FC2ブログ
大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
01 | 2015/02 | 03
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28



手がかり材料難や高値警戒感から見送り気分が強まるなか、先物主導で小反落して終了
 本日の日経平均は、18円28銭安(0.10%)の1万8585円20銭と6日ぶりに反落。TOPIXは0.66ポイント(0.04%)安の1507.62ポイントと、8立会日ぶりに反落して終わりました。出来高は、前日比1.1億株減の22億1285万株、売買代金は150億円減の2兆4396億円と、ともに減少しています。騰落状況は、値上り888、値下がり825。業種別は、鉱業、紙パルプ、石油・石炭、水産・農林、銀行などを上位に18業種が上昇。空運、陸運、ガラス・土石、ゴム、繊維などを上位に15業種が下落。昨日の値上り上位業種が、今日は値下がり上位に科を出すなど波乗り的な動きが続いています。

 昨日後場、イエレンFRB議長の議会証言を思惑し、タカ派発言が出れば、円安が進んで日経平均が上昇する…として、イベントドリブン型のヘッジファンドが「株先物買い・円売り」の仕掛けをしたようですが、結果は、6月開催のFOMCまでは政策変更は無いということで、今日は朝方から、「先物売り・円買い」と昨日後場のポジションを解消する動きがでて、日経平均は、寄り後に軟化。前日比でマイナス圏に沈む場面もありました。ただ、実質3月相場入りしたことから、銀行や自動車など主力株の押し目を拾う動きが強まり、前引けにかけプラス圏に浮上。後場からは、積極的な売り買いが手控えられるなか、債券市場が堅調に推移したことから株先物を売る動きが入り、再び下落幅を拡大。引け近くにはこの日の安値1万8552円(前日比51円安)をつけています。結局、TOPIX、日経平均とも下落分を埋めきれず、ともに下落して終わりました。全般に小動きで、日経平均の終日値幅は96円と狭いレンジの動きになりました。

 今日の終値での日経平均サイコロは、8勝4敗(66%)と警戒ゾーン(75%)から低下。RSIは4ポイント低下し79%と、わずかに警戒ゾーン(80%超え)を下回りました。25日線かい離は+4.2%とやや縮小。TOPIXは、10勝2敗(81%)と前日から低下したものの、警戒ゾーンを上回ったまま。RSIは、前日から2ポイント低下したものの、93%と依然、警戒ゾーンのまま。25日線かい離は+4.74%と前日からやや縮小したものの、まだ警戒ゾーンの3%は上回ったまま。物色の広がりを見る騰落レシオは前日から9ポイント下げ130%に低下。月曜日の141%をピークに低下気味。モメンタムややや頭打ち感を強めてきました。

 このところ、指数は上げますが商いが伴わないようになってきました。押し目待ちの投資家が多く、海外投機筋などが売り崩すことができなくなったせいか、ボラティリティインデックス(VI指数)が低下。今日は18.97%と昨年10月底に近い水準まで下げてきました。市場の変動率が低下していることで、仕掛けても妙味がないということで、短期筋の動きが鈍っていることが、相場全般の小動きにつながっているようです。もっとも、ここから4か月間は、FRBが利上げをする懸念はないし、4か月支援が延長されたことでギリシャ問題も、ペンディングになる、ということで、当面は、リスクオンから、もっと、あらっポイ動きをする新興市場株や欧州株に行った方がいいということで、投機筋の日本株への関心が薄らいでいるようです。ただ、VI指数の低下は、中長期資金を扱う投資家の買いを促してきます。最近のじり高の動きは、この辺りを反映した物かもしれません。当面、以前から書いている②ポイント1万8870円付近が次のターニングポイントになりそう。

 今日発表された、最低取引の買い残高(16日~20日売買分)は1417億円増加し、3兆334億円と、昨年末以来の3兆円大台にのせてきました。3月のメジャーSQへ向け裁定買い残を積み上げる動きが入りそうとしてきましたが、今週、来週でどこまで残が積みあがってくるか…。その水準によっては、3月決算で、いろんな投資家が動けない時期を狙って仕掛けが入ってくるかもしれません。次は、3月6日の「啓蟄」に満月が重なってきますが…。明日は日経平均日足一目均衡表の変化点である「雲のねじれ」もあります。個別銘柄は、エスカレーター相場が続いています。まあ、2~3階は乗り換えないと思ったような利益は取れないかも…。今日は、三益半導体、日本水産、大林組、サックスバーホールディングス、山一電機が高値を更新。
※レポート購読会員を募集しています。関心のある方はレポート案内を見るか、メールフォームにて、直接、お問い合わせください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK

スポンサーサイト



当面の懸念イベントの通過や主力企業の好決算などを受け買い安心感が広がり、反発して終了…NASDAQ市場は10連騰も、上げの主役に交替の兆し
 おはようございます。
 当面の懸念材料だったギリシャ債務削減策は、さらに対策を強化するという条件付きで、ユーロ圏財務相会合の承認を得ました。また、イエレンFRB議長の議会証言も、政策変更時には、まずフォワードガイダンスを変え事前告知を十分にしたうえで行う…とし、突然変更することはないと証言。少なくとも、3月と4月に開催される2回のFOMCで利上げが実施されることはない、として市場の安心感を誘いました。3月中旬開催のFOMCでの「忍耐強く…」という表現が維持されるかどうかが焦点に…。物価見通しについては、原油価格の下落を一時的な要因とみて、消費者のインフレ期待が落ちていないことから、今後出てくる景気指標によっては、6月FOMCでの利上げの可能性は残った、といえそうです。

 24日の米国市場動向
 ニューヨークダウ       1万8209ドル19セント      +92ドル35セント(0.51%)
 NASDAQ総合指数      4968.12ポイント         +7.15ポイント(0.14%)
 S&P500             2115.48ポイント         +5.82ポイント(0.28%)
 CME日経平均先物      1万8660円            +40円
 10年物国債金利       1.9880%              -0.0710%
 ニューヨーク原油       49.28ドル             -0.17ドル
 GOLD              1197.30ドル           -3.5ドル
 ドルインデックス        94.47               -0.09
 

 昨日の米国株は、ギリシャ債務削減への取り組み案が承認されたことへの安心感から買いが先行。リビアの輸出減少思惑から、原油価格が強含んだこともエネルギー株を支え、ニューヨークダウは反発スタートになりました。寄り後は、イエレンFRB議長の議会証言を横目で見ながら神経質な動きになりましたが、内容が総じてハト派的なものだった事から次第に買いが有力となり上げ幅を拡大。途中、原油在庫の増加懸念を受けエネルギー株が下落し、上げ幅を縮める場面があったものの、ホームセンター大手ホームデポが予想を上回る決算を発表。同時に自社株買い(180億ドル規模)と増配を行なうとしたことから、大幅高。これに引っ張られる格好で、引けにかけ全体も上げ幅を拡大。引け近くには、この日の高値1万8231ドル(115ドル高)と最高値を更新。引け値でも史上最高値を更新して終わりました。NASDAQ市場は、10連騰。ニューヨーク市場の騰落状況は、値上り1957、値下がり1214。VIX指数は6%下げ13.69に低下。

 ダウ30種は、値上り22、値下がり7、変わらず1(シスコシステムズ)。好業績と自社株買いのホームデポが約4%上昇、キャタピラが1.21%、インテルが1.93%、JPモルガンが2.48%、それぞれ上昇。6銘柄が1%超えの上げとなり指数を支えました。業種別は、石炭、非鉄、住宅リフォーム、住宅建設、金属、半導体・同製造装置などが上昇。ギャンブル、住宅リート、紙パルプ、家電、不動産などが下落。

 NYダウは反発。ザラバ、引け値とも最高値を更新しています。日足サイコロは6勝6敗(50%)と過熱感はありません。原油価格の下げが、相場の過熱を抑制している格好。ニューヨーク市場の52週来高値更新銘柄数は198と過去の相場加熱時に比べると少なく、当面、静かな上げが続きそうです。また、NASDAQ総合指数は10連騰。こちらも52週来高値更新数は157と過熱感はないようです。これまで、相場をリードしてきたアップルがテクニカルポイントに近づき、売られたものの、資金は、フェイスブックなど他の成長株に乗り換えて、銘柄間の循環も効いています。ITバブル時の高値更新に向け、時代に変化を象徴する銘柄群の上げ攻勢が続きそうです。

 米国株は上昇。円は、ギリシャ問題が先延ばしされたことから、ユーロがドルに対し上昇。円は、対ドルで118円90銭台に小幅下落。対ユーロは134円90銭台に小幅下落。CME日経平均先物は、大証先物終値を40円上回る1万8660円と強含んで帰ってきました。レンジは1万8435円~1万8700円。出来高は4万5470円と前日から2万枚近い増加。昨日も予想したように、海外先物筋の動きが活発になってきたことを思わせます。本日の日本株は、引き続き堅調な展開が予想されます。昨日後場の「日経平均先物買い・円売り」の動きは、イエレン議長の議会証言を思惑したイベントドリブン型ヘッジファンドの仕掛けの可能性があり、今日の解消売りの動きが懸念されます。再び、TOPIX型相場に戻るかどうかが焦点。今後予想される入着原油の価格下落メリットを受けてくる業界とオリンピックへ向けて動きが始まる広告業界、機ぅ夕施設撤去など関連需要にも注目。資金運用難の銀行向け各種リート組成を行う企業…。
※レポート購読会員を募集中です。関心のある方はレポート案内を見るか、メールフォームにて、直接、お問い合わせください。 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ