FC2ブログ
大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
02 | 2013/03 | 04
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -



欧米株安にくわえ、キプロスのロシア支援要請失敗を映した円高を嫌気。先物売りに急反落して終了
 本日の日経平均株価は、297円16銭安の1万2338円53銭、TOPIXは19.53ポイント安の1038.57ポイントとともに反落して終了。出来高は、外部環境の不透明感が増し、前日から6億株近く減り、28億7670万株。騰落状況は、値上がり253、値下がり1397。
 今日の終値での、日経平均サイコロは、8勝4敗、RSIは66%、25日線かい離は+3.8%と、指数系は低下。物色の強さを見る騰落レシオは133%と低下しています。

 今日の日本株は、欧州景気やキプロス問題への警戒感から欧米株が下落した流れを受け、売りが先行。反落してスタートしました。CME日経平均先物が、大証終値を125円下回る1万2445円で帰ってきたことから、終値にさや寄せし先物売りが増加。裁定解消りがかさんだこともあり、日経平均は、前日比137円安の1万2498円と大幅安でスタートしました。キプロスへの警戒感からユーロが売られ、対ドルでも円高が進行したことから、輸出関連株が売られたほか、昨日発表された公示地価結果が、株価が織り込んできたものより上昇幅が少なかったことに失望。不動産株が売られたことも指数の押し下げに寄与しました。売り一巡後は、押し目買いも入り前場安値圏でのもみあいを続けていましたが、欧州市場が開く2時近くになると、キプロス財務相が、ロシアとの支援交渉に失敗し帰国した…と伝わり、円高が進行。リスク回避の債券買いが強まり、債券先物価格が史上最高値まで上昇。一方、円高を嫌気した先物売りに加え、「債券先物買い・株先物売り」の裁定取引が行われたことから、現物株との裁定解消売りが急増。日経平均は、引けにかけ下落幅を拡大。安値引けして終わっています。週末の手じまい売りも重なり、内需、外需にかかわりなく幅広く売られました。業種別は、33業種のすべてが下落しました。

 キプロス問題は、頼みのロシアからもはっきりした支援の返事をもらえないまま、財務相は帰国。どうやら、ロシアから受けた25億ユーロの返済延期交渉にも失敗したようです。ロシア財務相は、EUとの交渉結果を見てから…とお茶を濁す回答をしています。ECBが現在の銀行支援を、EUとの支援交渉がまとまらない限り25日で打ち切る…としたことから、財務状態が悪い同国2位行「ライキ銀行」の破たん懸念が増加。同国では、法的整理を行い優良資産を健全行に譲渡。不良債権をバッドバンクに移行するようですが、これも財政支出を伴うため国会の議決が必要になります。肝心な、EUが要求する預金者負担の調整は全く進んでおらず、このままでは、銀行だけではなく、国がデフォルトを起こす可能性も出てきました。こんな状態ですから、ポジションを持ったまま、休みにはいるわけにはいかないという投資家も多かったんでしょう。
 
 まあ、日経平均の当面の目標値については、08年9月の長大陰線のよりつき付近…としておきましたが、今週の高値更新であと300円弱のところまで上げていましたから、今日の動きは、想定内。ただ短期的な動きと長期的な動きは別で、来週に入ると、新体制の日銀に対する期待感から、堅調な動きに入ってくるでしょう。キプロス問題は25日までには、何らかの結果がでるでしょうし、この問題が落ち着けば、EU全体で景気のテコ入れから利下げ期待が強まってきます。週明け25日、26日が権利取り最終、27日からは実質示威年度入り相場に入っていきます。債券全盛、株最悪の時期に決まった運用方針に縛られて、株式を売らざるを得なかった国内機関投資家も、新年度入りからは、株式の運用比率上げから、もっと積極的な運用ができるようになります。まあ、決算発表の中身を見てから…なんて、話も出てきそうですが、前向きなところは、結構、先物を使って玉の手当てをしている可能性もあるはずです。まああまり外部環境に振り回されず、ここは、腰を落ち着けて今期決算の増額修正期待のある株や、来期の変化率が大きくなりそうなものをじっくり仕込んでいくところでしょう。詳しくは、日曜日発信のレポートで考えてみます。今週はタケエイ、ツクイ、ローランドDG,岩谷産業、ジャックスなどが大活躍でしたね。
※レポート購読会員を募集しています。関心のある方は、レポート案内をみるか、メールフォームにて、直接、お問い合わせください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK

スポンサーサイト



キプロス問題に加え欧州の景況感の悪化が増幅。企業業績の悪化も手伝い米国株は反落して終了
 おはようございます。 

 キプロス問題はなかなか前進しませんね。ロシアに支援を要請し、天然ガスの利権や国有銀行の株譲渡など、餌をぶら下げても、首を縦に振りません。それどころか、北方領土にオフショア市場を作る計画まで出してきました。ドイツなど正義の味方が跋扈する欧州では、やりにくいと判断したのでしょうか。でも、EUとしては、二股をかけられてはあまりいい気持ちはしませんね。銀行への資金供給を続けているECBは、支援合意がなければ25日に資金供給を打ち切る…と通告。事実上、EUから期限を切られた格好になっています。キプロスでは、10万ユーロまでの預金額を保護することを打ち出すと同時に、キプロスの教会が提供した資金などをもとに「団結基金」を設立。預金課税の軽減を目指すことで政府と議会が合意したようですが、果たして一般国民が課税を受け入れるのかどうか…。昨晩、ユーロ圏財務相の電話会議が開かれ、キプロス問題が話し合われたようですが、今回の問題の根本に、「何故、国民の税金を投入してブラックマネーを救済しなければならないのか…」という、感情的な問題があり、キプロス側の負担なしに救済がしにくいというややこしさがあります。来週まで気をもむ展開になりそうですが、昨日行われたスペイン国債の入札で予定額(30~40億ユーロ)を大幅に上回る45億ユーロの調達に成功するなど、市場はすでにリスクを取る動きを始めており、キプロス問題はマスコミが騒いでいるほどには、投資家はこの問題を警戒していない感じです。

 21日の米国市場動向
 ニューヨークダウ 1万4421ドル49セント -90ドル24セント(0.62%)

 NASDAQ総合指数 3222.60ポイント -31.59ポイント(0.97%)
 
 S&P500 1545.80ポイント -12.91ポイント(0.83%)

 CME日経平均先物(円建て) 1万2445円 -125円

 米国10年国債金利 1.932% -0.005%

 ニューヨーク原油 92.45ドル -1.05ドル

 GOLD 1613.80ドル +7.40ドル

 ドルインデックス 82.83 -0.04 


 昨日の米国株は、欧州景況感の悪化やキプロス問題から欧州市場が下落した流れを受け、売りが先行し、反落してスタートしました。前日発表された国際展開をする企業の受注減少から海外景気への懸念が高まったほか、オラクルの予想を下回る決算から売りがハイテク株まで波及。昼にかけ下落幅を拡大していきました。途中、予想を上回る中古住宅販売件数を好感し下落幅を縮める場面があったものの、欧州への警戒感は解けず、再び売り物が増加。昼過ぎにニューヨークダウはこの日の安値、1万4383ドル(前日比128ドル安)をつけています。引けにかけ、予想を上回るフィラデルフィア連銀製造業景況指数などを手掛かりに押し目買いが入ったものの、全体を押し戻す力はなく、結局、主力3指数とも反落して終わりました。ハイテク株の不振を受け、NASDAQ綜合指数の下落率の大きさが目立ちました。ニューヨーク市場の出来高は
前日比2037万株減の6億5724万株。騰落状況は、値上がり1054、値下がり1988。VIX指数は、10.4%上げ13.79に上昇。
 ダウ30種は、値上がり5、値下がり25。オラクル決算への失望から、シスコシステムズが3.8%下落。10%の増配を発表したにも関わらずヒューレッドパッカードが2.5%それぞれ下落したのが目立ちました。業種別では、金鉱山、貴金属、パイプライン運営などが上昇。一方、タイヤ、ソフトウエア、投資サービス、住宅建設、半導体関連などが下落しています。
 NYダウは反落。小刻みな動きを続けていたことから、昨日の下げで三本新値が陰転。ダマシになる確率が高いものの、目先的に弱気相場入りしています。また、懸念していたMACDもヒストグラムが陰転してきました。依然、高値圏のレンジ内の動きですが、25日線の接近を待ちレンジ相場を続けるのか、いったん下落し、ガス抜きするのか…。目先は弱含みそうです。

 米国株は反落。CME日経平均先物は、大証終値を145円下回る1万2445円で帰ってきました。レンジは1万2405円~1万2610円。円は、欧州景況感の悪化からユーロが売られた流れを受け、対ユーロは122円40銭台、対ドルは94円90銭台と、それぞれ円が上昇して帰ってきました。本日の日本株は、欧米株安や円高を受け弱含む動きになりそうです。CME終値にさや寄せし先物売りが先行。裁定解消売りから、指数は前日上げ分を埋めて始まりそうですが、すでに企業の期末決算対策が一巡していることや、新年度入りを控えた国内機関投資家の押し目買いも予想され、全体的には底堅い動きになりそうです。昨日発表の公示地価結果を受け、含み資産株の見直しがあるほか、予想を上回る採掘量になったメタンハイドレード関連や、南鳥島海域で発見された有望レアメタル鉱床関連など手掛かり材料は多く、個別の材料株物色から指数とはかい離した展開になりそうです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ