FC2ブログ
大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
01 | 2015/02 | 03
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28



ギリシャ情勢好転への期待感や円安を好感した買いに加え、出遅れ投資家の玉手当ての動きから、続伸して終了
 歴史的な一週間が終わりました。ノイズが多いなか、それを押しのけ2007年高値を更新したことに、大きな意味があります。すべては、日銀が政策転換を行い、円高が是正されたことに端を発します。これにより、企業が、為替差損や資産評価損を毎期計上するというくびきから解放され、企業の成長に資金を回せるようになったことに意義があります。レポートでは以前からこの点を重視。最近では、資産効果から高額品消費が回復してきたことは、景気の本格上昇の初期の動きとして、強気を続けてきましたが、大きな目標値を予想するには、2007年高値の更新が条件になる…としてきました。1996年のように政策的な失敗がなければ、今週から、順張り相場に転換してきたといえそうです。昨日は、よる興奮してなかなか寝付かれませんでした。

 さて、本日の日経平均は、67円51銭高(0.37%)の1万8332円30銭と3日続伸。TOPIXは、5.40ポイント高(0.36%)の1500.33ポイントと、5日続伸して終わりました。ギリシャ債務問題を討議するユーロ圏財務相会合を今晩に控え、見送り気分も強まり、出来高は2億4700万株減の24億615万株、売買代金は8130億円減の2兆3779億円と、ともに減少。騰落状況は、値上り994、値下がり721。業種別は、紙パルプ、金属、鉱業、建設、機械などを上位に23業種が上昇。海運、空運、石油・石炭、鉄鋼などを上位に10業種が下落。

 今日の終値での日経平均サイコロは8勝4敗(66%)、TOPIXは10勝2敗(81%)にそれぞれ上昇。RSI(相体力指数)は、日経平均66%、TOPIXは80%に上昇。25日線かい離は、日経平均+3.7%、TOPIXは5.36%に拡大。騰落レシオは6ポイント下げ132%に低下。NT倍率は、12.22倍で横ばい。引き続き、TOPIX優位の展開が続いています。銀行株が一服すると、日立やトヨタ、ゼネコン、証券がすかさず上げてくる、という格好で主力株の間で、循環が効いています。引き続き、先物買いがリードしている格好ですが、買い遅れた投資家がとりあえず先物で玉を手当しておき、後で現物に振り替える…という操作をやっているようです。
 このところ買いていますように、NT倍率の低下はは大きな上げ相場のはじまる前に見られる現象。今後、買い遅れた投資家を巻き込んで、大きな相場に発展して行くのかもしれません。詳しくは、日曜日発信のレポートで、注目株を含め解説します。山一電機、OSG、M3、ダイフクなど堅調を持続。今日も家内が不在。これから炊事にかからねばなりません。それでは、この辺で…。
※レポート購読会員を募集しています。関心のある方はレポート案内をみるか、メールフォームにて、直接、お問い合わせください。 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK

スポンサーサイト



在庫増を嫌気した原油安や、構成銘柄の悪材料からNYダウは続落も、主役交代のNASDAQ市場は7日続伸して終了
 おはようございます。 昨晩は、家内が急に帰省することになり、炊事当番が回ってきて、書き込みができませんでした。

 海外情勢は、想定通りギリシャが6か月の支援延長申請を出したものの、ドイツやフィンランドなどの北欧の国は、「16日の合意内容と異なる」として支援に難色を示しています。昨日行われたツイプラス・ギリシャ首相とメルケル首相の会談でどこまで妥協策が詰められか…。今晩開催されるユーロ圏会合で、どのような結論が出されるか、まあ、結果は見えているのですけどね…。

 昨日の日本株は、今朝の日経朝刊一面で取り上げられたように、日経平均はITバブル崩壊後の15年ぶり水準まで戻してきました。朝方、ギリシャ債務交渉の前進を好感して買われ、一気に2007年2月のザラバ高値1万8300円を更新した後は、高値持ち合いの動きとなり、結局、引け値もわずか3円ですが、同年7月の終値(1万8261円)を上回って終わりました。レポートで、今週は歴史的な大転換を迎える可能性が高いと書きましたが、これで、1989年12月につけた史上最高値3万8915円から下落トレンドからようやく脱したことになります。96年にトレンド転換のチャンスがあったのですが、この時には、「偽りの夜明け」に騙された日銀の金融政策の失敗で、せっかくのチャンスをつぶしています。それから20年…。ようやく長かった低迷から抜け出すことになりました。まあ、まさか96年と同じ失敗を繰り返すことはないと思いますが…。黒田総裁…と頼みますよ。

 昨日の日経平均は、65円62銭高(0.36%)の1万8264円79銭と続伸。TOPIXは12.26ポイント高(0.83%)の1494.93ポイントと、4日続伸。出来高は、7000万株減の26億5354万株、売買代金は8300億円減の2兆5648億円と、ともに減少。やや高値警戒感がでてきたようです。騰落状況は、値上り1351、値下がり420。業種別は、銀行、証券、海運、陸運、その他製品などを上位に29業種が上昇。紙パルプ、空運、非鉄、保険の4業種が下落。

 昨日の終値での日経平均サイコロは、7勝5敗(58%)、TOPIXは9勝3敗(75%)とともに上昇。TOPIXが警戒領域に入ってきました。RSIは、7ポイント上げ66%に上昇。TOPIXは11ポイント上げ79%に上昇。これもTOPIXは警戒ゾーンの80%に接近。25日線かい離は+3.6%と横ばいだったものの、TOPIXは+5.35%に拡大しています。物色意欲が高まったことで、騰落レシオは、12ポイント拡大し136%に上昇。昨年11月25日の145.9%以来の水準に来ています。この日も、TOPIXの上げ(特にTOPIX30型)が目だったことでNT倍率は、12.22倍に低下。昨年10月初めの水準に接近しています。昨日発表の投資主体別売買動向(9日~13日売買分)で、海外投資家のTOPIXラージの買い越し額は、3577億円と、前週の1795億円から倍増。米系証券の買い越し残は今週に入って10万枚を超えてきたのではないか…と推計されます。ポジションが一方的に傾いており、この証券の動きに警戒が必要になってきました。TOPIXのテクニカル指標から見ても、とりあえず、大きな節目を超えたことで、近々、若干の調整安がくる可能性があることを想定しておいた方がよさそうです。

 19日の米国市場動向
 ニューヨークダウ         1万7985ドル77セント      -44ドル08セント(0.24%)
 NASDAQ総合指数        4924.70ポイント         +18.34ポイント(0.37%)
 S&P500               2097.45ポイント         -2.23ポイント(0.11%)
 CME日経平均先物       1万8365円             +105円
 10年物国債金利         2.1130%              +0.0470%
 ニューヨーク原油         51.16ドル              -0.98ドル
 GOLD               1207.6ドル             +7.4ドル
 ドルインデックス          94.43                +0.33                
 

 昨日の米国株は、ギリシャ債務交渉の行方を見たいというムードが強いなか、原油価格が在庫の急増を嫌気して下落。エネルギー株が売られ下落スタートになりました。朝方発表の新規失業保険申請件数が予想を上回る減少になったことも、利上げの予定通りの実施につながるとして、売り買いとも手控えられ、ニューヨークダウは、終日、マイナス圏で推移。ウォルマートが予想を上回る決算を発表したものの、賃金引上げやドル高による今期業績見通しの下方修正を行なったことや、カード大手AMEXが、ニューヨーク連邦地裁から、加盟店への営業手法が独占禁止法に抵触する…と判断されたことを嫌気し下落したことも指数を押し下げました。結局、ニューヨークダウとS&P500は続落。アップルに変わりフェイスブックやアマゾンなどが指数の上げをけん引したNASDAQ総合指数は、7日続伸して終了。ニューヨーク市場の騰落状況は、値上がり1507、値下がり1635(NASDAQは、同1458、同1269)。VIX指数は1.0%下げ15.29に低下。

 ダウ30種は、値上り10、値下がり20。ボーイングが1.7%、IBMが1.0%それぞれ上昇。一方で、冴えない決算予想を発表したウォルマートが3.2%下落。地裁の独占禁止法判断を受けたAMEXが1.7%下落。原油下げを受けたシェブロンが1.9%、エクソンが1.7%、それぞれ下落するなど7銘柄が1%超えの下落となり指数の足を引っ張りました。
 NYダウは続落。1万8000ドルの大台乗せや、ドル高が多国籍企業の業績に与える影響を気にした売りから頭の重い」展開が続いています。原油価格の不安定な動きも、株価の重荷になっており、当面、もたもたした動きが続きそう。想定通りNASDAQ主導の流れへ。

 米株は高安まちまち。円は、FRBの利上げ懸念再燃から金利が上げたことを受け、対ドルは118円90銭台に下落、対ユーロは135円20銭台で横ばい。CME日経平均先物は、円安を好感した動きから、大証先物終値を105円上回る1万8365円で帰ってきました。レンジは、1万8215円~1万8385円。出来高は、3万4240枚と前日から7000枚減少。高値警戒感が強まったのか、今週に入り商いは減少気味。本日の日本株も、前日同様大型株が主導する流れになりそう。中小型を売り大型に乗り換える動きや、相場上げの持続期間が短くなるなどい、やや投機色を強めていることは懸念材料。循環買いにはいっており、休憩に入った銘柄の押し目買いで…。大本命のゼネコンの動きに注目。今日は、週末であるほか、今晩は、ギリシャ支援を決める会合が開催されることもお忘れなく…。
※レポート購読会員を募集しています。関心のある方はレポート案内を見るか、メールフォームにて、直接、お問い合わせください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ