FC2ブログ
大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
01 | 2014/02 | 03
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -



G20での成長促進合意や欧米株の好調を受けた先物買いにリードされ、日経平均は1万5000円大台を回復して終了
 デリバティブを行っている投資家の姿勢が分かれてきたようです。以前、株価がまだ高い折からオプション市場で1万3500円のプットを買い、売り仕掛けで成功した投資家がいましたが、どこかはわかりませんが、今度は1万5000円のコールを大量に売っている投資家がいるようです。まあ、中国の理財商品問題や米国の景況感の悪化から、1万5000円以上は無理だろうと思ったところが、仕掛けてきたんでしょう。ところが、あっさりと、1万5000円をつけてしまいました。直近レポートでは、自然体では1万4800円付近の壁は抜けないが、裁定業者が動けば…としました。昨日あたりから、裁定買い残を積み上げるため、先物を買う動きが強まりましたが、これに対し、中國株の下落を理由に、先物筋が売り向かう…という動きになり、攻めぎあいが続きました。

 今日も同じように裁定業者による先物買いが先行し、日経平均はいきなり1万5000円のい大台に乗せてスタート。これに対し、前段で書いたオプションコールの売り手とみられるところから、先物の防戦売りがでて、上げ幅を縮めていました。しかし、指数寄与度が大きいソフトバンクにLINE買収の話が持ち上がり急伸すると、ユニクロやファナックなど指数寄与度の高い銘柄のバスケット買いが入り、現物を押し上げ、この上げをみて先物買いが入り、裁定買いからさらに指数を押し上げるという好循環になり、後場寄り後に、この日の高値1万5094円をつけています。中国株が、不動産バブル崩壊懸念から売られたものの、この日は裁定業者の買い仕掛けには勝てず、先物でヘッジ買いに出たこともあり、後場からも高値圏で膠着。結局、日経平均は213円92銭高の1万5051円、TOPIXは14.59ポイント高の1233.66ポイントと、ともに反発して終わりました。出来高は、20億4166万株、売買代金は1兆9845万株と、ともに前日から減少。指数は上昇したものの、新規資金が入ってきていないことをうかがわせます。

 今日の終値での日経平均サイコロは、7勝5敗(TOPIX同じ)と前日から上昇。RSIは、前日の53%から67%に急伸し、一気に警戒ゾーンの80%に近づいてきました。25日線かい離は+1.4%と25日線上に復帰。騰落レシオも前日の86%から89%に上昇しています。先日、日経平均日足MACDが買いサインを出した…としましたが、その後、上げが続きました。ただ、市場をリードしているのは先物筋や裁定業者、デイトレなど短期資金ばかりで、相場が上むけば一気に強気になって、出遅れ株を買いあさる…。下落すれば、慌てふためいて投げる…という腰の定まらない相場で、今日のような強気相場になると、新規資金がないから、これまで強かった銘柄を売って、日計り投資に充てる…という状態です。

 ただ、今日の上げで、やっと日経平均とTOPIXの三本新値が陽転し、強気相場入りしてきました。当面の戻りめどである、日経平均日足一目均衡表の「雲」が迫っており、新規資金は入ってきにくいのですが、大発会にいきなり陰転して以来ですから、個人投資家心理にとってはプラスに作用してくるはずです。まだ、日経平均が上げても円相場に大きな変化はありませんでしたから、海外投機筋は弱気のポジションを手仕舞うようなことはしていないはず。まだ、中國やタイ、ベネズエラなど懸念材料を抱える国があり、安全通貨としての円需要は大きいようです。海外の先物市場を使って売り仕掛けをしてくる可能性もあり、まだまだ、油断はできないでしょう。以前は、隔日で上げ下げを繰り返していましたが、明日の動きが注目されるところです。まだ、ボラティリティインデックスが27ポイント台と高く、機関投資家や海外の足の長い資金が動きだすには、まだ間があるようです。

 まあ、底割れ懸念はかなり薄らいだようですから、新規資金はじょじょに市場に回帰してくるはずです。まず、腰の入った相場になるかどうかは証券株の動きを見ていれば、判断できるはずです。指数ばかり上がって面白くないという人もあるでしょうが、今は、裁定業者のメジャーSQへ向っての裁定買い残の積み上げに頼るしかない…というのが実情でしょう。ただ、指数の動きとは関係なしにテーマ株はしっかりです。今日は人手不足関連のテンプHDが年初来高値、業績見通しがかい離するエムスリーがレポート銘柄から新値を更新していましたね。まあ、米国株さえ上げてくれれば、海外先物筋も売り仕掛けがしにくくなる…が。
※レポート購読会員を募集しています。関心のある方はレポート案内を見るか、メールフォームにて直接お問い合わせください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK

スポンサーサイト



欧州の景況感改善、ウクライナの混乱収束化、G20の景気拡大堅持などを好感。週明けの米国株は反発して終了…目立つNASDAQ市場の強さ
 おはようございます。

 このところ発表される米国景気指標には、昨年来続く寒波の影響が色濃く表れています。今週も中西部に-17度という寒波が襲来する恐れがあるといいますが、これだけ長期間続いてくると、果たして、一時的な要因としてすませられるものかどうか…。ヒーティングオイルや天然ガス相場に投機資金が介入し価格が上昇。家計の負担を増しており、今後、消費に影響が出てこないとも限りません。一時的な事象がトレンド(傾向)に変わらないか、検証していく必要がありそうです。ちなみに、昨日発表された2月のシカゴ連銀全米活動指数は、予想の-0.2に対し、-0.39に低下。判断の分岐点になるゼロを下回りました。また、1月の数字は当初の+0.16から-0.03に下方修正されています。
 

 24日の米国市場動向
 ニューヨークダウ 1万6207ドル14セント +103ドル84セント(0.64%)

 NASDAQ総合指数 4292.97ポイント +29.56ポイント(0.69%)

 S&P500 1847.61ポイント +11.36ポイント(0.62%)

 CME日経平均先物(円建て) 1万4945円 +105円

 米国10年物国債金利 2.75% +0.02%

 ニューヨーク原油 102.82ドル +0.62ドル

 GOLD 1338.00ドル +14.40ドル

 ドルインデックス 80.22 -0.04


 昨日の欧州株は、ドイツのIFO企業景況感指数(2月)が前月水準、予想をともに上回り4か月連続上昇したことや、この日発表されたユーロ圏消費者物価指数改定値が、速報値を上回ったものの、依然、低水準にとどまっていることから
来週開催のECB理事会で利下げがあるのでは…との思惑が台頭。主要市場は全面高になりました。
 この流れを受けた米国株は、地区連銀のさえない景気指標があったものの、欧州株高や、G20で景気拡大への努力を続けることが確認されたことなどを好感。朝方から買い先行で、反発してスタートしました。最近の冴えない景気指標については、「寒波による一時的な要因」との見方が多く、寄り後も好業績株を中心に買われ、昼過ぎに、ニューヨークダウはこの日の高値1万6300ドル(前週末比196ドル高)をつけています。メディケア(高齢者・身障者向け福祉)予算の削減が想定したほど大きくないとの見方で、ヘルスケア関連や医薬品関連が買われたほか、原油価格の上げを受けた石油関連株、金融関連の上げが目立ちました。ただ、大台に乗せたあとは、テクニカルな要因も絡み売り買いが交錯。引けに賭けては次第に上げ幅を縮める展開になりました。結局、主要3指標とも反発して終了。S&P500は一時過去最高値を更新。NASDAQ総合指数もITバブル崩壊後の戻り高値を更新していました。ニューヨーク市場の出来高は、前週末比3441万株増の8億4231万株。騰落状況は、値上り1916、値下がり1201。VIX指数は3%下げ14.23に低下しました。

 ダウ30種は値上がり21、値下がり9。ユナイテッドヘルスが2.96%上昇。ウクライナの混乱が収束に向かっていることを好感し、ゴールドマンザックスが1.2%超え上げるなど、10銘柄が1%超え上昇し、指数の上げをけん引しました。一方、ベライゾンが2.2%さげたほか、ATTも1.0%下げるなど通信関連の冴えない動きが目立ちます。業種別は、ギャンブル、石油周辺サービス、ヘルスケア、消費者サービス、人材派遣などが上昇。鉄鋼、代替エネルギー、固定電話サービスなどが下落。
 NYダウは反発。一時、1万6300ドル台に乗せたものの、この水準が先月13日安値(1万6240ドル)の節値にあたっていたため、テクニカルな売りが増加。上げ幅を縮め、結局、以前から指摘している日足長大陰線の中に押し戻されてしまいました。一方、M&Aや創薬ブームに沸くNASDAQ総合指数は高値を更新しており、主力株の動きの鈍さが目立ってきました。米国株についても経済構造の変化が進み始めているという視点で見ていく必要がありそうです。

 欧米株は上昇。円は、ECBの利下げ観測や冴えない米景気指標を受け、対ドルは102円40銭台、対ユーロは140円70銭台と、強含み横ばい。CME日経平均先物(円建て)は、国内先物終値(1万4840円)を105円上回る1万4945円で帰ってきました。レンジは1万4645円~1万5040円。本日の日本株は、米株高を好感。CME日経平均先物終値にさや寄せする先物買いに反発して始まりそうです。昨日の動きを見ると、直近レポートで予想したような動きがではじめており、注目されます。CMEのレンジ上限は1万5040円をつけ、日経平均日足一目均衡表の「雲」下限(1万5170円)をうかがう動きもありそうですが、中国の金融面の懸念材料を手掛かりに売り仕掛けをする先物筋もあり、今日も、波乱含みの動きになるかもしれません。ただ、昨日も書いたように、底堅い動きには変化はなく、割安感がでている個別化のの選別買いには変化なし。仕掛けに使われる債券先物、指数寄与度の高い銘柄の動きから目が離せません。
※レポート購読会員を募集しています。関心のある方はレポート案内を見るか、メールフォームにて、直接、お問い合わせください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ