動きがあり指数が予想外の動きをすることもありそうです。米国でSOXXが大きな伸びを示したほか、アップルが2.64%と大きく上げてきた動きが日本株の輸出ハイテク株にどのような影響を与えてくるかが見ものです。資産インフレ関連から抜け出した短期資金が次に向かう先になるかもしれません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ