FC2ブログ
大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
10 | 2013/11 | 12
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



米国市場が休場となるなか、欧州市場は景況感の改善を手掛かりに上昇…円の対ユーロ4年半ぶり安値接近で、日本株への好影響を期待
 おはようございます。 古事記の入門書を読み終えました。ギリシャ神話と同じように神々の愛憎や対立が生き生きと描かれていることが良くわかりました。次は、もう少しレベルを上げて読んでみたいと思っています。2か月続けて、出雲大社、伊勢神宮を訪れたものの、末社のいわれやその土地との関係など、なにもわかりませんでしたが、それぞれに意味があることも理解できました。次に訪れた時は、少しは違った見方ができるものと期待しています。それにしても、受験の時に機械的に暗記してきましたが、なんとカタカナの名前の多いこと…と閉口していました。でも、それぞれに意味があることもわかりましたし、有名な「ヤマトタケル」が天皇に即位した可能性があること、奈良に住む者なら耳にしたことのある「大和は国のまほろば……や山ごもれる、やまとしうるわし」という歌が、伊吹山の神との戦いに敗け、傷つき、妻のもとに戻ろうとしているときに、読んだものであることもわかりました。父親に疎まれ、大和政権のために日本中を戦い歩き、最後に死が近づいてきたときに倭への望郷の念にかられて読んだこともわかりました。自らの不勉強に恥じ入るばかりです。暖かくなったら、また、訪れてみたいと思っています。

 昨日の米国市場が「感謝祭」で休場になったことから、くだらないことを書いてしまいました。さて、米国市場は休場だったものの、欧州市場の堅調は続いています。米国と並び、世界の株高をけん引しているドイツ市場は、昨日クセトラDAX指数が0.39%上昇し、9387.37ポイントと史上最高値を更新しています。英国FTSE(6654.47ポイント +0.08%)、フランスCAC40(4302.42ポイント +0.24%)と主要市場はいずれも上昇。刑事訴追を受けたベルルスコーニ氏の議会追放が決まったイタリア株は、欧州主要市場最大の0.95超えの上げになっています。

 為替市場では、ドイツの11月CPI(消費者物価指数)が、前月水準(+1.2%)、予想(+1.3%)をともに上回る+1.6%になったことを嫌気。ECBの追加緩和期待が後退したことからユーロが上昇。欧州為替市場で、ユーロは対円で139円台に上昇。2009年6月の139円26銭に接近してきました。ユーロ高から、対ドルの円相場は102円20銭台に下落。米国市場に入っても円の下落は続き、対ドルは102円30銭台、対ユーロは139円20銭台に下落。ドルインデックスは0.21%下げ80.56に低下しています。市場のリスクオンの動きが強まり、ドルや円を売って、高金利国の債権を買う動きが強まっています。

 また、CME日経平均先物は非公式ながら、1万5700円と国内終値と同水準で取引されていました。レンジは、1万5620円~1万5730円。

 本日の日本株は、米国市場が休場となり手がかり材料は少ないものの、ユーロ上昇をうけた円安の進行が支えとなり堅調な展開が期待されます。昨日に続き、先物主導の展開になりそうですが、TOPIX型銘柄には、大きく値を伸ばすものも増えており、まだ5月高値を更新していないものが注目されてきそうです。輸出不振の建設機械に外需回復の兆しが出ていることや、米国の住宅好調を受け林業機械の需要増が続くなど、追い風も吹いています。また、円安により首都圏のホテルや観光施設の稼働率が上昇。メンテナンス企業の好調が続いています。さらに、ネット販売や通販への参入増加から物流各社は配送センターや物流倉庫の拡充に努めており、自動倉庫や物流合理化関連企業の受注が急増するなど、まだ評価不足になっている地に足が着いたテーマは多くあります。当面は、円安から外需企業が注目されそうですが、まだ、大幅な売り上げ増加につながるほど海外の需要は回復しておらず、いずれ、内需に回帰してくるものと思われます。前段でも書きましたように、円の対ユーロ相場は、2009円6月安値付近での取引に入っており、利食いを警戒する水準に来ています。まあ、先の話ですが、とにかく今日は、週末、月末の売りを消化し、月足が、ここ10数年来の上値抵抗線を上回って終われるかどうかが、全て…。
※レポート購読会員を募集しています。関心のある方はレポート案内を見るかメールフォームにて、直接、お問い合わせください。 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK

スポンサーサイト





プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ