FC2ブログ
大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
01 | 2014/02 | 03
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -



米株高や主力企業の史上最高益予想を好感した買いや底打ち感からの押し目拾いに5日ぶりに反発して終了
 本日の日本株ですが、相変わらず先物筋に振り回される展開が続いています。朝方は、米株高や円の下落を好感して急伸したCME日経平均先物終値(1万4275円)にさや寄せする先物買いが増加。現物との裁定買いも入り、日経平均は前日比205円高の1万4213円と、ほぼCME終値と同水準で始まりました。前日好決算を発表した日立製作所やトヨタの数字を好意的に受け止め買われたことも買い安心感を誘い、寄り後も堅調に推移。寄り後まもなく、この日の高値1万4245円(前日比237円高)をつけています。急落相場に歯止めがかかったことから、最近売られてきた新興市場株や小型株を買いなおす動きも強まり、全面高の展開になり増した。

 ただ、長期金利が0.6%を割り込んで低下すると、「債券先物買い・株先物売り」の商品間裁定の動きが増加。株先物に売りが入ると、裁定解消売りが入り、あっという間に下落。先物が売られると円が買い戻され円高に…。これを嫌気して外需株が上げ幅を縮め、昼過ぎに、日経平均はこの日の安値1万3995円(前日比13円安)と1万4000円の大台を割り込んでいます。後場からは、一転して米系証券が先物買いに回り、裁定買いから指数は急伸。ただ、この日の高値付近では、上値を抑えられ、結局、日経平均は171円91銭高の1万4180円38銭、TOPIXjは23.37ポイント高の1162.64ポイントと、ともに5立会日ぶりに反発して終わりました。出来高は、37億6119万株、売買代金は3兆3306億円と、ともに前日比では急減しました。騰落状況は、値上り1441、値下がり267。

 今日の終値での日経平均サイコロは、4勝8敗(TOPIX同じ)、RSIは24%、24日線かい離は-9.3%と、いずれも上昇。騰落レシオも前日の88%から94%に上昇しています。まあ、昨日も書きましたが、テクニカル的には昨日底値に近い数字を示しており、今日は米国株の反発に支えられる格好で買いが入りました。ただ、あくまで「米国株が上がった…」ということで、日本株が自律的に上がったものではないことに注意が必要。今日の動きを見ても、先物売りを誘うような動きがあると、すかさず商品間裁定を組んで、売買され指数が変動してきます。まあ、毎日、毎日先物の話を書いてもしかたがありませんが、今日発表されたプログラム売買に伴う裁定買い残は3兆2040億円残っており、先週あれだけ変動したにも関わらず3171億円しか残が減っていません。

 引き続き、先物筋の意向次第で、どうにでもなる流れが続いています。来週14日がオプション決済にかかるSQですが、これに絡む動きもありますので、まだまだ油断はできません。相手は、一定の条件さえ整えば自動的に高速で先物売買をしてきますから、今日のように短時間に200円くらい変動することはざらに出てくるでしょう。相手がコンピュータですから、条件さえ読めば、ある程度動きは推測できます。レポートでも日経平均予想PERについてレンジがあることを書きましたが、大体、昨年6月のPER14.02倍~上値16.5倍というレンジでインプットしてあるようです。昨年末には、これが16.6倍超えまで上昇。コンピューターにとっては所与の条件をオーバーしていましたから、年初から、自動的に売りに転換したんでしょう。一方、昨日の急落でPERは14.03倍に低下していましたから、今度は、買戻しのプログラムが作動して上がった…ということでしょうか。そんな単純なものではないでしょうが、これ一つを見ても先物やアルゴリズム取引の影響が大きくなりすぎていることがわかります。まあ、ここからの戻りは昨年6月底からの戻りと同じパターンで、たびたび、新興国問題が蒸し返され、小幅に調整。さらに、小幅に戻して、調整するというレンジ的な動きになるのではないでしょうか。

 まあ、とにかく、以前から書いているように、指数が底打ち感さえ強めれば、後は今回のように大崩れさえしなければ、新興市場や小型株でしのいでいくことができます。ただ、結構な調整幅になりましたから、もしかしたら物色対象が代わってくるかもしれないことは頭に入れておくことが大事です。まあ、今年の大化け候補として取り上げた2銘柄は、崩れずに頑張っています。値の低いほうは、下値の壁まで届きませんでしたが、もし、押して壁に近づくようなら、買いで行けると思います。まあ、相変わらず、イブニングセッションでこそこそ動いているようで、いまのところCMEは1万4100円を割りこみ、円も101円10銭台と高めに推移しています。引き続き、今晩のADP全米雇用報告結果を受けた米国株の動き次第…。

 それにしても、運用先に困ったヘッジファンドの連中が、仕掛けがしやすい日本株に集まってきており、そろそろ、何か手を打っておかないと、ファンダメンタルなんか一切無視された鉄火場にもなりかねませんよ。安倍首相が、経済に無関心になった…という印象を海外投資家にもたれはじめたことも懸念材料ですし…。
※レポート購読会員を募集しています。関心のある方は、レポート案内を見るかメールフォームにて、直接、お問い合わせください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK

スポンサーサイト



新興国通貨の落ち着きや、好調な企業決算を受けた押し目拾いの動きから、3日ぶりに反発して終了
 おはようございます。今年の風邪はしつこいですね。まだ、症状が改善しません。そろそろ、血圧の薬の処方箋をもらいにいかないといけませんが、みすみす、インフルエンザの巣窟みたいなところに行くのもなんだし…。

 さて、昨日は、トルコリラなど新興国通貨は反発に転じたようです。米国の景気指標も、昨日は、12月の製造業新規受注が昨年7月来の落ち込み幅になったものの、事前予想を下回ったことや、変動率が大きい輸送用機器を除いたものが前月比でプラスだったことが好感されたようです。また、デフレ懸念が強まっている欧州では、6日に理事会を控えたECBが緩和的な措置を取るのではないか…という思惑も出てきています。大きな材料はなかったものの、新興国通貨の安定が市場の安心感につながったようです。当面、7日に春節休暇が明ける中国本土市場の動きが焦点になってきそうです。

 4日の米国市場動向
 ニューヨークダウ 1万5445ドル24セント +72ドル44セント(0.47%)

 NASDAQ総合指数 4031.52ポイント +34.56ポイント(0.86%)

 S&P500 1755.20ポイント +13.31ポイント(0.76%)

 CME日経平均先物(円建て) 1万4275円 +355円

 米国10年物国債金利 2.6240% +0.0430%

 ニューヨーク原油 97.19ドル +0.76ドル

 GOLD 1251.20ドル -8.70ドル

 ドルインデックス 81.13 +0.06


 昨日の米国株は、ECBの金融緩和期待にくわえ、大幅続落した後を受けた安値拾いの動きが強まり、反発してスタートしました。寄り付きの買い一巡後には、この日発表された製造業新規受注が昨年7月以来の減少幅になったことから、前日のISM製造業景況指数ショックがよみがえリ、売りが先行。ニューヨークダウは、一時、前日引け値を32ドル下回る1万5356ドルとこの日の安値を付ける場面もありました。ただ、新興国通貨が安定していたことや、製造業新規受注の減少幅が予想を下回っていたことも支えとなり、新興国懸念で売られていた金融株や小売り株を中心に押し目を買う動きが強まったほか、主力企業への投資判断の引き上げなどもあり、次第に上げ幅を拡大。昼過ぎにはこの日の高値1万5481ドル(前日比93ドル高)をつけています。その後は、大幅な下落を続ける日本株への懸念などから、引けにかけては神経質な動きとなり、売り買いが交錯。結局、主力3指数とも反発して終わったものの、力強さを欠く展開でした。ニューヨーク市場の出来高は、前日比8399万株減の8億3616万株。騰落状況は、値上り2117、値下がり997。VIX指数は前日から10.9%下げ、19.11に低下。

 ダウ30種は、値上り19、値下がり11。投資判断の引き上げがあったファイザーが2.75%上げ、これに
刺激されたメルクが2.75%と同率の上げになりました。このほか、デュポン、3Mが2%超え上昇。1%超え上げたのは10銘柄でした。一方、新CEOが決まったマイクロソフトは、当初期待感から買われたものの、結局、0.36%下落して終了。ただ、その他の銘柄の下落率は1%以下にとどまっていました。業種別は特殊金融、海運、装飾品、貴金属、パイプライン運営などが上昇。代替エネルギー、出版、水道、公共事業、半導体・同製造装置などが下落しました。
 NYダウは3日ぶりに反発。下値支持線への到達などテクニカルな要因よりも、新興国通貨の反発を好感した側面が大きいようです。チャート的には明確な底入れサインは出ていませんが、前日安値とこの日の安値がほぼ同じで、「毛抜き型」をつけており、短期的には反発する可能性もあります。前日つけた長大陰線を抜け出せるかどうかが、今後の立ち直りのカギを握ってきそうです。

 米国株は反発。円は、米株反発や長期金利の上昇から、101円60銭台に下落。対ユーロも137円30銭台に下落。CME日経平均先物は、国内先物終値を355円上回る1万4275円で帰ってきました。レンジは1万3915円~1万4340円。本日の日本株は、米株高や円安を受け反発スタートになりそうです。CME日経平均先物終値にさや寄せする先物買いや裁定買いで、大幅反発しそうですが、昨日の動きをみても、投機的な動きをする欧州系証券の売り越しが続いているほか、オプションがらみの動きを続ける別の欧州系証券の大幅な先物売りも目立っており、今日も先物筋次第の展開になりそうです。昨日、日立やトヨタが通期見通しを引き上げる決算を発表しましたが、強気すぎる市場コンセンサスを下回っており、今日の市場の反応が注目されます。この動き次第では、先物筋の標的にされるかもしれません。とりあえず、先物高に支えられ上値を試す展開が予想されますが、引き続き、基本は個別重視。決算発表を控えている銘柄で増額修正余地の大きいもの、成長性の高い企業の待ち伏せ買い方針。
 
 海外で日本株の下落が話題になっているようですが、海外からの長期資金よりも、ヘッジファンドなど短期資金が中心となっており、短期の思惑で上下に振れやすくなっています。まず、成長を取り戻すビジョンを明確にし、安定的な海外長期資本を呼び込む努力が必要です。これだけ、変動率が上昇しては、いくら割安感がでても年金などの長期資金は日本株への投資をためらってきます。当局も、真剣に先物の在り方を考える時期に来ているのではないでしょうか。日本市場をばくち場にすることが、グローバル化ではないはずです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ