FC2ブログ
大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
05 | 2014/06 | 07
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -



主要な景気指標の発表がないなか、景気拡大や緩和的な金融政策運営への期待感から、主力3指数とも高値を更新して終了
 おはようございます。昨日は、 場が終わってから小用で奈良市内まで出かけていました。意外と手間取ってしまい帰りが遅くなり書き込みができませんでした。ご容赦。

 昨日の日本株は、週末の手じまい売りや指数銘柄入れ替えに絡む売りなどから、日経平均は11円74銭安の1万5349円42銭、TOPIXは0.12ポイント安の1268.92ポイントと、ともに4日ぶりに小反落して終わりました。出来高は、29億5091万株、売買代金は2兆5968億円と前日からさらに増加。週はじめから見ると出来高は11億株、売買代金は1兆円を超える増加になっていました。騰落状況は、値上り636、値下がり1040。
 マンション建て替えに関する住民合意の緩和を受け、マンション建設関連や建設、不動産がにぎわったほか、出来高増加を受け証券株が買われるなど、大型株がにぎわい同指数は0.1%上昇。一方、新興市場株は1%を超える下落になるなど、流れの変化をうかがわせる動きが出ています。短期筋にの間では早めに手じまって、来週の流れを見たいという動きも強まったようです。主力株については、売りの買戻しによる踏み上げとの見方もありますが、国内投資家の買い姿勢がたかまったほか、成長戦略への評価から、海外中長期投資家の買い姿勢が強まっているようで、需給面は大きく変化しているようです。来週は、新興市場株と主力株の綱引きの動きから始まるかもしれません。はっきり流れが決まる週になるかも…。とにかく、日経平均、TOPIX、JPX日経インデックス400と主力指標がそろい踏みで3月7日高値を上回ったことは、今週最大のエポック。

 日経平均サイコロは7勝5敗(TOPIX同じ)と前日から低下。RSIは8ポイント低下し66%。25日線かい離は+3.5%とやや縮小。インデックス系は過熱感はありません。一方、物色意欲の強さを見る騰落レシオは8ポイント上げ151%に上昇。ここまでくると、かさ上げ相場の変質を考えないわけにはいきませんね。日経平均の週足サイコロは8勝4敗、RSIは62%と、中期指標はOK状態。

 20日の米国市場動向
 ニューヨークダウ    1万6947ドル08セント   +25ドル62セント(0.15%)
 NASDAQ総合指数   4368.04ポイント      +8.71ポイント(0.20%)
 S&P500          1962.87ポイント      +3.39ポイント(0.17%)
 CME日経平均先物   1万5430円         +50円
 10年物国債金利     2.6240%          +0.002%
 ニューヨーク原油    107.26ドル         +0.83ドル
 GOLD           1316.6ドル         +2.5ドル
 ドルインデックス     80.33            +0.01 


 昨日の米国株は、イラク、ウクライナの緊張はあるものの、FOMCのハト派的な政策への期待から、この日も買いが先行。続伸して始まりました。主要な経済指標の発表がないうえ、先物やオプション決済にかかわるクワドプル・ウイッチング日で大きな動きができないまま、終日狭いレンジでの動きが継続。、結局、主力3指数とも小幅に続伸。NYダウは引け値、ザラバベースで最高値を更新。S&P500も更新。NASDAQ総合指数も戻り高値を更新していました。NY市場の出来高は、前日比10億7109万株増の17億1968万株、騰落状況は、値上り1796、値下がり1341。VIX指数は2.1%上げ10.85に上昇。

 ダウ30種は、値上り19、値下がり11。キャタピラが1.99%とこの日最大の上げ。デュポン(+1.53%)、J&J(+1.41%)、エクソン(+1.17%)など6銘柄が1%超えの上げになり指数を支えました。一方、ディズニーが1.13%下落、トラベラーズが1.06%下落したほか、IBM 0.69%下げが目立ちました。全般に小動きで、NYダウの終日値幅は、58ドルの狭いレンジの動きになりました。業種別は、ビール、石油周辺サービス、バイオテクノロジー、医薬品などが上昇。放送、コンピュータハード、鉄鋼、個人用品、公共事業などが下落。 

 NYダウは6日続伸。景気拡大期待や緩和的なFRBの政策運営を期待し、高値圏での動きが続いています。週足で見るとサイコロは8勝4敗、RSIも過去相場が転換したゾーンからは下に位置しており、中期的な過熱感はありません。引き続き、2009年安値を起点にするレンジ相場内を動いています。再び、小型株やモメンタム株が動き始めており、リスク志向を強めるような動きが出ていることが懸念されます。先物、オプション決済の終了で、本格的な夏休み入りしてきますが、市場参加者の減少で、相場の振幅が大きくなってくるかもしれません。

 米国株は続伸。円は、米金利が強含みに推移し、対ドルは102円台に下落、対ユーロは138円80銭台に小幅下落。CME日経平均先物は、国内先物終値を50円上回る1万5430円で帰ってきました。週明けの日本株は、堅調な始まりになりそうです。円高にも関わらず、海外投資家の買いが継続しており、買い方の主力が、常に為替でヘッジしてくる短期筋から、為替ヘッジを伴わない中長期投資家にシフトしていることが想定され、持続的な買いが続くそうなことが、来週以降の相場を支えそうです。ROE重視など小型株を含め内容重視の流れへ…。次のポイントは、1万5619円。
※レポート購読会員を募集しています。関心のある方は、レポート案内を見るか、メールフォームにて、直接、お問い合わせください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK

スポンサーサイト





プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ