FC2ブログ
大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
02 | 2013/03 | 04
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -



予想を上回る雇用統計結果を受け、ニューヨークダウは、一時、1万4400ドル台を回復して6日続伸
 おはようございます。 日ごとに暖かくなってきました。竜田川沿いを自転車で走っていると、梅は満開。すでに散り始めているものもあります。それに代わって、桜の花芽はパンパンに膨らんできました。開花が待たれますね…。昨晩は、血圧薬の処方箋をもらいに近くの病院に行きましたが、例によって、長時間待たされて書き込みができませんでした。ご容赦!

 さて、ADP全米雇用日報告で、民間雇用増が中小企業から大企業に波及している…としましたが、昨晩発表された雇用統計(2月)で、非農業部門の雇用者数は、予想の16万5000人増を上回る23万6000人増になりました。失業率は、1月の7.9%から、7.7%に改善しています。建設業(特に住宅建設)が4万8000人増になったことなどが貢献しています。内容的にも、週平均労働時間が34.3時間から34.5時間に増加、時間当たり賃金も前月比+0.04%(年率+2.1%)と、改善していました。雇用環境の好転で、FRBの資産買い取り政策の変更が懸念されますが、就業機会の減少から求職活動をあきらめる人も多く、この増加が失業率を押し下げたとの見方もあります。また、労働参加率は63.5%と1981年9月以来の水準に低下。FRBとしても、緩和策を持続せざるを得ない事情もあるようです。見た目ほど、内容は良くなかったみたいですね。

 8日の米国市場動向
 ニューヨークダウ 1万4397ドル07セント +67ドル58セント(0.47%)

 NASDAQ総合指数 3244.37ポイント +12.28ポイント(0.38%)

 S&P500 1551.18ポイント +6.92ポイント(0.45%)

 CME日経平均先物(円建て) 1万2345円 +125円

 米国10年もの国債金利 2.056% +0.065%

 ニューヨーク原油 91.95ドル +0.39ドル

 GOLD 1576.90ドル +1.50ドル

 ドルインデックス 82.73 +0.62


 昨日の米国株は、2月雇用統計で非農業部門の雇用者数が予想を上回るなど、大幅な改善になったことを好感し、買い先行で続伸してスタートしました。景気への期待感を強め、景気敏感株などが買われニューヨークダウは寄り後まもなく、この日の高値1万4413ドル(前日比84ドル高)をつける場面もありました。ただ、週末を控えていることや、雇用状況の改善からFRB緩和策の出口時期が早まるのでは…との警戒感が台頭。一時、上げ幅を縮める場面があったものの、歳出強制削減の影響などを考慮すると、まだ出口政策を検討する時期ではないとし、引けにかけ再び買いが増加。この日の高値水準まで戻しています。結局、主力3指数とも続伸して終わりました。ニューヨーク市場の出来高は、前日比1401万株減の6億8748万株。騰落状況は、値上がり2031、値下がり1003。VIX指数は、3.6%下げ、12.59に低下しています。

 ダウ30種は、値上がり23、値下がり7。住宅建設関連雇用の増加を受けホームデポが1.4%上昇したほか、キャタピラやデュポンなど景気敏感株の上げも目立ちました。一方、ストレステスト結果を受け自己資本比率が他行に比べ見劣りする、としてJPモルガン、バンクオブアメリカが下落。採用銘柄以外では、ゴールドマンザックス、モルガンスタンレーも売られていました。また、結果が良かったほか、12億ドルの自社株買いを発表したシティグループは3%超えの上げ。
 NYダウは6日続伸。上値慕いの動きが続いています。今のところ指数的な過熱感はなく、当面、上値の限界を探る動きが続きそうです。MACDのヒストグラムの低下がやや気になるところか…。

 米国株は、続伸。CME日経平均先物(円建て)は、大証終値を125円上回る1万2345円で帰ってきました。レンジは1万2015円~1万2400円。円は、予想を上回る雇用統計結果を受け、対ドルは95円90銭台(一時、96円台)、対ユーロは124円70銭台に、それぞれ下落しています。週明けの日本株は、米株高、CME高を受け堅調な始まりが予想されます。週末段階の日経平均日足サイコロは9勝3敗、RSIは70%、25日線かい離6.7%と指数系の指標は警戒ゾーンに入るものが出てきました。物色意欲の強さを見る騰落レシオは113%と落ち着いた状態…。
 このところ、好調な業績も手伝いファーストリテーリングの上げが目立ちますが、昨日の相場では、日経平均上昇分の3分の1以上を同社株が占める異常な状態。ファンドなど資金運用を行う機関投資家は、指数の上げ分の運用成果を維持するには、同社株を組み込む必要があるため、同社株の持ち高を増やしているようです。結果、同社株の上げが指数を押し上げ、先物買いを誘発して、さらに、裁定買いから指数(同社株)を押し上げる…というスパイラルな上げが続いています。この構図は、アップルの組み入れがあるかないかで運用成果がことなるとして、争って同社株を購入。NASDAQとS&P500がニューヨークダウを上回る上げをした時とよく似ています。その後、アップルの成長鈍化から、同社株が売られ、指数が大きく下落した例もあります。指数的には、不安定さを増しているような気がします。やはり、ファンダメンタル重視で臨んだ方がいいような気がしますが…。注目株など詳しくは、明日発信のレポートで解説します。
※レポート購読会員を募集しています。関心のある方は、レポート案内をみるか、メールフォームにて、直接、お問い合わせください。 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK

スポンサーサイト





プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ