FC2ブログ
大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
10 | 2013/11 | 12
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



中国市場、新興国市場の下落、円の下げ渋りを嫌気し、小幅下落して終了…昨日の仕掛け本尊の先物買いは今日も続く
 市場は今晩の講演後の質疑応答でバーナンキ議長が、金融政策についてどう語るか、また明日の上院金融委員会公聴会で、今後の政策についてどのような方針を示すかに関心が集まっています。市場は、堅調な米経済や、この三か月、平均20万人の増加を示してきた非農業部門就業者数の増加、FRB関係者の発言などを受け、年内QE縮小の方向で織り込みにかかっているようです。そのため、米長期金利は2.8%に接近。ドルも上昇に転じたことから、リスク志向は後退。新興国資産からの資金引き揚げが始まったようです。QE縮小懸念が高まれば、再び、新興国からの資金流出が始まるが、今回は、経常収支の赤字国が影響を被る…としてきました。やはり、インドネシア通貨と株価の下落がひどくなり、同国は通貨防衛の観点から、0.25%の利上げを余儀なくされています。利上げは国内経済を圧迫しますから、下手をすると、通貨を売り込むような動きも出てくるかもしれません。たぶん、中国株の動きも似たようなものでしょう。

 QE縮小は短期的には円安要因になりますが、ドル高による新興国経済への懸念が高まれば、安全通貨としての円買いから、円が上昇することも考えられます。今日もインドネシア株は1.8%続落していますが、5月のバーナンキショック後に同じような経験をしており、対応を間違えなければ、それほどひどくはならないのではないでしょうか。むしろ、7-9月期の日米の成長力格差から、ドルが買われ100円大台に成長する場面も出てきそうです。また、12月17日、18日に行われるFOMCは、バーナンキFRB議長のもとで開催される最後の会合になります。会議後に記者会見も予定されていることから、次期総裁につなぐ何らかのコメントを寄せるものと思われます。今のところ、地区連銀総裁の発言では年内QE縮小を臭わしており、根回しをしているような印象を受けます。

 ただ、今晩の質疑応答で、低い物価上昇率や史上最低の労働参加率に言及するようなことがあれば、次回会合でもQEが据え置かれる可能性もあります。正直、どちらに転ぶかわかりません。縮小に踏み切るようなら、今後、QE縮小をしても緩和政策は続いていること、また、利上げをともなう金融引き締めに至るには、相当な期間を要するなどの発言がFRB関係者の口からでてくることになるのでしょう。以前から、政策変更は突然やることはしない…といっており、今後、根回し的な動きが出てくれば要注意でしょう。

 さて、本日の日本株は、海外で円安が進行。CME日経平均先物も国内を上回って帰ってきたものの、昨日決算を発表したゼネコンの決算が期待外れになり、アベノミクス効果も切れてきたとの懸念から売りが先行。日経平均は反落スタートになりました。売り一巡後は予想を上回る決算になったセメントや銀行などが買われ、日経平均は後場近くに、この日の高値1万4599円(前日比11円高)をつける場面もありました。ただ、三全中が終わった中国株が材料出尽くしから売られたほか、突然の利上げにも関わらずインドネシア市場が続落したことなどが嫌気され、円が上昇。先物が売られたことから前引け近くにかけ下落。この日の安値、1万4490円(同98円安)をつけています。中国株が一段安したことから後場寄りに売られましたが、前場安値を下回らなかったことから、先物を買い戻す動きが強まり引けにかけ下落幅を縮めていました。結局、日経平均は前日比21円52銭安の1万4567円16銭、TOPIXは1.22ポイント安の1204.19ポイントと、ともに小幅反落して終わりました。出来高は前日から1億株増え、26億7749万株に増加。騰落状況は、値上がり685、値下がり931。

 今日の終値での日経平均サイコロは、6勝6敗(TOPIXは5勝7敗)で変わらず。RSIは前日から上昇し53%に…。25日線かい離は+1.4%とやや縮小。騰落レシオは119%と警戒ゾーンの120%に肉迫してきました。なかなか買いサインが出ませんでしたが、今日の日経平均日足のMACDがシグナルラインを突破。買いサインを出してきました。短期的に、強調相場が予想されますが、果たして、20年来の抵抗線を突破できるのか…。好材料が出ないとしたら、先物筋の力を借りるということになりますが、昨日、上げの味付をした欧州系証券(CTAの機関店?)が今日も一手買い。二日間で6000枚近い買い超しになりました。ほとんど、空っぽになっていましたから、来月のメジャーSQに向けポジションを作りに来ているのかもしれません。まあ、みんなが強気になったら売り玉をぶつけてくるのかもしれませんが…。

 とにかく、今回の決算発表は、中間期にいくらいい数字を出しても、通期見通しで弱気をだした企業は徹底して売られています。円相場が110円になるなどと円安論が幅を利かせていた時に、それを前提にアナリストが高すぎる予想を出しており、そんな水増しされたような予想に届かなかった、と言って叩き売られるのもいかがなものかと思いますが、コンピュータにインプットされたらおしまい。中身がどうであろうが、自動的に売り注文が出てきます。まあ、正直、早く決算発表が終わってほしいと思いますね。中間期の進捗率リストを創っていますが、まあ、100%を超えた銘柄がごろごろ…。決算のドタバタ劇が終わってしまえば、改めて高進捗率銘柄の中から、成長性を重視して選別買いが始まるんでしょう。次回の四季報では、今度は来年の圧迫材料を見越して、抑え目の数字になり、今度は実績値が上振れることになるんでしょうね。アナリストさんたち、今度は地に足が着いた予想を出してくださいよ…。

 急いで書いたつもりでしたが、また、今日も病院にいけませんでした。血圧の薬がなくなったので、明日は、朝一から出かけることにします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK

スポンサーサイト



QE縮小時期をめぐる不透明感から膠着状態が強まり、高安まちまちで終了
 おはようございます。 ガンガン冷え込んできましたね。紅葉の見ごろについて気象予報士は8度を下回ったら、本格的な紅葉が始まる…とのこと。窓から見える生駒山の彩りも、まだ緑が多いような気がします。来週くらいは、龍田大社まで紅葉狩りに行ってみますか。個人的には竜田川沿いより龍田大社のほうが華やかに思うのですが…。

 さて、米国市場は、一度遠ざかったQE縮小懸念を、再度、織り込みなおしています。堅調な景気とQE縮小の板挟みになって株式市場は方向感を見失った格好です。今晩は、現地時間の午後7時からバーナンキ議長の講演が予定されていますが、講演後には質問の場も設けられているといい、先週の雇用統計結果やFRBの政策に関する質問も出てくるのでしょう。市場も同議長の発言内容に身構えている感じもします。今週に入ってのNYダウの終日値幅は、54ドル、85ドルと狭いレンジの動きになっています。強いのか、弱いのか判断できない状態ですが、米国の運用担当者の動きを見ると、株式を強気しながら、一方で、MMFや現金など流動性の高い資産に資金をプールしており、待機資金は思った以上に多いのかもしれません。FRB関係者のタカ派的な発言で一時的に緩んでも、押し目が入るとすかさず買い物が入ってきます。どうなんでしょうね…。これだけ待機資金が多いときに相場が天井を打ったなんて聞いたことがありませんが…。
昨日あった株式関係者の集まりで、複数の大物ヘッジファンドの御大らが、日本株が魅力的…といっていたようですが、どうせ買うなら、もっとおとなしい買い方をしてね…。
 
 12日の米国市場動向
 ニューヨークダウ 1万5750ドル67セント -32ドル45セント(0.21%)

 NASDAQ綜合指数 3919.92ポイント +0.13ポイント(0.00)

 S&P500 1767.69ポイント -4.20ポイント(0.24%)
 
 CME日経平均先物(円建て) 1万4605円 +55円

 米国10年物国債金利 2.7680% +0.0170%

 ニューヨーク原油 93.04ドル -2.1ドル

 GOLD 1271.20ドル -9.9ドル

 ドルインデックス 81.14 +0.07


 昨日の米国株は、前日まで続伸したことから、利食い売りが先行。小幅反落してスタートしました。今晩引け後にバーナンキFRB議長の講演を控えていることから模様眺め気分が強く、寄り後も小動きに推移していました。アトランタ連銀総裁の「12月FOMCでのQE縮小の検討可能性が高い…」という発言があったことを受け、このところ複数の連銀関係者から12月縮小に関する発言が出ていることに対する警戒感が台頭。長期金利が上昇したことも嫌気され、次第に売り物が増え、昼ごろにかけ下落幅を拡大。昼過ぎに、ニューヨークダウはこの日の安値1万5708ドル(前日比75ドル安)をつけています。ただ、押し目では景気拡大に期待した買いも入り引けにかけ下落幅を縮めています。結局、NYダウとS&P500は反落。NASDAQ総合指数は3日続伸して終わりました。ニューヨーク市場の出来高は、前日比1億1551万株増の6億5296万株。騰落状況は、値上がり1130、値下がり1945.VIX指数は2.3%上げ12.82に上昇。

 ダウ30種は、値上がり13、値下がり17。この日も小動きで、メルク、シスコシステムズ、インテル、ホームデポが各1%超えの上げになる一方、下落ではトラベラーズが1.7%下げただけ。他は上げ下げとも小動きにとどまっていました。業種別は、住宅建設・リフォーム、代替エネルギー、OA機器、空運などが上昇。一方で、石炭、鉱山、金鉱山、非鉄金属、オイル周辺サービスなど素材セクターの下げが目立ちました。
 NYダウは、3日ぶりに反落。レンジ上限での高値波乱の動きが続いています。ただ、9月18日高値、10月30日高値がある1万57800ドル付近を下値とみている節があり、この水準に近づくと押し目買いが入っているようです。NASDAQ総合指数もレンジ上限ライン付近でのもみあいが続いていますが、25日移動平均線が接近してきており、そろそろ方向感が出てきそうな感じになってきました。明確なレンジライン乗せが望まれます。

 米国株は高安まちまち。円の対ドル相場は、年内QE縮小観測を受け一時99円80銭台に入ったものの、シカゴ連銀全米活動指数の低下を受け、ドルが売られ99円60銭台に上昇。結局、99円60銭台での終わりになりました。また、ユーロが買いなおされていることから対ユーロは133円90銭台に軟化。CME日経平均先物は、国内終値を55円上回る1万4605円で帰ってきました。レンジは1万4295円~1万4610円。出来高が前日から倍増しており、日本株高を受け買戻しの動きがあったことを想像させます。本日の日本株は、為替にらみの展開ながら、堅調に推移しそうです。決算発表の一巡で、内容の見直しが始まるとともに、長期海外投資家の主力株への買いも増加してきそうです。1万4800円の壁を抜き、過去の高値を結ぶ上値抵抗線抜けも期待したのですが、これを達成するには、小泉郵政選挙のボロ勝ち以上のインパクトが必要か…。今日は、超党派議員が提出するという、カジノ法案関連銘柄に人気が集まるか…。
※レポート購読会員を募集しています。関心のある方は、レポート案内を見るか、メールフォームにて、直接、お問い合わせください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ