FC2ブログ
大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
11 | 2013/12 | 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



米株高を受け反発するも、FOMC結果待ちのムードが強く、日経平均の終日値幅は74円と膠着状態
 世界の市場は米国FOMC結果に一転集中するようなムードになってきました。米国内では、FRBの広報担当とも言われるウォールストリートジャーナルの記者ヒルゼランス氏が今月初旬、「年内の出口戦略の着手」の可能性を警告。今年5月22日の議会証言で、バーナンキ議長が、唐突に、年内QE縮小着手発言をした時も、それに先立つ9日に同様な趣旨の記事を掲載していました。それだけに市場は今度こそ…と身構え、縮小の開始に備え、月初から持ち高の調整を進める一方、下落リスクに備えるためVIXやベア型のETFを購入するなど、ヘッジの動きをしてきました。それが、今回の米国の調整につながっているわけです。ただ、ここにきて、過去、年末に政策変更が行われたことは無く、縮小へのガイダンスを示すにとどまるのではないか…との観測も台頭。縮小派が買戻しを行うなど、こう着した市場の中でも、変化に備える、強気派と弱気派の攻防が続いているようです。

 まあ、市場は警戒感を強めていますが、今回とよく似たような状況が過去にもありました。ITバブル崩壊後の対応としてFRBは、FFレートを引き下げ金融緩和を行ってきましたが、2003年8月に緩和状態を「かなりの期間維持する」としながら、2004年6月にFFレートを0.25%引き上げたのを皮切りに、年末までに5回も利上げを実施、2005年も8回の利上げをしています。でも、大きな調整にはなっていませんね。当時も、日銀が量的緩和を実施しており、この資金が米国の引き締め転換を緩和した…という見方もできます。その後も米国は引き締めを継続しましたが、引き締め下で2007年の証券化バブルの崩壊まで米国株は上昇しています。それに先立つ2006年3月に、ようやく日銀が量的緩和の解除を発表。以後引き締め策に転換。流動性の供給源を失った市場は、住宅市場から崩壊をはじめ、証券化バブルへの崩壊の道をたどりました。日銀の責任も大きいのですが、米国で資金が不足しても、今度は、円キャリートレードで米国に資金が流れる可能性が高く、みんなが心配するようなことにはならない、という見方もできます。

 日銀は当時を上回り規模の緩和を続けていますから、やがて、円が世界の流動性の支えになっていく日も近いのかもしれません。日米の金融引き締めのタイムラグが、米国の引き締め転換のショックを和らげた、ということですが、今回は果たしてどうか…。QE縮小をやるといっても、市場から資金を吸収する引き締めをやるわけではありませんから、緩和基調は続いていきます。そのうち、デフレ懸念を強めるECBも追加緩和に踏み切る可能性もあり、2003年のFRBの引き締め転換当時より、状況はいいのかもしれません。FOMCの結果はどうなるかわかりませんが、2003年以降と同じような金融環境が維持されるとしたら、そんなに弱気になるのもどうか…と思いますが。

 さて、今日の日本株は、昨日の米国株の上げ、円の落ち着きを受け、買いが先行。CME終値にさや寄せし、1万5290円で高よりした後、すぎにこの日の高値1万5322円(前日比170円高)をつけました。ただ、その後は、売り買いが交錯。米国と同様に引けまで、高値圏でのこう着状が続きました。円の反落を受け外需株が買われたものの、上値を買い上がる動きはありませんでした。一方、底割れが回避された安心感から個人資金を中心に好業績株や、材料株を幅広く買う動きがでていました。結局、売り買いとも見送られ、日経平均の終日値幅は74円幅と、狭いレンジの動きになってしまいました。日経平均は、125円72銭高の1万5278円63銭、TOPIXは9.36ポイント高の1232.31ポイントと、ともに反発して終了。出来高は20億株割れの19億3159万株、売買代金も2兆円を大幅に割り込む、1兆7990億円に急減。見送り気分が強まってきました。騰落状況は、個人の押し目買いが幅広く入り値上がり1277、値下がり393。

 今日の引け値での日経平均サイコロは5勝7敗(TOPIX6勝6敗)に上昇。RSIも46%と前日から上昇。25日線かい離は-0.5%と接近。騰落レシオは93%と前日から低下。引き続き、整理基調の動きです。まあ、長期投資の資金は、仕込みを終えて、もう年内の仕事は終わった感じです。結局、目先でドタバタしている先物筋などが、FOMCの結果を気にして、「どうしょう、どうしうよう」と戸惑っているかんじでしょうか。米国でVIX指数を買ってヘッジしているように、日本でも、HV指数の先物を買って下げ相場に備える動きもでているようです。まあ、ここは、目先で物事を考えるより、視点を先において投資スタンスを考えるところでしょう。

 レポートでは業績面の変化率や上方修正期待を基準に注目株を選定していますが、阪和興業やパナソニック、ダイヘンなどが順調に値を切り上げているほか、経常利益が会社側とアナリストが食い違うとして12月8日号で注目した日工が今日600円超えを達成してきました。一見、乱雑に動いているようでも、ちゃんと、新しい四季報で予想が修正され他ものが動いていますね。以前の四季報で来期減益予想だったローランドDGは、来期増益に修正されています。株価も戻り高値圏で張り付いた動きをして修正を織り込んでいますね。ここは、なにも短期筋に付き合う必要はありませんから、不人気のうちに裏付けのあるものを仕込んで出番を待っているのがベストでしょう。
※レポート購読会員を募集しています。関心のある方はレポート案内を見るか、メールフォームにて、直接、お問い合わせください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK

スポンサーサイト



中国や欧州、米国の強い製造業指標を好感した買いや、FOMCを前にしたポジション調整の買いから、大幅続伸して終了
 おはようございます。
 安倍さん、中国から見たら、韓国の大統領と重なって見えてきたんではないでしょうか。12月26日の毛沢東生誕120周年記念式典を控え、保守派の高揚感が高まっているおりから、習政権としても周辺諸国への強気の姿勢を強めざるを得ない事情があるようです。一方、安倍政権は、中國周辺諸国への借款を通じ、反中国包囲網を強めようと、関係を強化して回っています。最近は海外から「スピッツ」という、ありがたくないニックネームも頂戴しているといいます。キャンキャン吠えてうるさいということでしょうか。一方の中国は、政治的な妥協はできないものの、日本からの経済使節団を厚遇し、政権に秋波を寄せています。まあ、やり方がえげつないですから、感情的になるのもわかりますが、中國だって日本の変化が気になっているはず…。吠えてばかりでは、世界の政治家からの信頼を失うのは韓国大統領で証明済み…。子供からじゃれつかれ、のしかかられても知らん顔をしていながら、ことある時は、雄々しく立ち向かっていく土佐犬のようになった方がいいと思いますが…。何をされようが知らんふりで、ひたすら国力増強に取り組んでいく…中国にとって、おこらせたら何をされるかわからない、という恐怖が最大の抑止力になると思うにですが…。やはりスピッツはいけませんね。昨日の米国株も、FOMC、週末の先物などの決算を控え、偏ったポジションの調整が行われたようで、日本とは逆の構図…。最近、安倍政権の「軽さ」が目立ってきた感じがしましたので、思うところを書いてみました。

 16日の米国市場動向
 ニューヨークダウ 1万5884ドル57セント +129ドル21セント(0.82%)

 NASDAQ総合指数 4029.52ポイント +28.54ポイント(0.71%)
 
 S&P500 1786.84ポイント +11.22ポイント(0.63%)

 CME日経平均先物(円建て) 1万5340円 +120円

 米国10年物国債金利 2.8770% +0.009%

 ニューヨーク原油 97.48ドル +0.88ドル

 GOLD 1244.40ドル +9.8ドル

 ドルインデックス 80.08 -0.10 


 昨日の米国株は、欧州経済の回復や輸出や新規受注の増加から底堅い景況感を見せた中国への期待感から、続伸して始まりました。寄り後に発表された鉱工業生産指数が予想、前月水準を大幅に上回ったことから、国内景気の強さを見直そうとの動きも強まり、弱気のポジションを買い戻す動きが増加。寄り後まもなく、ニューヨークダウはこの日の高値1万5930ドル(前週末比175ドル高)をつけています。高値を付けた後は、強気と弱気が交錯し高値圏でこう着した動きになりました。ただ、前月から好転したNY州製造業景況指数、大型のM&Aなど強気材料が支えとなり、売りを吸収。引けにかけ狭いレンジの動きが続きました。結局、ニューヨークダウとNASDAQ総合指数は続伸。S&P500指数は反発して終わりました。ニューヨーク市場の出来高は、前週末比4213万株増の6億7932万株。騰落状況は値上がり2084、値下がり1038。株高にも関わらず、VIX指数は1.7%上げ16.03に上昇。FOMCに備えリスクをヘッジする動きも出ています。

 ダウ30種は、値上がり26、値下がり3、変わらず1(ファイザー)。GS証券の投資判断上げがあったエクソンが2%上昇したほか、シスコシステムズが2.1%、IBMが2.9%上げたのが目立ちました。値上がり銘柄うち10銘柄が1%超えの上げとなり指数の上げに寄与。業種別は、貴金属、コンピュータサービス、家電、海運、自動車などが上昇。携帯電話、代替エネルギー、非耐久消費財などが下落。
 NYダウは続伸。下回っていた6か月間にわたるレンジ上限ライン上に復帰してきました。この日は、高値圏でこう着した動きになりましたが、下落に転じた25日線が上値抵抗線として意識されていたようです。金利、株価が上昇しているにも関わらずドルインデックスが低下していることからみて、米国でも偏ったポジションンの調整が行われているようです。当面、回復したレンジ上限ラインを下値支持線として固めることができるかが焦点に…。

 米国株は続伸。円は、ポジション調整のドル売りから一時は上昇したものの、金利上昇を受け、ドルがやや買い戻されたことから103円台を回復。対ユーロは141円70銭台と横ばいの動き。CME日経平均先物は、米株高を受け、国内終値比120円高の1万5340円で帰ってきました。レンジは1万5155円~1万5460円。本日の日本株は、前日売られ過ぎた分を取り戻す動きから堅調な始まりになりそうです。主力投資家の動きが年末接近から鈍っていることから、先物に振られやすい展開になりそうですが、昨日の手口を見る限り、特別に売り崩そうというような動きはなく、当面、指数的には小動きになっていく野かもしれません。イベントの結果待ちから主力株の動きが鈍るなか、新湖市場や中小型株への仕掛け的な商いが続きそうです。引き続き、アナリストの業績見通しが上方修正されたものの押し目買い…。上げの勢いが増し始めたバルチック海運指数の関連に注目。
※レポート購読会員を募集しています。関心のある方はレポート案内を見るか、メールフォームにて、直接、お問い合わせください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ