FC2ブログ
大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
01 | 2015/02 | 03
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28



米株高や原油上げ、ギリシャ不安の緩和などから、先行き不安が後退。先物や個別株に買戻しが入り、急反発して終了
 米国株と同様に、日本株も変動率の大きい相場が続いています。 
 昨日の米国株が、原油価格の急伸やギリシャ債務問題の進展観測から急伸した流れを引き継ぎ、買いが先行。昨日、先物売りで下落した分の買戻しや前日のCME日経平均先物終値(1万7570円)にさや寄せする先物買いから、日経平均は、214円高の1万7549円と高寄りスタート。一昨日まで上げていた株を意図的に売りたたいた分の個別株の買戻しなどから、前場中は継続して上げる展開に…。昼休み中に先物に仕掛け的な買いが入り、後場寄りに、日経平均はこの日の高値1万7743円(前日比408円高)をつけています。ただ、日経平均が、昨年来続くレンジ相場の上限に近づくとともに、警戒的な売りが増加。また、先物市場に海外投資家のものとみられる大口の指値売りが出された…との観測もあり、次第に売り物が勝ちとなり引けにかけては上げ幅を縮める展開に…。三菱重工業など主力企業の決算発表があったものの、通期見通しを据え置いて売りたたかれたことも、市場の強気ムードに水を差しました。

 結局、日経平均は、342円89銭高(1.98%)の1万7678円74銭、TOPIXは24.61ポイント高(1.77%)の1417.00ポイントと、ともに急反発して終了。出来高は、前日比3000万株減の27億2707万株、売買代金は同1100億円増の2兆8072億円。騰落状況は、値上り1542、値下がり250。業種別は、保険、その他金融、倉庫・運輸、鉄鋼、銀行など31業種が上昇。紙パルプ、水産農林が下落。自社株買いと償却を発表したSANKYOや第三四半期で通期計画を達成した荒川化学工業など好業績株が上昇。

 今日の終値での日経平均サイコロは、7勝5敗(58%)、TOPIXは6勝6敗(50%)で、ともに変わらず。RSI(相体力指数)は1ポイント上げ62%に上昇、25日線かい離率は+1.9%ン拡大。騰落レシオは9ポイント上げ104%に上昇。テクニカルなモメンタムは上向きを暗示。ただ、債券市場で10年債金利は0.38%に上昇。昨日懸念された地銀の国債含み損懸念は解消されたわけではありません。また、米国株は、原油価格次第の展開ですが、夜間取引市場で原油価格は在庫が予想を上回ったことで、1ドル近く下落しており、今晩の米国株への懸念は残ります。朝も書きましたように、FRBの金融政策をめぐって、市場の見方とのかい離が拡大しており、明確なフォワードガイダンスが示されないと不安定な動きが続くことになります。以前から書いてきたように、昨年来続くレンジ相場の上限を抜けられるかどうかが焦点。ただ、下値については、日経平均一目均衡表の、「雲」上辺が下値のめどになるとしまいsたが、今のr所想定通りの展開。当面は、狭いレンジの動きを形成することになりそうです。

  このところ、第3四半期の業績がどれだけ良くても、通期見通しを据え置いたら、急落する動きが目立っています。今日の、三菱重工も同じパターンでやられましたが、アルゴリズム売買をやっているところが、「据え置いたら売り…」とでもプログラムしているんでしょうか。経常利益の進捗率は82%近くありますし、同社の場合、公共関係の受注比率が高く、期末に売り上げが立ってくることから、通期では増額修正される可能性が高いのですが…。まあ、目先の投資家がバタバタしている、という感じでしょうか。こんなのに付き合う必要はありませんから、来期も増益見通しで、進捗率が80%を超えているようなものは、売りたたかれているところを「ありがとさん」で拾っておけばいいでしょう。

 ブログのタイトルは、「大仏さん」としていますが、大仏さんの格好が相場の神髄を示しているからです。右手を上に、左手は下で手のひらを上向きにしていますが、上がってきたものは右手で叩き、下がってきたところを左手で掬い取るということ…とかってに解釈しました。 まあ、一昨日から進捗率が高くて売られたものは買い…としましたが、今日は、急伸して高値を抜けるものまで出てきました。まあ、短期筋の動きを見て一喜一憂していたら疲れるだけですから、少し先の方をみて投資すれば、違う視界が開けるはずです。今、必要なのは、一年先にどうなっているか…だけ。
※レポート購読会員を募集しています。関心のある方はレポート案内を見るか、メールフォームにて、直接、お問い合わせください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK

スポンサーサイト



ギリシャ債務問題の前進観測や原油価格の上げを好感。エネルギーや金融関連株リードで大幅続伸して終了
 おはようございます。
 相変らず、変動率の大きい相場が続いています。相場の方向性がつかめないことから、投機筋が上昇、下落の双方で持ち高を増やしており、相場が上下どちらかに振れると、片方がポジションの解消に入るため、相場の振れが大きくなるようです。米国景気指標がまだら模様になり、利上げ時期をめぐり、市場の見方が混乱していることが根っこにあるようです。前回FOMCで、年央の利上げ方針に変わりはないことを示唆したはずですが、市場は、依然、利上げ時期の後ずれを予想。だんだん、かい離が拡大していることを嫌気して長期投資家が模様眺め姿勢を強め、短期筋の動きが表に出てきているようです。そろそろ、FRBも何らかのコメントを出す必要がありそうですね。日本も、昨日の債券市場の波乱の裏には、日銀の追加緩和期待が不透明になったことが、背景にあるようです。債券一辺倒でやっいてきた地銀のポートフォリオは先月来の債券市場の波乱で、大きく傷ついているはず…。穴埋めをなんでするか…日本株は、債券市場の動きにピリピリする動きに入りそうですね。
 
  3日の米国市場動向
 ニューヨークダウ       1万7666ドル40セント       +305ドル36セント(1.76%)
 NASDAQ総合指数      4727.24ポイント          +51.05ポイント(1.09%)
 S&P500             2050.03ポイント          +29.18ポイント(1.44%)
 CME日経平均先物      1万7570円             +240円
 10年物国債金利        1.78%               +0.1070%
 ニューヨーク原油        53.05ドル             +3.48ドル
 GOLD              1260.30ドル             -16.60ドル
 ドルインデックス        93.66                -0.90


 昨日の米国株は、ギリシャ債務問題に進展が見られたことから欧州市場が上昇した流れを引き継ぎ、続伸スタートになりました。ギリシャリスクが後退したことからドルがユーロに対して下落したことや、米国内石油掘削リグ稼働数の減少による需給の改善などを好感し原油価格が50ドル台を回復。これを受けエネルギー株が買われ指数の上げをけん引。FRB関係者が、早期利上げへのリスクを指摘したことも好感され、終日買われる展開に…。途中、製造業新規受注(12月)が5か月連続マイナスになったと発表されましたが、特に悪材料視されず、原油価格が上げ幅を拡大するとともに、買いの勢いが増し上げ幅を拡大。結局、主力3指数ともほほ高値圏で取引を終えました。ニューヨーク市場の出来高は、前日比6896万株増の9億8016万株。騰落状況は、値上り2537、値下がり661。VIX指数は10.8%下げ17.33に低下。

 ダウ30種は、すべてが上昇。原油価格の急伸を受け、シェブロンが3.27%、エクソンが2.98%、それぞれ上昇。資源がらみのキャタピラが3.8%上昇したほか、デュポン2.4%上昇。ギリシャ債務問題の進展を受け、GSが2.7%、JPモルガンが2.25%それぞれ上昇。採用銘柄中、10銘柄が2%超えの上げになり指数をけん引しました。業種別は、非鉄金属、石炭、海運、金属、エネルギー、メディアなどが上昇。空運、金鉱山、公益事業などが下落。

 NYダウは続伸。二日間の上げ幅は500ドルを超え、前週の下落分を、ほぼ、埋めました。下回っていた100日線を回復するとともに、25日線も上回るなど、テクニカル面は一気に改善しています。当面、昨年12月高値を基点に形成している下落バンドを抜け出せるかどうかがカギに…。NASDAQ総合指数は、当面の頭押さえだった下落中の25日線を突破。依然、上げトレンドを維持しています。全般は、外部環境に振り回されボラティリィティの高い状態が続いており、VIX指数の低下など、相場の落ち着きが望まれます。

 米国株は続伸。円は、ギリシャ問題の緩和からドルがユーロに対し売られた流れを受け、対ドルは117円50銭台と強含み横ばい。対ユーロは134円80銭台に下落。CME日経平均先物は、大証終値を240円上回る1万7570円で帰ってきました。レンジは1万7270円~1万7670円。出来高は4万9425枚と前日比5000枚増加。本日の日本株は、欧米株高や為替相場の安定を受け、堅調に推移しそう。ただ、CME日経平均先物終値にさや寄せし高よりした後は、前日価格が急落した債券市場を見ながら神経質な動きで推移しそう。引き続き、業績発表にらみの個別色の強い展開に…。前日、好業績を発表しながら大きく売り込まれた銘柄が多くあり、進捗率の高いものを買ってみるのも面白そう。とりあえず、昨晩書きましたように、想定通り、日経平均日足一目均衡表の「雲」上辺での底固めの動きに移行か…。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ